ワキガ体質の人はインナーの素材を選ぶ時もこだわりを

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガ体質の人はインナーの素材を選ぶ時もこだわりを

ランニングしている男性

ワキガはよく人から人へとうつると誤解されていますが、ワキガ自体は親からの遺伝であるため、ウイルスなどとは違って人から感染するということはありません。例えばワキガの人が着ていた服やタオルなどを共用した場合はそのにおいが一時的に体などについてしまうということはあります。ワキガも軽度から重度まであり、軽度であればこまめに汗をふくなど工夫をすることである程度のにおいレベルまで抑えることは可能です。最近ではワキガ体質向けの制汗剤なども効果が高いとして人気となっていますからそれらを併用すると共に素材を選ぶ時にはこだわってみるのがおすすめです。例えば同じインナーでも化学繊維タイプと天然素材タイプがあります。肌が弱い方が選ぶものは天然素材のものが多いのではないでしょうか。肌に優しく負担がかかりにくいからです。ワキガも体質ですから選ぶ時にはそういうふうに自分の体質にあったものを選ぶのが一番いいのです。それではワキガの人が選ぶべきインナーの素材とはどんなものなのでしょうか。これはもちろん天然素材のものだといえます。化学繊維のものは状況によっては非常に便利なのですが、ワキガ体質はたまにあるものではなく、常に感じているにおいがあるものですからインナーにはこだわっておいたほうが自分も気にならなくてすみますのでストレスが減ります。何枚か着心地の良いものを購入しておいて同じものをヘビーローテーションしないようにするのもコツです。

インナーには化学繊維のものは向かない

ワキガのにおいを抑えることができるインナーというのも存在しています。インナーの素材で注意したいのは化学繊維素材のものは避けたほうが無難です。化学繊維というのはポリエステル、ナイロン、ポリウレタン、アクリルなどの素材のものをいいます。最近では洗濯をして乾きやすいという点やしわになりにくいという点から特にポリエステル素材のインナーも多いですが、この素材のインナーはワキガのニオイを周囲にばらまいてしまう原因になりやすいのです。ワキガはその人のもともとの体臭によってもいろんなにおいに例えられます。ごぼうのようなにおい、鉛筆の芯のようなにおいなどかなり強烈な印象のものに例えられやすいですから、もちろんワキガ体質じゃない人もインナーの素材にこだわったほうが良いですが、においやすいワキガ体質の人は特に素材を選ぶ時にはこだわりを持っておくほうが良いでしょう。夏場は汗もかきやすいので汗対策をこまめにしますが、意外と同じく汗をかきやすい冬は対策を忘れやすいので気をつけたほうがいいです。何しろ冬は寒さ対策として何枚も重ね着する人が多く、その分だけ動いた時に汗をかきやすくなっています。しかし寒い季節なだけに出かけ先やオフィスなどでも暖房が入れられていますので重ね着状態では逆に暑く感じることもあるほどです。そういう時に化学繊維のものを着ていると汗を吸収しにくいですからにおいがそのまま外にもれてしまいがちなのです。

化学繊維のものより天然素材のものを

化学繊維のものよりは天然素材のものを選ぶのがおすすめです。天然ものといえば綿、木綿、ウール、シルクなどがあります。この中でも特に良いのは綿です。理由としては綿の服は市販のものでも多く、自分好みのものを選ぶという楽しみもありますし、費用も手頃なので数をそろえたい時にも良いです。そして何より肌にも負担がかかりにくいです。綿は通気性が良いので汗をかきにくくなるだけではなく、においを吸収するという性質があります。そのため化学繊維よりも外へにおいがもれてしまうのを予防する効果が期待できるのです。価格が安いものであれば何度も気軽に洗濯をして清潔に保っておくこともできますし、もし着倒してしまったとしても後悔せずに捨てることもできます。もし厚手のものを着るのであれば木綿でも良いでしょう。これらの素材は肌が弱い方でも安心して着ることができるので体質にこだわらずに工夫できるのが良いところです。服ですとカシミヤなども良いのですが、価格もそれなりにしますし、何度も気軽に手洗いできるものではありませんからやはりオシャレしたい時というこだわりの服になりがちです。ワキガ体質の人に向いているのは何度も洗濯できるようなもので通気性が良く、しかもにおいを吸収してくれるようなインナーです。ウールも天然のものではありますが汗じみなどもつきやすいですし、綿ほど気軽に着ることができるというものでもありませんからワキガの人にはあまり向いていません。

シルクは黄ばみがつきやすくNG

同じ天然のものでもシルクのインナーはあまりおすすめではありません。確かに着心地も良く、肌にも優しくて一般的には良いものだといえるのですが、ワキガ体質の人の特徴として服を着た時に直接触れているワキの下部分が黄ばんでくるというものがあるからです。特によく着るような服はワキの下がいつの間にか黄ばんでしまっているということが少なくありません。しかもこの黄ばみは一度ついてしまうと洗濯したくらいではとれないのです。しかもウール同様にシルクも毎日のように洗濯をするには不向きなものです。繊細なものなのでしょっちゅう洗濯しているとすぐに傷んでしまいます。なめらかな肌触りなのでワキの下に刺激を与えにくいことは確かです。しかしコストパフォーマンス面を考えるとやはりオススメといえるものではありません。デートや特別な日などにオシャレ着として着ていくくらいであればもちろん全く問題もないのですが、毎日着るような場合には枚数をそろえるのもなかなか大変です。例えばお子さんの場合、毎日遊んだりして汗をかきやすいですからシルクよりは綿のほうが洗いがえするという意味でも安心して着てもらえます。シルクは通気性が良く、しかも放湿性もあるので値段にこだわらないという方であれば枚数をいくつもそろえて同じものを着る回数を減らすことで黄ばみもできにくくすることができますし、着心地も良いので毎日着るのには良いでしょう。

消臭効果のある糸を使ったインナーもある

ワキガの方は手術をしたり、ボトックス注射、ミラドライなどの対策方法もありますのでそれらを行なうことでにおいを抑制することは可能です。しかし成長途中の子供さんの場合はアポクリン腺を取り除いてもまた再生してしまうことが考えられるので費用だけがかかってしまうことになりかねません。そのため、成長がある程度止まるまではインナーにこだわったり、ワキガ向けの制汗剤を使うなど工夫をすることが大事です。においがあると周囲にも気づかれますし、からかわれることもあるのでコンプレックスになってしまいがちです。しかしちょっとした工夫で十分ににおいは抑制できるのでやってみる価値はあります。インナーは綿がおすすめですが、最近では消臭効果がある糸を使って作られたものもありますのでそういうものを購入するというのも良いでしょう。消臭効果は半永久的であることから安心して着ることができます。なんと実験された結果、そのまま着続けても3日間は消臭効果が十分に発揮できるレベルだということがわかっています。ただし価格についてはやはり特殊な糸を使っているということもあって一般的なものよりもかなり高めです。半永久的な消臭効果ということなので初期投資だと思って何枚かそろえておくというのもありですが、価格が安く何枚でもそろえやすいという綿を購入するというのも気軽さという意味では良いです。毎日のことなのでどういったものが良いかいろいろ試してみるのがいいです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング