すそわきがとワキガの違いとは。ワキガの知識をご紹介

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

気になるワキガやすそわきがのセルフチェック方法を紹介

女性の胸元

日本人は非常に臭いに敏感な人種です。
そもそも古くから入浴好きで、清潔だったこともあり、体臭があまりしない人が多いからこそ、強い臭いに対して不快感を示す方が多いのも事実です。
ありとあらゆるデオドラント製品を試してみてもなかなか効果を感じられないという方は、ワキガである可能性があります。
ワキガは西欧人に多いと言われていますが、実は日本人でもおよそ10%程度の方がワキガ体質なのです。しかも食生活の欧米化に伴い、その割合も年々増加傾向にあるのです。
特徴としてはツンとした刺激臭がする、衣類に黄ばんだ汗ジミが出来るなどが挙げられます。
では、すそわきがというのは一体どんなものなのでしょうか。
基本的にワキガと同じものです、陰部が臭うタイプのもののことです。
人にはエクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があり、エクリン腺からかいた汗はさらっとしていて無臭です。
しかしアポクリン腺から出る汗にはミネラルが多く含まれており、これが皮脂や雑菌と混ざってしまうと悪臭を発するようになってしまいます。
ワキガ体質の方はこのアポクリン腺の数が多かったり大きかったりするため、どうしても臭いが出やすくなるというわけです。
アポクリン腺はワキだけではなく、乳輪の周りや外陰部周辺にも多い汗腺です。
そのため元々ワキガ体質の方の場合、陰部も臭いやすくなっているのです。
もしかしたら自分は臭っているのかもしれないと不安な方は、セルフチェックを行ってみましょう。

すそわきがかにはどんなケア方法があるのか

ワキガよりも自覚しにくいすそわきがですが、もしもすそわきがかと思ったら、適切なケアをしてあげることが大切です。
それでは、いくつかケア方法を説明します。
前述の通り、臭いの元はアポクリン腺から出る汗によるものですので、まずは汗を抑えるように心掛けるようにしましょう。
ワキならば汗も拭きやすいものですが、陰部となるとなかなか難しいものです。
普段から清潔にしてあまり体にフィットしすぎるタイトな下着やジーンズなどの着用は控えるようにしましょう。
また、月経時はすそわきがの臭いも強くなりがちです。
出来るだけこまめにナプキンを取り替えるようにし、ビデやデリケートゾーン用の拭き取りシートなどで清潔にしておきましょう。
携帯用のビデなども販売されていますので、もしもの時のために用意しておくことをお勧めします。
大陰唇、小陰唇の周りには汚れが溜まりやすいため、入浴時にはこの部分も丁寧に洗ってあげるようにしましょう。
ただし、臭いが気になるからといってゴシゴシ擦ってはいけません。皮膚が薄くて非常にデリケートな部分ですので、しっかりと泡立てた石鹸で優しく洗うことが大切です。
また普通のボディソープや石鹸では刺激が強すぎて、膣内の常在菌まで退治してしまいかえって臭いを悪化させてしまうことがあります。
陰部を洗う場合には、デリケートゾーン専用の低刺激性の石鹸を使用するようにしましょう。
消臭効果があるものや、デリケートゾーンの黒ずみも解消してくれるものなどもありますので、是非チェックしてみて下さい。

自分でもできる簡単なセルフチェック方法

「もしかして、私臭ってる?」と人に聞くのは恥ずかしいですし、臭いに関することはデリケートなものですので、他の人の口から指摘するのは難しいものです。
そこで、自分でも出来る簡単なセルフチェック方法をいくつか紹介しますので、まずは当てはまる項目があるかどうかをチェックしてみて下さい。
まず、身内にワキガ体質の方がいる場合です。
両親の内、片方がワキガなら約50%、両方ならば約80%の確率で遺伝すると言われています。
次に耳垢が湿っていて飴状の場合も可能性があります。アポクリン腺が耳の中にも多いからです。
また白いシャツや下着を身に着けていると脇の部分に黄ばんだ汗ジミが出来る方も同様です。
汗ジミが黄ばむのはアポクリン腺から出る成分の中に色素が強いものも含まれるからです。
普通に洗濯するだけでは簡単に落ちないので非常に厄介なものです。
すそわきがの場合、下着にもこの黄ばみが付着することがあります。
黄ばんだ汗ジミだけでなく、脇の下に白い粉のようなものが現れる方もワキガの可能性があります。この白い粉はアポクリン腺から出た成分が結晶になったものなのです。
また、ワキ毛や陰毛が濃い方も要注意です。
一つの毛穴から複数本の毛が生えている方や、乳輪、肛門付近にも濃い毛が生えている場合はすそわきがの可能性があります。
これらのセルフチェックで当てはまる項目があったからといって、必ずしもすそわきがであるとは言い切れません。体調や季節などでも体臭は変わってくるものですし、あまり過度な心配をしないことも大切です。

セルフチェックで気になった方

臭いというものはそもそも自分では気づきにくいものです。
自分は全く臭っていないと思っていても、周りの人たちからはすごい臭いだと思われていることもあれば、逆に自分はもしかしたら臭っているのかもしれないと思っていても、意外と全然臭っていない場合だってあるのです。
また、混合されやすいものに多汗症があります。
臭いの原因が汗にあるということから、多汗症気味の方の中には自分の体臭が気になっているという方も多いものです。
単なる多汗症の場合、自律神経の乱れや精神的な不安、ストレスが原因となっていることが多く、汗はたくさんかくけれども、汗自体は無臭だということが多いのです。
原因も対処方法も違ってきますので、あまり心配しすぎないようにしましょう。
セルフチェックだけではどうしても気になるという方は、病院で検査をしてみるのもいいかもしれません。
専門の病院に行けば、数値でしっかりチェックしてもらうことが出来ます。
主な検査内容は問診、血液検査、試臭検査、耳垢チェックなどがあります。
検査を受けるときには、デオドラント製品などは使用せずに診察を受けるようにしましょう。
セルフケアでは抑えきれなかった臭いも、専門医にかかればより徹底的にケアが出来るようになります。
専門医にワキガであると診断された場合には保険適用にもなるので、経済的にも安心です。
ワキガだけでなく、すそわきがでも医療機関による治療が可能です。

体の中からのケアも大切

元々臭いが出やすい、出にくい体質というのは個人差があるものです。
しかし、場合によっては自分で臭いを発生しやすくさせていることだってあるのです。
例えば、運動不足気味の方は注意が必要です。
普段から適度に運動を心がけていると、エクリン腺から健康的な汗を必要な分だけかけるものなのですが、運動不足の場合そもそも汗腺が弱まっているため、健康的な汗をかくことが出来ません。
日頃汗をかかないために皮脂や雑菌が溜まりやすく、ちょっと汗をかいただけでも悪臭を放ちやすくなってしまうのです。
冷え性の方も同様で、血液の循環が上手くいかないと適度な汗がかけなくなるため、ベタベタした汗になりがちです。
これを防ぐ方法は普段から出来るだけ体を動かし、冷やさないように心掛けることです。
体を清潔に保つためにもきちんと入浴し、湯船に浸かってしっかりと体を温めましょう。
また、食生活の乱れも気をつけなければなりません。
にんにくなど、臭いが強いものを控えるのはもちろんです。
動物性脂肪や糖質、チーズなどの乳製品にはアポクリン汗腺を刺激する作用があるので、摂り過ぎには注意するようにしましょう。
食生活や生活スタイルが乱れると、肥満の原因にもなります。肥満は皮脂を発生させやすく、なおかつ多汗になってしまうので、ニオイケアの大敵です。
ストレスや不安による汗はアポクリン汗腺から出てくるものです。気にすれば気にするほど臭いが強くなってしまうという悪循環にも繋がることがありますので、過度に心配したりせず、ストレスを溜めないように心掛けることも大切です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング