正しい膣内洗浄の洗い方。ワキガの正しい知識について

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

すそわきがの正しい膣内洗浄の仕方とデリケートゾーンの洗い方

考える女性

わきがはよく耳にしますが、すそわきがと言うのもあります。
わきがと同じようにデリケートゾーン、陰部の事ですね。その場所から臭いを発してしまうのが、すそわきがです。
自分では気付きにくいかもしれませんが、下着が汗で黄色くなる人は疑ってみても良いでしょう。
下着を自分で嗅いでみてもわかるとおもいます。
パートナーから言われたりすると辛いですよね。
臭いは人それぞれですが、玉ねぎのような臭いがしたり、納豆のような臭いがします。
とても蒸れやすい場所ですのでよけいに臭いを発してしまうのです。
すそわきがの人は、陰部のまわりをまず清潔にしておくことが大切です。
デリケートゾーン専用のせっけんを使うのもいいです。
そして膣内洗浄ですが、文字通りに膣の中を洗うわけです。
専門の場所でしてもらうこともできますが自分ですることも出来ます。
ただ、正しい洗い方をしないと、デリケートな場所ですから傷を付けたり、おりものの原因を作ってしまい、さらに臭いをひどくする場合があります。
膣内洗浄用の膣内洗浄器がありますので、それを使うことが大切です。
シャワーで強く洗ったり、きついせっけんで洗ったりするのはよくありません。
臭いを消そうとしてゴシゴシ洗いたくなるかもしれませんが、優しく洗うのが大切です。
膣内洗浄器も何度もして洗いすぎるのも、よくありません。
月に1回で十分です。
多くても月に2~3回に押さえて正しい使い方をすることが大切です。
粗悪な膣内洗浄器もあるので見極めることも大事です。

誤った膣内洗浄はキケン

すそわきがの臭いの対処法のひとつとして、膣内洗浄がありますが我流で誤った洗い方は危険です。
洗浄法を知らないままに、せっけんで洗ったり、お風呂でお湯を流し込んだりと、一度大丈夫だったから二度三度くりかえすのは、とても危険です。
膣内がただれたり、抵抗力がなくなって他の病気を招いたりする事があります。
間違えやすいのは、デリケートゾーン専用のせっけんは膣の中に入れるせっけんではないと言うことです。
きちんと専用の洗浄器で洗うことです。
膣の中は複雑ですので、傷が付きやすいです。
傷がつくと菌が増えて臭いを発したり、病気になってしまいます。
自宅用の洗浄器はだいたい使い捨てになっています。
使い捨てのものは、一度使ったら再度使わないことが大事です。
それこそ菌が増殖してしまいます。
菌が膣内でふえると子宮にまで入り込んでしまいます。
ボディソープでも同じです。洗浄するものだから安心なわけではありません。
ボディソープは体の表面を洗うものですから膣内にはきつすぎます。
膣内にいる大切な善玉菌まで洗いながしてしまいます。
善玉菌が無くなれば悪玉菌が増えて悪臭がするようになってしまいます。
それにともなって、おりものも増えて匂いはさらにひどくなってしまいます。

使い捨て洗浄器は精製水で大丈夫だからと思い、頻繁に使うのもよくありません。
強い殺菌効果はありませんが、精製水も膣内からすれば異物なのです。
正しい用法と回数をする事です。

間違った膣内洗浄のリスク

すそわきがと思った瞬間から悩むものですが、自宅で膣内洗浄をしすぎるのもよくありません。
まずは正しい洗い方を知るのが大事です。
間違った洗い方をしてしまえば、すそわきがの悩みだけで終わらないで他の病気を招いてしまう可能性もあります。

強い洗浄剤であらったり、膣内用でない洗浄剤を入れたり、我流で洗浄しないで正しい洗い方をする事が大切です。
使い捨ての洗浄器の水は精製水で強くありませんが、綺麗になった満足感で頻繁にすることもよくありません。
膣内の環境が変わってしまい、大切な善玉菌も消えて菌が増えたあとに精製水で洗っても殺菌効果はありません。
なので、臭いも、おりものが増えてどんどん酷くなるだけです。

すそわきがで悩んでいる人は、洗いたくて仕方ないかもしれませんが、月に1回~2回にしておくことが大事です。
精製水でも膣内にとっては100%良いものではありません。
おりものも膣内では正常で大切な役割もしています。
洗いすぎれば、元に戻そうとして大量のおりものがでるようになります。
そうなれば、下着を汚してしまうことになり、おりものも無臭ではありませんから臭いを発するようになります。
そしてまた洗ってしまう。悪循環になるわけです。
カンジタ膣炎を招く原因になることもあります。
カンジタ膣炎になってしまったら、かゆみや痛みを伴ったりして
とても不快になります。カンジタ膣炎は自宅で治療はできません。
専門のところへ抗生剤で治すしかありません。

すそわきがの正しい膣内洗浄

すそわきがでも、そうでなくても膣内洗浄を使用することが良いのですが、正しい使用をしないといけません。
デリケートな部分に異物を入れるわけですから、用法を守る事が大切です。

洗浄をするときは、まず手を清潔にすることが大事です。
手で膣内を洗わないことです。爪などで傷がついてしまいます。
専用の洗浄器を使うことが大切です。
使用頻度は月に2回までに抑えることです。
特に臭いがひどい時や生理の終わりかけや、交渉の前後などです。
使いすぎは膣内の善玉菌を消してしまい悪玉菌を増やしてしまいます。その結果臭いのもとになりがちな、おりものが増えてしまいます。
そうなれば臭いは強くなってしまいます。
悪玉菌が増えれば膣内の環境が変わってきて細菌に対する抵抗力がなくなり、もともと膣内にいるカンジタ菌が増殖してカンジタ菌の炎症がおきてしまう可能性があります。
使いすての洗浄剤は精製水のものとジェル状のものがありますが、最近はジェル状が人気のようです。
臭いも軽減させてくれます。くれぐれも使用回数は守る事が大事です。
使ったものを再度入れる事も厳禁です。

陰部を洗うときは、デリケートゾーン専用のソープで洗うか、弱酸性の石鹸で
優しく洗うことが大事です。
ゴシゴシと強く洗うのは良くないです。
陰部は中も外もデリケートな皮膚ですから優しく洗浄力の強いものは使用しないことが大切です。
汗が出やすい夏は、清浄綿がありますから外出先で拭くのも臭いを軽減そてくれます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング