これで安心!臭い足の原因と予防を解明し快適な生活を取り戻すために

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

これで安心!臭い足の原因と予防を解明し快適な生活を取り戻すために

5人の女性の脚元

足が臭うということは周りの人に多大な迷惑をかけていることにつながります。誰でも一度ぐらい、ランチや宴会で会場がお座敷だった時、どこからか臭い足の臭いが漂ってきたという経験があるのではないでしょうか。自分はシロだとわかっていても、ついついもしかしたらと気になってしまうのは当然のことです。「さあ、これからみんなで楽しくランチを食べよう」と靴を脱いで座敷に上がったその瞬間に漂うあの臭いは一瞬で楽しい気分を奪うのには十分です。そこにいるメンバーが例えば6人だったら、自分以外の5人のうちの誰かがその悪臭の元となっているわけです。どうしてお座敷形式のレストランを選んでしまったのだろうという取り返しのつかない後悔と、したくはないけれどついやってしまう無言の犯人捜し、そしてたとえ犯人がわかったとしても、面と向かって「あなたの足は臭い。」と言える人は稀ではないでしょうか。従ってその場は無言でやり過ごすことになる場合がほとんどですが、もしかしたらシロであるはずの自分が疑われているかもしれません。何とも言えない嫌な気分でランチはお開きになり、レストランを出た瞬間に大きく深呼吸をしてホッとする、などということもあります。そして家に帰ったら大急ぎで自分の足の臭いをチェックすることになります。もしかしたらあの臭いの発生源は自分だったかも?と心配になるのは当然のことです。臭いというのは自分では気がつきにくいものなのですから。

足が臭くなる原因はこれだ!

ではあのような強烈な臭いの原因は何なのでしょう。足の臭いの原因は雑菌の繁殖にあります。繁殖した雑菌と皮脂や角質が汗と一緒に流れ出して混ざり、分解されることによって独特なあの臭いを発生させるのです。では、その雑菌はどこからやってくるのでしょうか。まずは靴が原因である場合があります。朝から晩まで通気性の悪い靴を履きっぱなしで靴の中が蒸れている状態であったり、毎日同じ靴ばかり履き続けているために雑菌が繁殖し続けているということが考えられます。また、サイズに合わない靴をはくことも蒸れの原因となります。それから靴下が臭いの原因になるという場合もあります。ストッキングのように通気性が悪い素材のものを長時間はいていると、足が蒸れて臭いの原因になります。ですから濡れた足のままソックスをはくことも厳禁です。雑菌は湿った場所が大好きなので、どんどん繁殖してしまうでしょう。稀に何日も同じソックスをはく人がいますが、これは雑菌に住処を与えているようなものです。そしてもうひとつ、足に原因がある場合もあります。きちんと洗わないで古い皮脂や角質の汚れが落とされていなかったり、スポーツなどで大量に汗をかいてそのままにしておくと雑菌の繁殖を手助けしてしまうことになります。最初から臭い足というのは存在しません。足の臭いは雑菌の繁殖をどう抑えるかによって改善することができるので、どうやって雑菌を繁殖させないようにするかがポイントになるのです。

まずは外から攻略せよ!

雑菌繁殖を予防するには3つのポイントがあります。靴、靴下、そして足を雑菌繁殖から遠ざけることによって足の臭いを確実に予防することができます。まずは靴です。購入の際には素材に気を配り、通気性の良い素材を選ぶようにしましょう。また、自分のサイズに合ったものを選ぶことで余計な蒸れの発生を予防することができます。そしてスニーカーのような素材のものならば、定期的に丸洗いして日向で完全に乾かすことで殺菌効果が得られます。革靴のように丸洗いも天日に干すこともできない素材の場合は、新聞紙を丸めて靴の中に入れておくことで湿気を吸収することができます。重曹があれば古いストッキングなどにしみ込ませて靴の中に入れておくことも有効な手段です。毎日同じ靴を履かないということも臭い発生の予防法のひとつです。また、できることならオフィスではサンダルなどに履き替えることをおすすめします。靴下を購入するときにも素材選びが足の臭いの予防につながります。綿などの天然素材は通気性が良く、また臭いを外に漏らさない効果が期待できます。靴下は洗濯の際は除菌に強い洗剤で洗い、完全に乾くまでしっかりと乾かしましょう。それから出かける時は替えの靴下を何足か常備し、汗をかいたかなと思ったらマメに取り換えることができれば安心です。それでも心配という場合は、靴を購入の際に消臭効果があるインソールをはじめから靴の中に敷いてしまうという手段もあります。ここまで実行すれば靴や靴下が原因の足の臭いはほとんど予防済みと言っても良いでしょう。

臭わない足のつくり方とお出かけグッズ

しかしいくら外側からの予防が万全でも、足そのものの臭いが原因ならば周囲に迷惑をかける足の臭いの改善はされていないのと同じです。ですから足のケアも忘れてはいけません。足を清潔に保つには当然のことながら頻繁に洗うということが重要です。しかしただ洗えば良いということではなく、いくつかのポイントを意識する必要があります。まず、保湿よりも除菌がメインとなる石鹸を使います。そして指の間も1本ずつ丁寧に洗います。石鹸が残らないようにしっかりと洗い流し、水分が完全になくなるまで乾かします。
足の臭いの予防には、普段から汗が出やすくなる原因となる食材を避けることも肝心です。カレースパイスやトウガラシ、しょうがなどをたくさん摂取すると汗をかきやすくなりますので、靴を脱がなければならない状況に遭遇しそうな場面ではこれらの食材を摂り過ぎないように気をつけることも覚えておくとよいでしょう。身体の内側から予防することも足の臭いの防止になります。
さあこれで足の臭いの予防はできましたが、それでも気になるという人のための秘密のアイテムに「ミョウバン」があります。スーパーで売っているミョウバン50グラムに1.5リットルの水道水を入れ、よくかき混ぜます。この原液をさらに10倍に薄め小さなスプレーボトルに入れて持ち歩き、汗をかいたなと思ったらその都度足にスプレーします。消臭効果があり、すぐにできるので外出先の予防策に使えるでしょう。

足の臭いの原因と予防のまとめ

さて、ここで足の臭いの原因と予防法を纏めてみましょう。
臭いの大元の原因となるものは、「雑菌の繁殖」です。その雑菌が汗と一緒に流れてきた足の裏の皮脂や角質の汚れと混ざり合ってあの独特な「足の臭い」となるのです。
そしてその雑菌を繁殖させる原因となるものとしては主に次の3つが挙げられます。
汗で湿って蒸れた靴
通気性の良くない靴下
きちんとケアができていない足
そしてそれを予防するために実行して欲しいことは
靴はサイズに合ったものを選び、履きっぱなしにしないこと。
定期的に洗ったり、革靴は日陰干しにして湿気を溜めない。
購入時に消臭効果があるインソールを中敷きにする。
消臭剤や重曹を使用するのも足の臭いの予防には効果的。
靴下はなるべく天然素材のものを選ぶこと。
靴下を洗濯する際には除菌効果がある洗剤を使用すること。
足のケアを怠らない。洗う時には指の間もしっかりと除菌石鹸で洗う。
足を洗ったら完全に水気をふき取り、しっかりと乾かす。
気になる場合は外出の際にミョウバンスプレーを持ち歩き、汗をかいたと思ったら足にスプレーする。
普段から汗をかきやすいスパイス系の食材の摂り過ぎに注意する。
足の臭いは自分だけではなく、周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。自分は大丈夫だと思っている人でも、普段から予防するに越したことはありません。どれも簡単にできることばかりですので、まずは自分にできることから始めてみてはいかがでしょうか。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング