ワキガがあることで毛が濃い為に処理を考えている人は必見

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガがあることで毛が濃い為に処理を考えている人は必見

カルテを持つ医者

ワキガとは、アポクリン汗腺から出る汗によって、臭いが出る現象です。つまり、ワキガを治すにはこのアポクリン汗腺を処理するか、アポクリン汗腺から出る汗を少なくする事が大切になってきます。このアポクリン汗腺から汗が大量に出続けると、皮膚にとっては刺激が多い為に、当然皮膚を守る為に毛が増えてきます。これが、ワキガの人が毛が濃いと言われる主な理由です。それでは、ワキガを処理するまでにワキガのセルフチェックを行う事によって、どの程度のワキガなのかを判断し、その上で濃い状態をどう捉えるかが大切になってきます。なぜなら、濃いのは皮膚を守る為であり、皮膚が弱くなっていることを示している為に、安易に剃ることで防御力の弱い皮膚は負けてしまう可能性が高いからです。必要が無ければ濃くはなりません。そしてワキガは原因がなければ臭いません。ワキガの臭いの原因は主に飲食や運動量などによって起こります。元々運動量が少ない人であれば、成長時のホルモン分泌過多の場合を除いては、油ものや乳製品、味の濃いものを大量に摂取していないかを確認するのが一番必要な項目となります。どんなに処理をしたとしても、原因を改善しなければ、ワキガが治っても他の病気となってあらわれる事があるからです。油ものの摂取が多い人であれば胆のうや肝臓、そして膵臓などにも多くの負担をかけている可能性があります。当然ながら胃にも負担はかかっています。

毛の濃さとワキガの関係

毛の濃さとワキガの関係の簡単なメカニズムについてかきましたが、この関係は非常に重要なものです。身体の防御反応として毛が濃くなっている為、安易に除去してしまうと防御力が低下し、汗をかくと汗は肌に流れてしまいます。本来は毛で汗を止めることで肌に長時間付着する事を止めているのです。そうなると、皮膚にかゆみが現れ、かゆみを抑えるために薬を使うという悪循環が発生します。ワキガをなくそうとして、違う病気となってしまうというには、この肌とワキガと毛の関係にも言えることなのです。そうなると、やはりワキガの根本原因をつきとめる必要がありますし、処理には病院でのレーザー等によるアポクリン汗腺の除去か、摂取している飲食物を精査することによってコントロールしていくかの二通りの方法となります。手術やレーザーとなると、簡単にはできませんし、費用もかかる上に、予後の不安もあります。手術をしたからといって、ワキガが完全に無くなるかどうかも分かりません。そう考えると、先ずは摂取している飲食物を精査することから始める事が一番安全かつ簡単にできることになります。但し大きなストレスを抱えている人や不正な食習慣が根付いている人に取っては、この方法は簡単にはいきません。ここでは毛の濃さは関係ないように考えられますが、その濃さも臭いの発散には大きな役目をしていますので、これからの説明で充分に理解してください。

毛によるにおいの拡散

毛は皮膚を保護するだけでなく、汗を溜め込む事ができます。つまり臭いの元である汗がそこに停滞することで、持続的に臭いを拡散することができるのです。これが良い匂いであれば問題にならないだけでなく誰もが好む体質となるでしょうが、あくまでも味の濃いものや油もの、乳製品などの摂取によって現れた老廃物であれば、生理的な観点から嫌な臭いでなければなりません。その為、臭いが拡散するという事は、その人の身体に重大な異変が現れている事を危険信号として出している状態ですので、日常生活で困ることは少なく、自分自身は余り気にならなくても、なんらかの処理をして改善していかなければ将来的に様々な病気に罹患する可能性があるのです。毛が臭いを拡散させる事は間違いありませんが、それによって得られる情報はその人にとって大切なものであり、無視したり処理しないという訳にはいかないものであるのです。においが拡散されるという事は不快感が広まるという悪い面と危険情報の伝達という良い面と両面があることを忘れてはならず、この臭いを処理するということが、周囲の人の為にも自分の将来の為にも大変役立つことを知っておいてください。その為には先ず第一に自分の食生活を顧みる必要があり、食生活の改善によって少しでもにおいの拡散が少なくなれば、これだけ簡単で経済的にできる治療法はないのです。処理をする前にこの点は充分に考慮して下さい。

脱毛によって汗は増える

脱毛するという事は防御力を低くするという面と、汗を出して防御するという面とがあります。元来皮膚を保護する為に生えるものですから、保護するものがなければ分泌物によって体温調節や保護を行うことになります。つまり当然の事ながら汗が増えることになるのです。汗が増えればエクリン汗腺だけでなく、アポクリン汗腺からも出て来ます。本来、油ものや乳製品、味の濃いものを食べていなくても、このアポクリン汗腺から大量に汗が出てしまうと臭いも付随してきます。折角食生活を改善しても臭いは減らないことになるのです。その上、汗が増えることによって、体内から熱を出し、持っている元気を奪ってしまうので、結果として身体は冷えてきます。冷えてくると、油ものや乳製品、味の濃いもので熱を溜め込んだり、熱を作ろうとするのです。如何に悪循環となるかが分かるでしょう。簡単な方法ほど、目先の利益に走っていることに他なりません。どれだけ長い期間良い状態を作っていくかを考えていないと、結局のところ自分自身が損をすることになります。先ずは、食生活の改善が第一の課題ですが、その次にどのように処理していくかを真剣に考えていくことも大切な課題の1つなのです。どうしても処理したい場合は、身体が冷え込んでも油ものや乳製品、味の濃いものなどはできるだけ控え、汗をかきすぎる場合は身体を冷やさないようにする事が自分ができる最大の健康管理になります。

ワキガをどう処理するか

先ずはワキガと思われる人のチェック項目の1つとして、毛の濃さは目安になります。目安とした上で、処理するかどうかは、おおもとの原因となっている可能性が高い、食生活に目を向けることが大切です。そして、食生活に問題があれば、先ずは食生活を改善していきましょう。油もの、乳製品、味の濃いもの、甘いもの等はかなり注意して、管理する必要があります。この食生活の改善がある程度の期間できても、臭いが改善しない場合に初めてアポクリン汗腺と濃さについて考える必要性が出て来ます。先ずは、脇周囲の清潔さを保つ努力をし、発汗するような事は控え、それでもまだ臭いが解消しないようであれば、そこで手術やレーザー処理などを考えていく必要があるのです。それだけ重要視したものであれば、譬え時間がかかったり、費用がかかったりしても、臭いがなくなることで充分な成果を感じられるでしょう。しかしながら、安易に手術などを行うことによって、体内に潜んでいる将来的な病の可能性を無視してしまい、危険信号を消してしまうことにも成りかねないという事に最大限気を配る必要があるのです。においの処理というだけではなく、将来的な健康維持の可能性も含めて、これらの事を考える事ができれば、多少のにおいは個性として考えられる可能性も出て来ます。それだけ、重要な事ですので、改めてしっかりとチェックして対策を練り、満足出来る行動を取って下さい。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング