服に染みついた臭いをどうにかしたい!お湯で洗濯してみよう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

服に染みついた臭いをどうにかしたい!お湯で洗濯してみよう

洗濯している女の子

綺麗な身だしなみをしている人でも、近づくとふと独特の臭いが鼻につくことってありますよね。人から発する臭いと言えばまず思いつくのは体臭ですが、どう考えてもそこまで強い体臭を発するとは思えないような若い人や女性からも臭いがすることもあります。この場合、実は体臭ではなくその人が来ている服から臭いがしている可能性が高いのです。
しっかり洗濯機にかけて洗っているはずなのに、乾いた洗濯物を着てみると何となく嫌な臭いがしたという経験のある人も多いでしょう。特に梅雨の時期や汗をかきやすい夏場などは、しっかり乾かした服からも雑巾のような独特な臭いがすることがあります。例えその後に何度も洗い直したとしても、鼻に付く臭いはなかなかニオイはなかなか取れず、頭を悩ませることも珍しくありません。このようにしつこい臭いがしてしまう原因は、実は服に付着しているモラクセラ菌という雑菌の排せつ物なのです。この菌は本来私たちの肌や布製品の中にごく一般的に住んでいる菌で、存在していたとしても臭う訳ではありません。しかしこの菌は水に濡れることで水分や付着した皮脂などを摂取し、増殖して大量の排せつ物を出すようになります。これが雑巾のような独特の臭いを発する正体であり、濡らさなくても汗や湿気でジメジメした環境に置いておくだけで大増殖してしまうこともあります。臭いをどうにかしたい場合は、まずモラクセラ菌が繁殖しない環境を作り、服に付いた菌の排せつ物をしっかり落とすことが重要なのです。

服の臭いは普通の洗濯では落ちないことも

洗濯物に染みついた悪臭の原因はモラクセラ菌の出す排せつ物だということを上述しましたが、残念なことにこの菌や排せつ物は単純に洗濯機にかけるだけでは落ちないことがほとんどなのです。言うまでもなく菌は非常に微細な大きさなので、服の繊維の奥深くにしっかりと絡みついており、いくら洗っても簡単には落ちてくれません。しかも乾燥や紫外線にも強いという性質を持っているため、洗い終わって乾かしたとしても菌が死滅することが無いのです。一般的に日光には殺菌作用があると言われていますが、その日光でもモラクセラ菌を死滅させるほどの効力はないため、日当たりの良い場所で完璧に乾かしたとしてもあまり臭いを落とすことはできないのです。
臭いの原因になっているモラクセラ菌を落とすためには、専用の強い除菌効果を持った洗剤を使って根本から退治する他ありません。モラクセラ菌もその排せつ物も私たちの身体に有害なものではありませんが、臭いはもちろん衛生的にも気になります。できれば毎回除菌効果のある洗剤をたっぷり使って洗うようにしたいのですが、このような洗剤は効果が高い代わりに刺激が強いこともあるので注意が必要です。アトピーや敏感肌、赤ちゃんなど肌の弱い人は痒みや肌荒れを起こしてしまう可能性もあるため、毎回使えないこともあります。また、あまりに頑固に染みついてしまった臭いは除菌効果付きの洗剤でも落としきれないこともあるため、違う方法を試してみることも必要です。

臭いを落としたいならお湯を使って洗濯

より効果的に臭いを落とす方法としては、お湯を使って洗濯するという手軽な方法がおすすめです。実は臭いの原因であるモラクセラ菌は熱に弱いという弱点を持っており、お湯にしばらく付けておくだけで簡単に死滅させることができるのです。この方法なら敏感肌の人でも安心して実践できますし、何か道具や洗剤を買ってこなくても良いのでお手軽です。
具体的なやり方としては、まずバケツや洗面器などに一定量の水を入れ、臭いが気になる衣類を浸しておきます。そこに沸騰したお湯を入れるのですが、この際に水と同じ量を入れるように調整しましょう。温度は50度くらいが適温となるので、直接蛇口から出しても構いません。出来れば洗濯物がゆったり浸かるサイズの容器があれば良いのですが、無ければ容器にぎゅうぎゅう詰めになってしまっても構いません。服が全部浸かってさえいれば良いので、容器の大きさに関してはそこまで気にする必要はありません。
お湯に浸けてから30分程度経過したら、全部まとめて洗濯機の中に入れてしまいましょう。そのままいつも通りに洗剤を入れて洗濯を始めれば良いので、ほとんど手間も費用もかかりません。お湯のおかげで皮脂などの汚れも繊維から浮き上がって落ちやすくなり、モラクセラ菌を死滅させるだけでなく排せつ物も落としやすくなるので一石二鳥です。このように臭いの原因へ効果的に作用できるため、お湯を使って洗うのは最適と言えます。

お湯で洗濯する時の注意点

独特の臭いを発してしまうモラクセラ菌を退治するために役立つお湯ですが、洗濯に利用する場合はいくつか注意しておくべきポイントもあります。
まずは、熱いお湯を使うことになるため火傷に気を付けるということです。だいたい50度ほどの温度が適しているので利用する人が多いのですが、私たちが普通に触るとかなり熱く感じるので注意が必要です。うっかり触ると火傷してしまう危険性もあるので、念のため服を浸ける際にはゴム手袋などを使って直接肌に触れないように対策しておきましょう。冬は30分浸けている間に温度が下がってしまうので、途中で足し湯をしたり最初から熱めの温度にしておくようにしましょう。
次に、長い時間熱いお湯に漬け込むことになるため、デリケートな素材でできた服かどうか事前にチェックしておいた方が安心です。ウールなどは30度以上の温度になると縮みやすくなってしまいますし、シルクなども温度が高いと生地が傷んでしまいます。せっかく臭いが消えても洋服がボロボロになってしまっては元も子もないので、表示などを確認して熱い温度で浸けおきしても問題ないか注意しておきましょう。また、使用されている染料によっては色移りしてしまうこともあるので、できるだけ色合いの同じものをまとめて浸けることも大切です。
単純に温度の高い状態で浸けておけば良いという訳ではないので、臭いを落としつつ服や自分の身を守るために注意点には気を配るようにしておきましょう。

服をお湯で洗濯する効果のまとめ

このように、自分の臭いが気になる場合は体臭ではなく、服に染みついてしまった雑菌の臭いである可能性があります。体臭だと思い込んで体臭ケアばかりやっていても、効果的に気になる臭いを解決することはできません。いくらケアしても臭いが消えない場合は、服の悪臭を疑って洗濯方法を工夫する必要があるのです。
身に着けたものから悪臭がしてしまう原因は、そこに住み着いているモラクセラ菌が大繁殖することで排せつ物の量が増えてしまう事です。悪臭をどうにかしたいと思えば、まずは原因となっているモラクセラ菌や排せつ物を綺麗に洗い落とさなければなりません。ただ、この菌は水や乾燥、紫外線に非常に強いため通常の洗濯ではなかなか落としきれません。モラクセラ菌は熱に弱いため、水ではなく50度ほどのお湯に30分程度浸けこんでから洗うことで、効率良く菌や排せつ物を落とすことができます。この方法は一度行えばずっと効果が続くというものではなく、着ているうちに再び雑菌が増えていくため悪臭が復活してしまうようになります。その都度浸け置きをする必要はあるのですが、除菌効果付きの洗剤や漂白剤と違って肌への刺激もほとんどありませんし、お湯を入れるだけという手軽な方法で済むため赤ちゃんや肌の弱い人にもおすすめです。洗剤や柔軟剤で臭いをごまかしても、良い香りと悪臭が混ざり合って大変なことになります。手軽で環境にも優しいお湯を使った方法で、気になる臭いを撃退していきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング