ワキガの臭いを解消するマナーで人間関係にプラスの影響を

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガの臭いを解消するマナーで人間関係にプラスの影響を

臭いを気にする男性と鼻をつまむ女性

たかがワキガと考える人もいるでしょうが、自分が思っている数倍の不快臭を発していると言われています。
人間は自分の体臭には鈍感であり、過小評価していることが多いのです。
この程度なら大丈夫と思っていても、周りはそう感じていないかもしれません。
少しでも臭いがすると感じたら、体臭対策をしていくのがマナーと言えるでしょう。
例えば、デスクワークに従事する方だと特に注意する必要があります。
臭いが室内に蔓延することもありますし、すぐ近くの人にはワキガがバレバレというケースも少なくありません。
鼻づまりがひどい方は自分の臭いに気づきにくいので、臭いがあるかもしれないと考えてみるべきです。
臭いに鈍感になってしまうことは、人間関係にも影響を与えてしまいます。
口呼吸をしている方にとっては、強烈な臭いさえもほとんど感じないことがあるからです。
ワキガ体質は不潔というレッテルを貼られてしまうこともあるため、早めに改善していく必要があります。
ワキとデリケートゾーンは毎日入浴して洗っていても、数時間後には臭っているというケースが少なくありません。
毎日入浴しているのだから仕方ないと自分では思っていても、理解してくれる人ばかりではないのです。
マナーやエチケットの問題として、臭いは極力消していく対策が必要でしょう。
ワキガを解消することで人間関係が好転し、仕事の成績が向上したり、新しい交友関係が構築されたりする話は少なくありません。

悪臭は人に不快な印象を与えてしまう

臭いというのはその人に対する評価基準の一つでもあり、強烈なワキガ臭を発している方に対する評価は必然的に低くなります。
どんなに人間性は完璧でも、臭いというのはそれだけ人に不快感を与えてしまうのです。
例えば営業職に従事する方だと、勤務中はカップラーメンを食べてはいけないというルールに縛られていることがあります。
カップラーメンは香辛料を豊富に使用し、他の食べ物より臭いが強いのが理由です。
食べ物すら制限されることがあるわけですから、それがワキガとなればなおさらです。
誰とも接触せずに生きていくなら自分の勝手が通用しますが、誰かと接する以上はそこに人間関係が生まれますから、マナーとして相手のことも考えなくてはいけません。
日本は高温多湿の環境から、汗をかきやすく体臭も強くなる傾向があります。
アポクリン汗腺が発達している人、発汗が多い人などは特に臭いに敏感になる必要があるでしょう。
自分では自覚をしていなくても、人間関係に悪影響を与えているケースは多々あるのです。
ばっちりとオシャレをしても、ワキガの臭いによって周囲への好印象が台無しになってしまうことはあります。
オシャレをするなら体臭を先に解決するべきだと周りは考えているかもしれません。
自分は大丈夫と前向きに考えるのはポジティブとは言えません。
自分が思っている以上に臭いが強いかもしれないと考え、予防対策しておく考え方がポジティブなのです。

ビジネスシーンにおける体臭は無臭がベスト

ビジネスシーンにおいてワキガ対策はマナーであり、普段から臭い管理を徹底しておくべきです。
家でもしっかりと臭い対策をしておけば、外出時も自然とできるようになります。
臭い管理を日常習慣の一部に組み込んでしまえば、何の抵抗もなく続けられるのです。
毎日歯を磨いたり、入浴したりする感覚で臭い対策ができれば理想的でしょう。
ビジネスシーンにおいては自分自身が履歴書のようなもので、ワキガ体質というだけで評価を大きく落としかねません。
強烈なワキガ臭を発している人に対して、ずっと一緒にいたいとは思わないでしょう。
よい香りは周囲によい影響を与えますが、悪い臭いは悪い影響を与えてしまうのです。
体臭を無臭にするのは難しいですが、無臭になるべく近づけるのが理想と言えるでしょう。
芳香というのは人によって好き嫌いがありますが、無臭だとそれがありません。
誰からも受け入れてもらえる状態が無臭であり、体臭も無臭にするのがベストなのです。
昔はワキガ対策用のアイテムがあまりなかったので、臭いが強くても周囲は大目に見てくれました。
しかし今は手術、ボトックス注射、高性能なデオドラントなどが登場しており、簡単にワキガ臭を解消できる時代なのです。
こうした便利な時代において強い体臭を発しているのは、面倒くさがり、横着な性格と捉えられてしまいかねません。
営業・接客の仕事がメインの方は、特にワキガ対策は徹底しておくべきでしょう。

どうやってワキガに気づけばよいのか

強烈なワキガだけど自覚していない方は意外と多く、無意識のうちに周囲に迷惑をかけているというケースはよくあります。
身近な恋人がいるなら、さりげなく聞いてみるのも手ですが、相手は遠慮をして大丈夫と言うかもしれません。
臭いの問題はデリケートですし、日本人は本音をあまり言わない傾向がありますから、大丈夫と言ってもらえてもそれが事実とは限りません。
夫婦になれば互いに言いたいことを言えるかもしれませんが、恋人の状況だと厳しいのが現実でしょう。
たとえ恋人がワキガを理解してくれても、何もしなくていいわけではありません。
恋人以外の人間とも接する以上、ワキガ解消はマナーと言えるでしょう。
人間関係は複雑に絡み合っているもので、恋人の両親や兄弟、親戚などと同席することもあるはずです。
そうした人たちが体臭を放置しておくことを理解してくれる保証はありません。
何より臭いは迷惑をかける行為は、今すぐに対策するのがマナーでありエチケットと言えるでしょう。
体臭が気にならなくなれば、周りに対して積極的に振る舞えるようになるものです。
自信が湧いてきて何事にもポジティブになり、自分の魅力を高めることにもつながります。
オシャレをしたりムダ毛処理をしたりすることも自分にとって大切でしょうが、それよりも優先順位が高いのがワキガ対策です。
ワキは顔から近い部位だけに、他の部位よりも圧倒的に臭いやすいという性質があります。
衣服の臭いをかいだり、ワキ汗を指でチェックしたりして、ワキガの診断から始めてみましょう。

ワキガは解消したほうが絶対に得

人間関係に影響を与えてしまうワキガは、絶対に解消するべきです。
周りは臭いに対して寛容な人ばかりではないですし、仕事においては成績に影響してくるケースもあります。
自分は大丈夫と決め付けることなく、周りに迷惑をかけている可能性があると考えてみることが大切です。
物事は自覚をしないと気づけないため、解決のしようもないのです。
消臭対策の発達している現在では、不快な体臭を発してしまう行為は自分勝手と思われかねません。
臭いに気づけないケースとして重度の鼻づまりがあるため、ここは解消していくべきでしょう。
臭いがわからないから無臭とは考えず、強烈な臭いを発している可能性もあると考えてみるべきです。
ビジネスシーンにおいては無臭が好まれるため、営業・接客を頻繁にする方ほど体臭に敏感になっておく必要があります。
自分と他人はモノサシが異なるので、自分は気にしないから他人もそうだと考えてはいけません。
体臭が原因で商談がまとまらないケースも実際にあるほど、臭いは周囲に影響を与えてしまうのです。
ワキガに気づくためには恋人にチェックしてもらうのも手ですが、事実を告げてくれないこともあるでしょう。
遠慮して本音を言えないという方もいますから、やはり自分で気づいて対策するのがベストなのです。
衣服が黄色くなっていないか、ワキ汗は多くないか、などを調べて判断していくのも手でしょう。
身体の中でも1位・2位を争うほど臭いが強い部位ですから、臭いには慎重になっておく必要があります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング