体臭とマッチした女性に好かれるタイプの香水を見つけよう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

体臭とマッチした女性に好かれるタイプの香水を見つけよう

一輪の花びら

女性の90%が自分の好みの香りの男性を恋愛対象として意識するということが調査によってわかっています。つまり香水をつけていることで女性から好かれる確率は格段にアップするのです。例え、それが以前から知っていた男友達であったとしても女性にとってはいつもと違って自分好みの香りがしているだけでドキッとしてしまうとされており、じつに70%の女性が男友達を異性として意識すると答えています。それでは女性に好かれる香水の香りはどんな香りがあるのでしょうか。例えば香水ということでわかりやすい香りはさっぱりとしたシトラス系、男性らしいレザーの香り、コリアンダーなどスパイス系、シダーなどウッディな香り、そして意外にもリラックスできる定番の香りであるラベンダーなどがあります。これらを総合すると女性に好かれる香水とは野生的で重厚感のあるものだといえるでしょう。同じ香水を選ぶのであれば女性に好かれるような香りの香水を選ぶのが良いでしょう。特に若い女性に好かれる香りは上位3位までで、シトラス系、グリーン系、ウッディー系となっています。続く好かれる香水の香りはムスク系、そしてフローラル系です。フローラルというと女性のイメージがあるかもしれませんが、男性向けのフローラル系香水もいくつもあります。フローラル系は優しくリラックスできるのが特徴なので、一緒にいてホッとする香水の香りなのです。ムスク系はなんといってもセクシーなイメージがあり、いかにも男性を意識させる香りです。

好かれる香水の選び方

女性から好かれるための香水の選び方にはどんなことがあるのでしょうか。まず香水の基本として、香水の香りは体臭と混ざりあってその人独特の香りに仕上がるということです。そして香水は体温が高いところにつけるとそれだけ香りが強く感じられるようになりますので、普段から体温が高めの男性はあまり香りの強い香水を選ばないほうが良いでしょう。また体臭といってもいろんなにおいがありますが、同じ体臭でもワキガなどの体質の場合はワキガのにおい自体がかなり強いにおいなので、香水をそのままつけてしまうと逆効果で悪臭となってしまうことがあります。またワキガのにおいをカバーできるような香りの香水もありますので、そういうものを選ぶのがポイントです。例えば加齢臭のでている人はムスク系や白檀の香りの香水は避けたほうが良いです。これらの香りは加齢臭の原因であるノネナールのにおいをさらに強烈にしてしまうのです。ではワキガの人にあう香水の香りはというと、ジャスミン系の香水やサンダーウッド・シダーウッドなどウッディ系の香りの香水もワキガのにおいをうまくカバーしやすいです。ただどちらの場合も清潔な肌につけることが条件です。汗くさい上に香水をつけても汗と混ざりあって微妙な香りになってしまいます。できればお風呂かシャワーを浴びて清潔な体になった後につけるようにするのが良いでしょう。体臭をごまかすのではなく、体臭と香水の相性を見ながら選択すると良いです。

女性の好む香りはこういうもの

まず男女共に好きな香りのトップに上げているのが柔軟剤の優しい香りです。これは香水とは違った清潔な香りのイメージがあるため、家庭的な部分を想像することもできて好評となっている部分があります。そして次が香水の香りです。しかしその種類は数え切れないほどありますので、その中からいくつか自分にあった香りのものを探しだすのがコツです。そして次に好きな香りとしてあげられるのがシャンプーのにおいです。こちらもやはり清潔な印象を持つことができるからというのがあるでしょう。また無臭なのがベストと答える女性もいます。なかなか無臭でいるということは生活する中では難しいですが、いつでも清潔でいることを心がけていることは基本だと考えておくほうがいいです。また意外にも好きなにおいだといわれるのがスポーツをした後の汗です。これはワイルドな男らしさを感じることができるためであるとされています。逆に好かれないにおいは強すぎるにおい、そして個性が強すぎる香水の香り、甘すぎる香水の香りです。つまり香水を購入するのであれば甘すぎるものと香りが強すぎるもの、個性的な香りのものはできるだけ避けるのがベストということになります。香水をつけたことがない男性が初めて購入するのであればシトラス系が使いやすいでしょう。しかしワキガのような体質がある場合は自分のワキガのにおいのタイプとの相性をみて購入するほうが良いです。

厳選したおすすめの香水

“男性におすすめの好かれる香水を厳選して3つご紹介しましょう。

・ソログリーン(ルチアーノ・ソプラーニ)
この香水はユニセックスに使える香りで、トップはベルガモット、マリンノート、ネロリ、ミドルはウォーターフルーツ、ラベンダー、バイオレット、ブラックカラント、そしてラストはシダーウッド、パチョリ、オークモス、バニラとなっています。爽やかなマリンノートの香りからラストは官能的な香りへと変化します。

・インティメイトリー・フォーヒム(デヴィッド・ベッカム)
あのベッカム夫妻がプロデュースしたセクシーな香水です。インティメイトリーとは「親密に」という意味がある言葉で、トップはベルガモット、グレープフルーツ・ゼスト、カルダモンなど、ミドルはヴァイオレット、ナツメグ、スターアニスなど、ラストはサンダルウッド、パチョリ、アンバーなどが配合されています。シトラス・スパイシー・ウッディーの香調はダンディな男性に似合う香りです。

・プレイ・イン・ザ・シティ(ジバンシィ)
スパイシー・ウッディな香りのこちらの香水はトップがシトラス、甘草、ミドルはアミリス、アイリス、そしてラストはアンバーなどウッディな香りの配合となっています。ブラックのシンプルなボトルに男性のイラストがデザインされているシンプルさで、それが男っぽさを強調しています。2013年に発売されたジバンシィの香りは誰でも取り入れやすいのが特徴です。”

男性におすすめの香りのつけ方

香水は体温が高い場所であればあるほど香りが強まりますし、下から上へと香りがひろがっていきます。そのため、つけるのであれば上のほうではなく下のほうにつけるのがポイントです。例えばウエストの辺りや太ももの辺りが良いでしょう。服の上からではなく、直接肌につけるようにします。そうすることで洋服を着た時に隙間から香りが優しくするようになるからです。そして太ももの場合は体温の高い内側につけるのがいいです。両足じゃなくても片足だけでもOKです。そして強めの香りのものをつけたいなという時には足首につけるのがコツです。足首は比較的汗をかきにくい場所ですし、ふわりとほのかな香りにしたい時にはぴったりの場所なのです。また香りが薄くなった時につけ直しておきたい時にも足首はぴったりです。また食事に行く時に手首などにつけていると、せっかくの食事の良いにおいと香りが混ざりあって残念な結果になりがちなので、食事へ出かける場合は薄めの香りで腰から下につけるということを覚えておくと良いです。また香りを手首につけた時に思わず両方をこすりつけてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。実はその行為はせっかくの香りの持続性を短くしてしまう原因になってしまうのです。こすりつけた時に香りの粒子をつぶしてしまうことが原因です。デートの時間にちょうど良い香りをただよわせるためには出かける30分ほど前に香りをつけるのがコツです。体臭と混ざり合ってオリジナルの香りになります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング