ワキガを自力でこっそりと治す、そんな方法はあるのか

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガを自力でこっそりと治す、そんな方法はあるのか

脇のにおいをかぐ男性と顔をしかめる男性

ワキガのメカニズムを知ったら自力で治す方法はないことが分かるでしょう。ただ、あきらめるのはまだ早いです。ワキガは治せなくてもワキガのあの刺激的なツンとした匂いを軽減することはできるのです。あの臭いさえなければ周りの人に知られることはありません。病院で本格的に無くすとすると外科手術で、保険適用となるため4万円程度の治療が必要に。傷跡が残りますし、痛みも伴います。何より、医師の技術力によってはワキガの原因を完全に取り除くことができず再発する危険性だってあるのです。た自力で治す方法であればお金はさほどかかりません。痛みもありません。日々の生活の中で可能です。

最も手軽な自力で治す方法がデオドラント剤。これならワキガ体質の方でなくても購入しているため恥ずかしい思いをする必要がありません。毎日付ける習慣にするのが大変なくらいでしょうか。
スーパーに売っているミョウバンを水で薄めて塗布してワキガ菌の繁殖を抑えたり制汗効果を狙う方法もあります。こちらも面倒でしょうが安く効果は高いです。
ワキガを悩む方が増えた背景には食の欧米化というのもあります。欧米人にはワキガの方が多く、デオドラント剤も普通に毎日のように使用しているのです。肉中心の高脂肪高たんぱくの食事になったと同時に臭いに対して敏感な日本人だからこそ悩んでいる方が多いのです。もう一度日本人らしい和食中心の食生活に変えてやるのもおすすめの自力で治す方法の一つです。

ワキガは体質・病気ではありません

臭いに敏感な日本人。夏場など脇の臭いにもしかしたらワキガになったのではと青くなった方も多いでしょう。ただ、そのほとんどは単に汗臭いだけという場合が多いです。特に太っている方など汗の量も多く臭くなりやすいですが、清潔に保ち、デオドラント剤などでごまかしながら生活するしかないでしょう。ワキガであればツンとした刺激臭がするので違いは分かるはずです。その臭いを探るには正直に話してくれるパートナーや両親などにかいでもらったり、自身で手の甲で脇の下をぬぐって、その臭いを嗅いでみるといいでしょう。
ワキガになる方には共通した汗腺というのがあり、それは遺伝によって引き継がれるものです。そのため体質や病気は原因ではありません。その汗腺を持っている以上はその汗腺を手術によって無くさない限りは治すことはできません。自力で治す方法を模索するかぎりは完全になくすことはできないのです。
ただ、親がワキガを持っているからといって100パーセント遺伝するとも限りません。それに、食事の内容や生活習慣によって臭いを抑えることはできる以上、たとえ遺伝していてもあきらめることなく自身で対策をしていきましょう。
どうしても、できるだけ汗をかかない方法を模索してしまいがちですが、運動をして古い汗を積極的に出すようにした方が、臭いが軽減されおすすめだったりします。日々の生活でくさい臭いを回りに気づかれない程度まで変えることはできるのです。

ワキガのメカニズムとは

ワキガの原因となる汗腺、それはアポクリン腺と言います。普通の人にはない汗腺です。脇だけではなく耳の裏や陰部にもあるため、そこが臭うという方もいます。アポクリン腺から出た汗は、汗の成分だけ出なく脂質やタンパク質・糖分・アンモニアといったさまざまな成分も含まれており、これらがワキガのあのにおいの原因となるのです。普通の汗と違い、その汗が乾いた部分を見ると服に黄色っぽいシミができているでしょう。また、耳にも汗腺がある方は湿った耳垢が見られます。
小さい頃にはまだその傾向は見られないものの、第二次性徴期を迎えるくらい、腋毛が生えてくるころになりアポクリン腺も一気に成長することから独特の臭いが出てくると言われています。ただ、最近は食生活の欧米化・身体の発達スピードが速まったことが原因で、低年齢化しており、子供の段階で臭いを発生させているという方も少なくはありません。

病院で手術する場合、このアポクリン腺を取り除くのです。ただ、少しでも残っているとまた再発します。100パーセント成功するというわけではなく、手術法によっては50パーセント以上という結構な確率で再発する可能性が。たとえ成功したとしても、しばらくは絶対安静の状態で仕事も家事もできず、痛みもあり、通常の生活に大きく影響をきたす大変なもの。それに、体臭がきつくなるなどの副作用が出る可能性もあり、もちろん費用もかかるしという状態なので決して手術がおすすめとは言い切れないのです。

でも臭いを抑える・消すことはできます

手術まで行かなくてもアポクリン腺があっても自力でワキガ臭を抑えることはできます。なぜなら、その臭いが問題とされるようになってきたのは最近のこと。昔の日本人は特に気にしていなかったからです。その背景が食事や生活の内容の変化なのです。
お野菜中心の和食を食べ、汗をかきながら日々仕事をしていた昔の人と比べ、現代人は肉料理がメイン。飲み会や外食の機会も多くこってりとした食事が中心です。お菓子やファストフードを口にする機会も多いです。仕事と言っても朝から晩まで快適な温度のオフィスの中でずっと座ってパソコン画面を見つめているだけです。夏場であっても冷え切ったオフィス内は汗をかくどころか寒くて長袖やひざ掛けが手放せません。
そんな生活だからこそ、発症している病気なのですから、まずは生活を見直すのが一番です。仕事の内容を変えるわけには行きませんが、運動をして汗をかいたり、できるだけ食事の内容を変えるようにするくらいはできるはずです。高いお金を出して危険性も高く再発率も高い手術に望むのもいいですが、まずは毎日の生活から見直しましょう。
ワキガ手術の大半は保険の適用がありません。同じような手術であっても適用されたりされなかったり。なので入院費とあわせて適用されるなら10万円から15万円程度、保険の適用がされない手術であれば30万円から50万円程度とかなり高額です。それだけのお金があればスポーツジムの年会費や和食作りのための材料費代は余裕で捻出できるでしょう。

気にしすぎないことも必要です

ワキガがクローズアップされ始めた背景には、日本人の潔癖すぎる性質もあります。デオドラント剤の種類も豊富で、さまざまな場面に使われる消臭剤もたくさん店頭に並んでいるでしょう。とにかく臭いに対して敏感だからこそ自身のニオイにも悩むことになるのです。アポクリン汗腺を持っているのは一部の方のみ。ほとんどの方は単なる汗の臭いです。汗にしてもワキガ臭にしても、しっかりと運動などによって古い汗を流してしまえば皮脂なども洗い流されて臭いが軽減されるのですが、それさえも躊躇する方が多いためどんどんくさい臭いの元は体内に蓄積されるばかりです。
どうしても手術でアポクリン汗腺を取り除いてしまいたいと考えるのであればそれもいいですが、メリットだけでなくデメリットについてもよく調べておくこと、経験豊富な信頼できる医師を見つけ出すことが大切です。手術方法についてもいろいろあり、それぞれに費用や保険の適用の有無・メリットデメリットは違います。

両親のどちらかがアポクリン汗腺を持っている場合は50パーセントの確率で、どちらもだと80パーセントの確率で遺伝します。とはいえ、両親も悩んでいたかもしれないので、決して攻めないことも必要です。
欧米人は多くの人がワキガを発症していますが、まったく気にすることなくデオドラント剤を振りかけながら元気に毎日を過ごしています。たとえワキガ体質であってもそうではなくても毎日を健康的に過ごしていればそれほどくさくなる心配はないのですから、臭いに対してストレスを溜めないようにしましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング