ワキガの手術におけるデメリットやリスクについての基礎知識

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガの手術におけるデメリットやリスクについての基礎知識

アザラシ2匹

現代社会においてワキガに悩んでいる人は少なくありません。自分の匂いに対して非常に敏感になる時代と言うこともあり多くの人が気にしている。街のドラッグストアのデオドラントグッズのコーナーが非常に充実していることからも分かるように、多くの人が同じ悩みを抱えているのです。
しかし大半の人はそのような市販のデオドラントグッズで上手に付き合っていくことができています。もしもそのような対処で我慢することができるのであればそれが1番であるといえます。ワキガの症状は確かに多くの人が悩ませる問題であるのは事実ですが、人生を左右するほどの深刻な問題では無いと考えることもできるのです。命に影響及ぼすわけではありませんし、気にしない人は気にせず生活することができるのです。
このような考え方も知っておくべきであると言うのはワキガの手術には相応のデメリットが存在しているからなのです。健康な体に対してワキガ治療を行うということがどの程度のダメージを及ぼすものであるということについてしっかりと理解しておく必要があります。決して簡単なことのように考えてしまうことのないようにしなければなりません。ワキガの手術のやり方にもよりますが、身体のダメージが非常に大きなものでありリスクやデメリットが少ないものではありません。手術後に公開する可能性もありますので、手術をする前にはリスクがデメリットについて十分な知識を持った上で判断することが大切です。

最も一般的な手術は脇の下を切開します

ワキガの手術について詳しい情報を知らない人は非常に簡単なものであると考える人がいます。そのような治療法も存在していないわけではありませんが、最もスタンダードに行われている手術は脇の下を切開して皮膚の下にある汗腺を物理的に除去するという方法で行われます。腋の下にはアポクリン腺やエクリン腺と呼ばれる汗腺が密集しているのですが、ワキガの症状に悩まされている人の場合にはアポクリン線が他の人に比べて発達していると言う傾向がある。このアポクリン線を脇の下を切開して物理的に取り除いてしまうことにより将来的にワキガの症状が発生しないようにすることができるのです。
この治療は健康な人体にメスを入れる必要がありますので、身体のダメージがかなり大きなものとなりますし、脇の下に傷痕を残してしまうことになります。人に見せる部分ではないのであまり気にならないと考える人がいるかもしれませんが、一生消えることのない傷を残してしまうということについてデメリットとリスクを考えておく必要があるでしょう。後から後悔をしても、その傷を取り除くことが難しいのです。このような手術は大掛かりなものになりますので、治療を行う場合には一定期間は仕事を休むなどして、まとまった時間を必要とします。それだけの準備をして初めて行うことのできる治療であると言う事を理解した上で、本当に自分に必要な手術であるのかどうかを見つめ直してみる時間があった方が良いでしょう。

治療方法と再発のリスクについて

ワキガの治療方法にはいくつかの種類がありますが、全ての方々に再発のリスクが存在しています。完全に確実に症状だけを除去し、後遺症を残さないと言うのは難しいのです。例えば脇の下を切開して汗腺を取り除くと言う方法で治療した場合、ワキガの臭いの問題については解決することができると言われています。しかしながら脇の下から出ることができなくなった汗が他の部分から出るようになってしまうと言う副作用が多数報告されています。そのような症状が出る箇所は背中や胸、手のひらやその他の部分など非常に様々な報告がなされています。いわゆる異常発汗であり、対象には限界があると言えます。1つの問題を解決することによって新しい問題を引き起こす場合があるということを知っておく必要があるでしょう。
その他の治療は間接的に脇の下の汗腺の働きを抑制する方法を選択する治療法です。ある程度の期間は効果が持続すると期待することができますが、時間の経過とともに抑制効果は薄れ、再びワキガの症状が発生するのが一般的です。脇の下を切開する治療以外は健康保険の適用対象にならない高額な医療費が必要となる治療ですので、ある程度の期間が経過したら再び治療を受け直さなければならないということを知っておく必要があります。このように治療したことにより、ワキガの問題が完全に解決し再発することがないと言うのではないのです。治療法ごとにそれぞれの注意事項が存在しているのが現実です。

手術後の身体のダメージについて

ワキガの治療には様々な方法がありますが、脇の下を切開する手術を行った場合には治療後の一定期間は安静にしていなければなりません。脇の下を切開して汗腺を取り除くと言う事は、言葉にして表現すると非常にあっさりとした内容になりますが、実際にこの治療を行った場合の身体に対するダメージはかなり大きなものになります。治療後には痛みが徐々に増し、しばらくの期間は安静にしていなければならないと言えるでしょう。傷口がしっかりと塞がるまでには一定の時間が必要になりますし、それまでの期間は感染症についてもかなり慎重に注意をしておくことが望まれます。多くの人が考えているよりも非常にリスクの高い治療技術であると言うことを知っておかなければなりません。
脇の下を切開するのではない治療法、例えば超音波で汗腺の機能を破壊したり、ボトックス注射で汗腺の働きを抑制したりする治療法を採用した場合には身体のダメージはかなり低減させることができますので状況が大きく変わってきます。治療法についてはいくつか存在していますが、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと比較検討した上で自分に優しい方法を見つけなければなりません。健康保険が適用され唯一安い金額で治療を受けられるのは脇の下を切開する治療法です。しかしながらこの方法は身体のダメージが非常に大きくデメリットがありリスクも大きい方法であると言うことを認識しておかなければなりません。必ずしもオススメすることができる治療法では無いのです。

現在選択可能なワキガ治療の色々

ワキガの症状と言うのは非常に主観的なものである部分があります。客観的に見て大した症状出なかったとしても、本人が気にする場合には非常に深刻な悩みとなって相談される場合があります。しかしながら市販のデオドラントグッズなどで上手に付き合っていくことができるのであればそれが最も良い方法であるといえます。
現在ではいくつかの治療法の中からワキガへの対処法を見つけることができる時代になりましたが、それぞれのメリットの影にはデメリットとリスクが存在していると言うことを知っておかなければなりません。特に脇の下を切開する物理的な汗腺の除去という方法については、ワキガの臭いの問題に対して強烈に解決すると言う力がある一方で、身体への大きなダメージを避けることができませんし、対処の難しい副作用が発生するリスクも報告されているのです。そのような可能性を考慮しても脇を解決したいと言う強い気持ちがある場合に限りリスクを覚悟で行う治療であると言うことを理解しておかなければならないのです。
日本人の場合には約半数が何らかの形でワキガの問題を抱えていると言われています。市販のデオドラントグッズの精度も年々向上しており、魅力的な新しい商品も続々と登場しています。このような商品を上手に活用することで問題を解決していくことができるのであれば、それが1番体への負担の少ない方法であるということを知っておくことがとても大切であると言えるでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング