ワキガ手術の様々な方法と内容についての基礎知識とは

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガ手術の様々な方法と内容についての基礎知識とは

女の子二人

ワキガの問題を抱えている人は非常に多く存在しています。街のドラッグストアを覗いてみるとデオドラントグッズが非常に豊富に揃っている様子を見ることができます。多くの人が悩んでいる証拠であると言えるでしょう。しかしながらそのような症状を抱えている人の多くはこのような市販品を上手に活用することによって上手に付き合うことができます。しかしながらワキガを抱える人の中にはそのような市販品では上手にコントロールすることができない人も少なからず存在しており、治療を必要とする場合があるのです。
治療には様々な種類がありますが、重症例の場合には手術と呼ばれる方法で対処することもあります。最もスタンダードな方法としては脇の下を切開して直接的にワキガの原因となる汗を生み出す汗腺を除去すると言う内容の治療が行われるのです。このような治療法は症状が手術が必要と判断するにたる重症例であることに加え、医師が必要と判断した場合には健康保険の適用対象となります。その場合には他の方法に比べて安い金額で治療受けることができる場合もあるため、比較的行われる治療法として注目を集めています。しかしながらそのような方法にもデメリットが存在しており、数多く存在している治療法の中から、自分にもっと優しいと考えられるワキガの治療法を選択して治療受けることができるようになって来ています。それぞれの治療内容についてしっかりと理解し、自分に何がふさわしいのかについては徹底的に相談して選択することが重要となります。

医師が直接見ながら行うより確実な治療法

ワキガ手術にも様々な種類がありますが、直視下手術法と呼ばれる方法は効果が出る可能性がとても高いという点を特徴としています。具体的な内容としては切除法や剪除法と呼ばれる方法が知られています。このような治療法を採用している医療機関は多く存在しており、ワキガの問題が大きな問題に発展してるようなケースに対して適用されることがある治療法として知られています。
その具体的な内容としては脇の下を大きく切開して、医師が直接確認をしながらワキガの原因となるアポクリン腺を一つ一つ丁寧に物理的に除去していくと言う治療法です。このような内容の治療をすることにより、ワキガの原因となる汗を出す組織を取り除くことができますので、ワキガの症状ほぼ確実に抑制することができるのです。メリットとしては確実な効果を得ることができるという点が挙げられます。
一方デメリットとしては傷跡が大きくなってしまうと言う点にあります。直接目で見て丁寧に原因となるアポクリン腺を取り除くと言う作業するためには仕方のない部分であると言えるのです。このような治療するにあたっては、脇の下に目立つ傷を残してしまう可能性があると言うことを理解しておかなければなりません。しかしながら他の方法に比べて、ワキガに対する確実な効果を期待することができる手術として症状何とかしなければならないと強く思っている人にとって魅力的な治療技術となっているのです。身体へのダメージが比較的大きなものであると言う特徴もありますので、治療する際にはデメリットについてもしっかりと把握しておくことが大切です。

傷跡が小さくて済む治療法について

一般的なワキガ治療は、脇の下を大きく切開して医師の手で一つ一つアポクリン腺を除去することを目的としています。したがって確実な成果を期待することができるのです。しかしながらその最大のデメリットである大きな傷跡について抵抗感じる人は少なくありません。そこで考えられたのが皮膚を小さく切開し、そこからアポクリン線を書き出すと言う非直視下手術と呼ばれる方法です。
この方法の最大の特徴はワキガの原因となるアポクリン線などの感染を取り除くという点については直視下手術と同じですが、一つ一つの汗腺の状態を把握して除去するのではなく、小さな穴から入れた器具で掻き出すと言う方法を採用しています。このような内容の治療となりますので、小さな傷跡で大きな効果を期待することができるのです。
しかしながらこのような内容の手術ではワキガの原因となるアポクリン腺を100%確実に除去すると言う事は不可能です。直接目で見て確認することができませんので、確実な除去を約束できる治療技術では無いのです。このようなデメリットがある反面、脇の下に大きな傷跡を残さずに済むと言う特徴は大きなメリットであると言えるでしょう。特に女性が治療受ける場合には大きな傷跡を残してしまうことがデメリットとなる場合も少なくありません。このようなニーズにあわせて傷跡を小さくするというメリットを大きく評価する人もいるのです。確実ではないものの大きな成果を期待することができる治療である点は変わりません。

その他のワキガ治療の治療法について

ワキガ治療しようとする際に選択可能な治療法は何も手術ばかりではありません。手術の中には身体的なダメージを大きく追ってしまう種類のものも少なくありませんので、行わずに済むのであれば行わないほうが良いと考える医師も少なくないのです。
どのような方法が選択可能なのは比較的軽度な症例であるといえます例えば頃症例においては脇の下の量を抑えるための内服薬と言う選択肢も選択可能です。またはボトックス注射と呼ばれる注射を行うことで感染の働きを一時的に抑制することができるようになります。これらの治療法は効果が一時的であると言う特徴がありますので定期的に繰り返すことが求められます。しかしながら身体へのダメージは限りなく小さくすることができますので、脇の下を切開する種類の治療に比べると体に優しい選択肢であると考えることもできるのです。
あるいは超音波の力を活用して感染の機能を破壊すると言う間接的な治療技術も発達してきています。このような方法は非直視の治療に分類されますので症状の除去に対しては不確実性を残すことになります。しかしながらより手軽に高い効果を期待することができるという点と、消すことのできない傷を体に残さずに済むと言う点において大きなメリットが存在している方法であると考えられています。女性の中には自分の体に傷を残すないようにするためにこのような方法を好む傾向があることも近年の傾向として知られるようになってきました。

お勧めのワキガの治療法について

ワキガの治療については医師によって考え方が大きく違うのが特徴となっています。多くの人が希望するのは健康保険の適用対象となる手術である場合が多いのですが、このような選択肢を必ずしも推奨するものでは無いのです。健康な人体にメスを入れて汗腺を除去するということは、決して自然なことではありませんし、体に良い事でもありません。大切な体に消えることのない傷跡を残してしまうことになりますので、症状の程度によっては医師が必要と認めないケースも多いのです。特に女性の場合には後から後悔することになる場合も少なくありませんので、デメリットについては徹底的に説明をするのが一般的です。
健康保険の適用対象とならないワキガ治療の多くは、何かしらの形でデメリットに対応したものであるといえます。体にメスを入れずに治療することができる技術も数多く用意されており、お金はかかるものの身体へのダメージを最低限に抑えることができるという点を特徴としています。このような特徴があるということを十分にした上で、専門の医師の説明をしっかりと受けて理解し、自分にふさわしい選択肢を理解するようにしなければなりません。誰にとっても最良の治療法というものがあるわけではありませんので、その時々の状況で個別に判断するのが一般的な対応であるといえます。
一般的に治療費を準備することができるのであれば、脇の下を切開せずに済む治療法の中から治療法を選択するのがオススメされる方法であると考えられます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング