すそわきがとは?生理も関係ある?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

すそわきがの特有の臭い、生理中にさらに強くなる原因は?

女性の腰元

ワキから漂う特有の臭いは「わきが」と呼ばれますが、同じようにデリケートゾーンから発生する臭いは「すそわきが」と呼ばれます。
人の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺があるのですが、そのうちアポクリン汗腺から出る汗には、脂肪や尿素、アンモニア、脂肪酸などが混じり合っており、それを皮膚の常在菌が分解する事で臭いを発するのです。
アポクリン汗腺の数が大きく関係してくるのですが、これは遺伝によって引き継ぐ事が多く、わきがで悩む人はすそわきがも併発している事が多いです。
また性別の特徴としては、男性よりも女性に多くみられます。
これは男性に比べて女性のほうがアポクリン汗腺が全身に多く分布している事、そして女性は男性に比べて皮下脂肪が厚く、汗をかきやすいという事が原因とされています。
どちらかと言えば男性の方が汗をかきやすいイメージが強いですが、実は女性は服で隠れている部分にたっぷり汗をかいている事が多く、それは当然デリケートゾーンも該当します。
さらに女性は月に一度生理になります。
生理になると女性ホルモンのバランスが乱れる事になるのですが、このホルモンバランスの乱れは、すそわきがと大きな関係があります。
また生理時にはナプキンや生理用ショーツを使う人がほとんどですが、通常よりも蒸れやすい状態になってしまいます。
さらに生理になると経血も混じり合う事になり、さらに臭いが強くなるのです。
わきがにしてもすそわきがにしても、これは異性に対するフェロモンの意味を持っています。
ですが男性にしても女性にしても不快に感じる人は多く、なるべく抑えるためのケアをした方が良いのです。

ホルモンバランスの乱れが原因?

すそわきがが強くなるのには生理時だけではなく、ホルモンバランスが乱れた時も該当します。
ホルモンバランスが乱れる時と言えば、セックスの時、または妊娠や出産する時も一時的に起こります。
一時的にホルモンバランスが乱れる事が誰でもある事で、それほど心配するものではありません。
ただ更年期になると、閉経などが関係してホルモンバランスが乱れ、いきなりすそわきがを発症してしまう事もあります。
さらに長期的にストレスを感じると、慢性的なすそわきがになってしまう危険性もあります。
心身ともに健康な状態の時にはウイルスや菌も寄り付かないですが、ストレスや疲労などで弱ってしまった体は免疫力も弱くなり、菌に侵入も容易になります。
その結果、雑菌を繁殖させやすい体になってしまいます。
汗そのものは臭わないですが、ストレスを抱えて雑菌が繁殖していると、すそわきがも強くなるのです。
体を健康な状態に保つにはホルモンバランスを整える事が大切で、それには規則正しい生活が第一条件となります。
肉食中心の食生活から野菜中心の食事に変えたり、睡眠時間をしっかりとるようにしたり、そして適度にストレスを発散させる事が大切です。
ストレスの発散方法としては、自分の好きな趣味に打ち込む、スポーツをするなどが有効ですが、すそわきがの事で悩んでいる時にその事ばかりを考えていると、それがストレスになって、さらに症状を悪化させてしまう事もあります。

生理中の蒸れが悪影響を与える・・・

すそわきがが気になる女性の中には、生理中にさらに症状が酷くなると悩む人が多いです。
この現象には様々な理由があり、その一つが女性ホルモンのバランスが乱れてしまう事です。
すそわきがとホルモンバランスは密接な繋がりがあり、ホルモンの分泌が多くなれば臭いが強くなるのです。
そして生理中は経血だけではなく、おりものの量も増えます。
アポクリン汗腺からの汗だけではなく、こういったおりものの分泌物と雑菌が結びついて、さらに臭いが発生してしまいます。
元々デリケートゾーンは下着をつけ、その上からジーパン、又はストッキングとスカートをはくなど、体の中でも湿度の高い場所です。この場所に生理中はナプキンを使い、専用のショーツで覆います。
ちなみにこのショーツはフィット感を重視しているので、化学繊維メインのものが多く、通気性に優れていません。
そのため当然汗もかきやすくなり、特に運動していなくても蒸れやすい状態になってしまいます。
少しでもすそわきがを抑えたいと考えるなら、ストッキングやガードルなどはつけず、きっちりとしたパンツスタイルもやめておいた方が良いかもしれません。
ジーパンなど窮屈なデザインより、ロングスカートやガウチョパンツなどデリケートゾーンの風通しが良いものの方が安心です。
また経血の漏れがそれほど気にならない人なら、化学繊維で作られたショーツよりも、コットンで作られたゆったりとしたデザインの下着の方が快適に過ごせます。

生理中は経血の臭いも気になる。対処法は?

そして、すそわきがが生理中に強くなるのは蒸れだけが原因ではありません。
経血自体も特有の臭いがすると困っている人が多いです。
経血は普通の血とは違って独特の臭いがあるのですが、それが時間が経つにつれて酸化し、さらに雑菌が繁殖する事で、臭いが強くなってしまいます。
雑菌は、経血に含まれている分泌物や酵素などを分解しながら繁殖していきます。そのため同じナプキンを長時間つけておく事は、どんどん雑菌を増やしていく原因になります。
臭いだけの問題ではなく、不衛生にしておくと様々な病気を引き起こす事にもなるので、ナプキンはこまめに取り換える事が大切です。
一般的にはトイレへ行くタイミングで取り替えますが、すそわきがの人の場合はトイレのタイミングに関係なく、1時間に1回のペースで変えた方が安心です。
またアンダーヘアに経血がつくことでも、雑菌が発生しやくなります。
元々アンダーヘアが濃かったり長めの人は経血が付着しやすくなり、雑菌が増えて蒸れやすい環境となります。すそわきがで悩んでいるならば、必要に応じてアンダーヘアをカットしてお手入れするのも改善方法の一つです。
生理中に特に臭いが強くなる人の場合は、まずはトイレへ行った時はビデを使って、出来るだけ陰部に雑菌や汗がついていない状態にする事が大切です。
またナプキンを使うよりも、タンポンの方が経血自体の臭いも抑えることが出来ます。
もちろんタンポンを使った場合も長時間放置しておくのは厳禁で、3時間おきぐらいに取り換えるようにします。

すそわきがに悩まないために・・・

すそわきがの臭いは独特で、時に周りの人に気づかれる事もあります。
特に交際している相手がいる場合は、SEXの際にそれが原因でトラブルになる事もあります。
すそわきがを改善させる方法としては、まず汗や汚れを取り去る事です。
トイレに行った際にはビデできれいに洗い流し、もしビデが無い場所ならデリケートゾーン用のウェットティッシュで拭くだけでも効果があります。
また、雑菌は湿気が多く温度が高いところで繁殖しやすいため、なるべく通気性の良い下着をつけ、体に密着するような服装は極力避けます。
そして生理時に限らず、基本的にデリケートゾーンはいつも清潔にしておかなければいけません。
汚れを落とそうと、つい力を入れて強く洗ってしまいがちですが、炎症を起こして肌を守る常在菌が少なくなると、逆に雑菌が繁殖しやすくなります。
抗菌・殺菌作用のあるデリケートゾーン専用の石けんを使い、たっぷりと泡立ててから指の腹で優しく洗うようにします。
体を洗うだけでは不安な時は、デオドラントクリームを併用しても良いかもしれません。
そして体の中から改善するという意味でも、食事内容を変えると良い作用をもたらす事があります。動物性タンパク質を多く摂取すると、体臭が強くなる傾向にあるため、なるべく魚や野菜を中心とした食事にシフトしていきます。
また、にんにくや唐辛子などの香辛料、アルコールなどは発汗を促すことで臭いの原因を作るため、少し摂取を控えるようにするのも改善策となります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング