ワキガクリームの殺菌効果について

知っておきたいポイント
KNOW
ワキガクリーム購入前に知っておきたいポイント

知識

ワキガクリームの殺菌効果

スプレー

ワキガクリームを購入する前にデオドラント先生が提言したいのは、その商品がどういった効果に長けているのかをチェックするようにしましょうということ。その上で欠かせないのが『殺菌効果』です。殺菌効果とひとえに言っても、配合されている成分や殺菌力の強さは、商品によって異なります。今回は、ワキガクリームが持つ殺菌効果と、ワキガの原因となる菌についてお話していきます。

ワキガの正体はコリネバクテリウム菌?

みなさんは、ワキガがなぜ嫌なニオイを発するのかご存知ですか? 理由としてさまざまありますが、その1つに『コリネバクテリウム菌』と呼ばれる菌の存在があります。

コリネバクテリウム菌が、アポクリン汗腺から分泌された汗に含まれる成分を分解することで、ワキガ特有のきついニオイがするようになります。アポクリン汗腺の汗には、たんぱく質や脂質、ミネラルといった成分がたくさん含まれています。これらの成分が分解されると嫌なニオイに変わるというわけです。

ワキガの人とそうでない人の違い

ワキガの人とそうでない人の違いは、アポクリン汗腺の数もありますが、このコリネバクテリウム菌の存在もあります。そもそもコリネバクテリウム菌というのは、アポクリン汗腺の汗に含まれている特定の脂肪酸がなければ生き続けることができません。つまりワキガじゃない人には、ほとんど存在しない菌と言われています。

このコリネバクテリウム菌に作用する殺菌成分が配合されているかどうか、それがワキガクリームを選ぶ上では大切になるのです。では、どんな成分が配合されていると良いのでしょうか。

殺菌成分イソプロピルメチルフェノール

ワキガ臭を生み出している原因菌が『コリネバクテリウム菌』ということがわかりました。では、このコリネバクテリウム菌を殺菌するためには、どんな成分が有効なのでしょうか。

それは、『イソプロピルメチルフェノール』です。イソプロピルメチルフェノールは、コリネバクテリウム菌に有効な殺菌成分となっています。ですから、ワキガクリームを購入する際は、パッケージなどの配合成分欄を見て、この成分が含まれているかをしっかりと確認しましょう。

ワキガ対策に欠かせない成分

イソプロピルメチルフェノールは、非常に殺菌効果が高く、ワキガ対策には欠かせない成分と言っても過言ではありません。この殺菌成分は、コリネバクテリウム菌にはもちろん、その他表皮ブドウ球菌など汗臭の原因菌も殺菌します。

その殺菌力の高さから、デオドラント商品以外にもさまざまな商品に用いられています。例えば、化粧品や防腐剤といったものです。人に触れるものに使われることが多いので、安全性の高さも伺えます。

ミョウバンも殺菌効果がある

ワキガクリームの中には、殺菌効果のあるいろんな成分を配合しているものがあります。例えば、イソプロピルメチルフェノール以外には、ミョウバンを有効成分として配合しているものもあります。

ミョウバンは、硫酸アルミニウムや塩酸カリウムの硫酸塩の複合体のことです。無色透明をしており、正八面体の結晶体になっています。麺のかんすいや漬物の発色剤など、食品添加物としても使われています。食品添加物と言っていますが、ミョウバンは天然成分なので、私たち人間の身体には無害です。

さらにこのミョウバンには、消臭効果に加えて殺菌効果や収れん効果もあるとか。そのため、ただニオイを消すだけではなく、美肌効果なども期待できる成分なのです。

ワキガクリームの殺菌成分を見逃すな

ワキガクリームを購入する際は、必ず配合されている殺菌成分をチェックするようにしましょう。いろんなワキガクリームが販売されていますから、中には有効成分が配合されていないものもあるかもしれません。

ワキガクリーム購入前に、イソプロピルメチルフェノールやミョウバンなどが、含有成分欄に記載されているか確認するようにしましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング