ワキガはどんな臭いなのか、その特徴と一例をご紹介しましょう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガはどんな臭いなのか、その特徴と一例をご紹介しましょう

鼻をつまんでいる女性

人は汗をかくと言った特徴がありますが、汗をかくと言う事はとても大切な事で、汗をかかないと人は体温調節が出来ずに死んでしまうからです。
しかし、汗をかく事で多汗症やワキガと言った症状が生じる事もあり、汗による悩みを抱えている人も少なくありません。
ワキガの場合は独特な臭いがあるので、周りにいる人に気づかれているのではないかと言った不安を持ってしまう、多汗症の場合には、汗の量が多く出るのが特徴で、冬場の寒い季節でも大量の汗をかく事があり、汗による悩みを持つ人が多いのです。
しかし、ワキガと多汗症と言うのは汗が分泌される汗腺が異なります。
ワキガの場合はアポクリン汗腺から分泌する汗が原因であり、多汗症の場合はエクリン汗腺からの汗が原因になるのです。
但し、どちらの汗も臭いと言うものはなく、ワキガの場合は皮膚に潜んでいる常在菌が汗を分解する事で独特な臭いになると言ったメカニズムを持っているのです。
エクリン汗腺から分泌する汗は、水分が大半を占めており、少量の塩化ナトリウムや老廃物が含まれているもので、汗は透明色に近く、臭いそのものはありませんが、シャツなどに汗が吸収され、乾くと汗臭さと言うものが生じる事になります。
一方、アポクリン汗腺から分泌する汗には、たんぱく質や糖分、脂質、アンモニア、鉄などの臭い成分が含まれており、どんな臭いなのかと言った例を挙げると、玉葱のようなツンとした臭い、古い雑巾のような臭い、クミンのような臭いなど様々です。

どんな臭いか一例、玉葱のツンとした刺激臭

ワキガはどんな臭いなのかと言う一例を挙げると、玉葱のツンとした刺激臭と言う一例を挙げる人が多いのですが、硫化アリルや二硫化プロピルと言われている成分が玉葱の匂い成分です。
硫化アリルは消化液の分泌を助ける作用があり、これにより食欲増進、新陳代謝や神経の沈静化に必要となるビタミンB1の吸収や活性化を促すなどの作用効果があります。
しかし、ワキガの臭いと言うのは、玉葱のツンとした硫化アリルなどの臭いと似ていても、こうした作用があるわけではありません。
ワキガ汗は分泌された直後の場合は無臭で、常在菌が分解をする事でワキガの臭いとなって生じるものです。
汗には臭い成分が含まれているので、常在菌が臭い成分を外に放出するために、玉葱のツンとした刺激臭が出て来る事になるのです。
尚、ワキガの汗が分泌するアポクリン汗腺は、特定の場所にしか存在していません。
脇下がワキガの原因となる部分ですが、他にも陰部や耳の中、乳輪回りなどにアポクリン汗腺があり、そのうち臭いとなって現れるのは脇下や陰部などが多いのが特徴です。
常在菌がアポクリン汗腺から分泌する汗を酸化分解すると、低級脂肪酸やインドール、アンモニアなどの物質に変化させ、これらの物質が玉葱のツンとした刺激臭に変えてしまうため、ワキガの対策には汗を抑える事と皮膚の常在菌を殺菌消毒すると言う2つが必要になります。
ワキガは臭いが強いものを食べると刺激臭が多くなるので食事にも注意が必要です。

どんな臭いか一例、鉛筆の芯のような臭い

ワキガ臭の一例の中でも鉛筆の芯のような臭いや古くなった雑巾の臭いと言った例を挙げる人が多くいます。
どんな臭いなのかの例えはその人の感じ方により様々であると同時に、ワキガの症状には軽度、中度、重度と言う3つに分けられており、重度が最も刺激臭が強く、軽度が最も刺激臭が弱いと言う事になります。
鉛筆には鉄分が含まれているわけですが、アポクリン汗腺から分泌する汗には鉄が含まれているので、こうした臭いがすると言う人も多いのではないでしょうか。
常在菌が脂質を酸化分解すると、繊維や染料を酸化させてしまうケースがあります。
特に症状が中度以上の場合には、臭いが強いだけではなく酸化酵素の量が多いため、洗濯をしても黄ばみが取れなくなり、洋服やシャツが駄目になってしまう事もあります。
また、アンモニアなどに成分がアポクリン汗腺から分泌する汗には含まれているので、アンモニア臭として洋服に残ってしまう、太陽の光で洋服を酸化する作用が促進され、臭いだではなく色も落ちなくなる事になります。
因みに、臭いが強いものを食べると、誰もが翌日は身体が臭くなりますが、ニンニクなどに臭い成分が含まれているものを食べた時には誰もが臭いが強くなります。
しかし、ワキガ体質の場合には、その臭いが更に強くなるので、臭いが強いものを食べてはいけないと言う事ではありませんが、臭いが強くなるような食べ物をなるべく控えると言う事も臭い対策には必要です。

ワキガはどんな臭いか

アンモニアやたんぱく質、糖質など臭いの原因となる成分が多く含んでいるため、カレーのスパイスに使う事がある、クミンのような臭いがすると言う人もいます。
常在菌により、汗が分解されてワキガの臭いになるわけですが、常在菌と言ってもその種類は多種多彩です。
ワキガにも色々な種類があるのは、常在菌の種類が異なるからでもあり、どんな臭いかと言う例えに対して全く異なる例えをするのは臭いの感じ方だけではなく、汗を分解する黴菌の種類が色々とあるからなのです。
鉛筆の芯、玉葱、古くなった雑巾、クミン、古くなった洗濯バサミのような臭い、酢のようなツンと舌臭いなど、例えれば切がありませんが、臭いを出す常在菌と臭いを出さない常在菌が存在していると言います。
例えば、表皮ブドウ球菌と言うのは、良い匂いを出すと言う常在菌であり、ワキガ臭と言われているような臭いに分解する常在菌ではありません。
しかし、黄色ブドウ球菌、真菌と言った常在菌は、表皮に多く存在しており、常在菌の種類によりクミンのような臭いを作り出しているのです。
因みに、カレーを多く食べる人の中にはワキガ臭が強くなると言った専門医もいると言いますが、カレーに含まれているクミンと言う成分が身体に染みつく、そしてクミンのような臭いが強くなるからなのです。
尚、ワキガの原因となるアポクリン汗腺は人間なら誰もが持つ汗腺組織ですが、体質的にアポクリン汗腺が大きくなっているために臭いが出てしまうのです。

臭いの対策法を考えましょう

ネギや玉葱などのツンとした臭い、香辛料のクミン、古くなった雑巾や洗濯バサミ、酢のようなツンとした臭い、生乾きの洗濯物の臭いなど、色々な例えがあるのが特徴です。
症状の度合いにより臭いの種類が異なると言う事もあるのですが、アポクリン汗腺から分泌する汗に含まれる成分は脂質を初めとして、たんぱく質や糖分、鉄、アンモニアなど様々であり、臭いを感じる人の感じ方にも違いがあります。
しかしながら、玉葱やネギのようなツンとした臭いがすると言う人、鉛筆の芯のような臭いがすると言う人、香辛料のクミンみたいな臭いがする人と言った臭いの例えをする人は多くいます。
但し、臭いの種類が様々な理由は、臭いの感じ方だけではなく、表皮に存在する常在菌の種類により、臭いの現れ方が違ってくるのが特徴です。
対策としては、汗の量をコントロールする、皮膚を常に綺麗な状態を保ち、汗を分解して臭いを作り出す常在菌を殺菌する、そして皮膚を乾燥させないと言う3つが最大の対策法になります。
汗をコントロールして殺菌をすると言う事は理解出来ても、皮膚を乾燥させないと言う点について分からないと言う人も多いかと思われますが、皮膚が乾燥すると汗をより多く分泌すると言う自己防衛力が人間にはあるためで、冬時期に臭いが多く出くる原因の一つに乾燥しやすい季節と言った特徴があるからなのです。
そのため、ケアアイテムを使う場合には、潤い成分が含まれているケアアイテムを使うと、冬場でも臭いを抑える効果があります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング