女性のフェロモンを増やすことができる方法はあるの?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

女性のフェロモンを増やすことができる方法はあるの?

ローブを羽織っている女性

美人な人、スタイルが良い人、知的な人などモテる条件はいろいろとありますが、そんな条件の一つにフェロモンがあります。フェロモンというのは人間だけではなく生きているもの全てが発している鼻で感じることができる化学物質のことです。フェロモンは女性ホルモン、男性ホルモンなどから作り出されるもので、微量に体外に放出されています。フェロモン自体は無臭で、自分で意識してコントロールできるものではありません。そんなフェロモンを増やすにはどんな方法があるのでしょうか。例えば一番わかりやすい増やすための方法といえば恋愛をすることです。それは恋愛をすることでフェロモンに直接的な影響を与える女性ホルモンのエストロゲンが活性化されるためです。実在する素敵な男性に恋をするのがベストですが、実在しない男性でもいいのです。漫画の登場人物や芸能人などに素敵だなと感じるだけでも女性ホルモンは活発化されてフェロモンを増やすことができるのです。またフェロモン香水なども販売されていますので、手っ取り早くフェロモンを出したいという方はそういうものを利用するのが良いでしょう。他に増やすための方法といえば健康的な生活を送ることです。ちなみにフェロモンはワキや陰部にあるアポクリン腺から多く分泌されますので、一日に何度もお風呂に入るなどすることは避けたほうが良いです。お風呂に何度も入ってしまうとせっかくのフェロモンが洗い流されてしまいます。

フェロモンを増やす食べ物とは?

女性ホルモンを増やすことでフェロモンの分泌も増やすことができるので、食べ物で増やしてみる方法もあります。オススメの食べ物といえばナッツ類はホルモンのバランスを整え、イライラ抑制効果もありますし、手軽におやつにして食べることができるのが良いところです。またキャベツを食べるのも良い方法です。食物繊維が豊富で、デトックスやホルモンバランスを整える効果が期待できます。そして女性ホルモンのエストロゲンを増やせる食べ物といえば大豆でしょう。ビタミンB6が豊富なので女性ホルモンの代謝やバランスを整えるという効果が期待できます。他にはビタミンEが豊富なかぼちゃ、良質なコレステロールを豊富に含んでいる卵などがあります。しかも卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素をたっぷりと含んでいますので完全食といわれることも多いです。どれも食卓に気軽に出すことができるアレンジしやすい食べ物ばかりなので、なるべく毎日食卓に出すようにするといいです。卵とキャベツの炒め物などはお弁当に入れたりもしやすいです。かぼちゃは抗酸化作用もあるので、老化の原因である活性酸素が増加してしまうので肌トラブルや生活習慣病などにもなりやすく、不足しないように積極的に食べると効果的です。大豆の場合はお味噌やしょうゆ、納豆などもありますから味噌汁にしたり、豆腐にしょうゆをかけて食べるなど費用もかからず、毎日摂取しやすいです。

フェロモンを増やすには睡眠の質を高めよう

フェロモンを増やすための方法の一つには睡眠の質を高めることがあります。睡眠不足は肌荒れやむくみ、太ってしまうなど体のバランスが崩れてしまうことが原因となって起きる症状です。ホルモンの分泌が活発になるのは睡眠時でもノンレム睡眠(深い睡眠)の時なので、レム睡眠とノンレム睡眠を交互にバランスよく繰り返すことが大切です。ノンレム睡眠を促進するホルモンにメラトニンがありますが、このホルモンが活発になるのが夜の10時から午前2時にかけてです。つまりこの時間帯にしっかりと眠っておくことでホルモンにも良い影響を与えるということになります。さらにメラトニンは暗ければ暗いほど活発になることがわかっていますので、眠る時にはカーテンをしっかり閉じて電気も消し、可能であればアロマを焚いたり、リラックスできる音楽を流しながら眠るなどするのが良いでしょう。質の良い睡眠を得るためには寝具も自分にあったものを使うことが望ましいです。枕もわりとリーズナブルな価格でオーダーメイドのものを作れるようなお店もありますから、そういうお店へ出かけて自分オリジナルの枕を手に入れるのも良いでしょう。また布団やマットレスなども眠っている時の姿勢を良くすることから初期投資だと考えてゆっくりと眠れるようなものを購入するのがいいです。体が眠っている時に緊張していると朝起きても疲れがとれていないこともありますので、リラックスして眠れるものが良いのです。

フェロモンを増やせる運動とは?

フェロモンを増やす、つまりホルモンを活発化させるためには運動を適度にするのも一つの方法です。運動といってもいろいろありますが、自宅で簡単にできるものもあります。例えばスロースクワットや足上げなどもホルモン増加のためには良いです。スロースクワットは足を肩幅に開いて息を吸いながら5秒ほどかけてゆっくりと膝を曲げ、呼吸を吐きながら5秒ほどかけてゆっくりと元に戻します。これを1セットとして20回ほど繰り返します。足上げ運動は仰向けに寝て息を吸いながら両足をそろえた状態でゆっくりと90度くらいの角度に足をあげます。息を吐きながらゆっくりと足をおろし、30度の角度になったら足を止めて5秒ほどキープします。これを1セットにし、20回ほど繰り返しましょう。他にも背筋運動もあります。顔を下に向けた状態で四つんばいになって、息を吐きながら右手は前へ左足を後ろへ同時にのばし、そのまま3秒ほどキープします。元に戻す時は息を吐きながら戻します。これを1セットにして10回ほど繰り返します。反対側も同じように繰り返します。さらにヒップアップ運動もおすすめです。仰向けになった状態で手の平を下にして膝を曲げ、その状態で息を吐きながらお尻を上に上げます。上げたまま、お尻の穴をキュッとしめるようなイメージで5秒キープ、息を吸いながらお尻をおろします。コレを1セットにして20回ほど繰り返して完了です。

おいしいフルーツをとって女性らしく

フェロモンを増やせる方法には運動や睡眠、食べ物などがありますが、フルーツを食べることで気軽に女性らしい体と女性ホルモンの増加をすることが期待できます。フルーツはずばりザクロやイチジクです。この2つは女性ホルモンと同じ働きをすることで知られており、ざくろは疲労回復に良いクエン酸やビタミンC、パントテン酸などが豊富なので疲れにくくしてくれます。イチジクは女性ホルモンの分泌に良い他、食物繊維が豊富なことから便秘の解消にも良いですし、リンゴ酸が疲労回復に効果的です。女性ホルモンの分泌は30代の後半頃にはだんだん減り始めてしまいますので、特にその年代にさしかかる女性は積極的にこれらの食べ物を摂取し、軽い運動や質の良い睡眠を心がけるのが良いでしょう。また冷え性はホルモンバランスを崩すもとになってしまうので、夏でもなるべく温かい飲み物を飲むようにしたり、体が冷えないように気をつけることが大切です。最近では可愛いデザインの腹巻きなども人気となっていますので、いろんなデザインを集めて楽しみながら使うのも良いです。そして朝起きたら朝日を浴びた状態で深呼吸を数回するだけでもホルモンバランスを整えることをサポートしますので毎日実践するのがいいです。そしてお昼には良質なたんぱく質を摂取するためにお肉や魚などをたっぷりと食べるようにするのが効果的です。もちろん食べ過ぎはダメですから適度に食べましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング