彼氏や彼女がワキガの場合に、どうやって傷つけずに伝えるか

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

彼氏や彼女がワキガの場合に、どうやって傷つけずに伝えるか

抱きしめあう男女

恋人ができ、楽しい日々を過ごしている方もいるでしょう。自分が好きな相手と一緒に過ごせることは毎日が楽しく、時間が経つのも早いものです。性格、ルックスなど特に不満な点もない恋人であっても、ワキガの体質の場合には、ちょっと困ってしまうこともあるでしょう。相手のことは好きなのに、ワキガの臭いがかなり強烈な場合、なんとか相手にその臭いの状態を伝えたいと考える方もいるでしょう。しかし、あまりはっきりといってしまったら、関係が壊れてしまうこともあります。相手を傷つけずにどうやって伝えるのがいいのか悩みどころです。ワキガである以上、本人も臭いに関して気づいている可能性、また、自分と恋人の関係になる前にも、何らかの形でトラブル、もしくは周囲から指摘されていることも考えられます。またワキガだということを伝えることができず、周囲にいた人たちも自分と同じように、本人に傷つけずにどうやって伝えようかと悩み、結局はそのままの状態で本人が気づいていない場合も考えられます。
どちらかが判断つかない場合、どのみち、ワキガの状態では、自分と一緒に行動することが多い以上、やはりスルーするというわけにもいきません。どちらにせよ、きちんと相手にワキガのことを伝える、そしてできるだけ傷つけず、相手のためにもなるように伝えることが重要だといえるでしょう。ワキガだから、相手を傷つけてしまからと、気をまわしすぎて、結局行動にでられないような状況はよくありません。しっかりと相手に伝えることが大切です。

相手を傷つけずに伝えるにはまずはチェック

ワキガに関しては、それなりに臭いなどにより周囲に対してもかなりの影響がでてしまうこともあるため、本人がその自覚があるかどうかがとても大切です。ワキガという自覚がある場合には、できるだけ臭いを抑えるために、自分なりに対策をしていることもあります。汗をこまめにふき取っていたり、制汗剤などを使っている、また、外出から戻ったら、すぐにお風呂で汗や汚れを洗い流しているなど、それなりに行動にあらわれる場合もあります。また、周囲にいる人たちに対して、臭いで迷惑がかからないように行動していることもあるでしょう。また、ある程度、ワキガであることを周囲に最初から伝えておき、気を使っているそぶりをみせることもあります。そのような状況などから本人がワキガに対してしっかりと自覚しているかどうかを判断してみるのもいいでしょう。
まったく自覚がない場合には、そのような気使いや言動や行動をとっていないこともあります。そのような場合には、まだ周囲から指摘されていない可能性もあり、また、自分でも臭いがきつい、強いという意識を持っていないことも考えられます。ワキガであっても臭いが強い状態に鼻が慣れてしまうことで、本人が気づかないという可能性も考えられます。そのため、それなりに臭いが強いのに、自覚していないのはありえないと考えず、気づいていないならば、傷つけずにどうやって伝えるかをよく考えて本人に伝えましょう。

本人に自覚がある場合には

ワキガだと本人に自覚がある場合には、どうやって傷つけずに伝えるかは、それほど難しくないかのうせいがあります。本人に自覚があるということは、それなりに理解していると判断していいでしょう。そのため、自分と一緒に行動を共にしている時、また一緒に生活などをしている場合に、ワキガによって自分にもある程度影響があるので、できるだけ臭い対策をして欲しいということなどをできるだけソフトに、あまり直接的な言葉ででなく、傷つけずに相手に伝わるような言葉を選ぶことも大切です。
はっきりと臭い、寄るななどのような言動は避けるほうがいいでしょう。相手の立場に立ち、自分が言われたらショックを受けるような言葉は使わないことが大切です。相手を想い、どうやって伝えたら相手を傷つけずにうまくこの先もやっていけるのかを考えましょう。
本人に対して、好きな気持ち愛情は変わらない、でも、ある程度ワキガということを考えて、周囲に対しての臭い対策などをして欲しいということを伝えるといいでしょう。相手がワキガに対しての自覚がどの程度のものなのか、また、周囲に対して気遣っているかなどにもよりますが、その状況によっても、自分なりに言葉で相手に上手く伝えていくことが大切です。相手がショックを受けるような言葉などは極力使わず、へんに感情的、一方的な言い方はしないように、冷静に落ち着いて相手に伝えていくことも大切なことです。

本人に自覚がない場合には

本人がワキガであると自覚がない場合、これはかなり難しい状況です。相手がある程度自覚があれば、指摘を受けてもある程度素直に受け入れることも予測できます。しかし、自覚がない場合には、下手をするとケンカになったり、関係がこじれる原因にもなりかねません。ワキガであるということをうまく伝えることも大切ですが、言うタイミングというのもまた重要になってくるでしょう。いきなり、指摘されたらなんでいまさらそんなことを言うのだろうと思われたり、自覚がない場合には、なんでそんな嫌なことを言うのだろうと思われてしまうこともあります。
そのため本人に自覚がない場合には、かなり慎重に言葉を選ぶ必要もあります。また、直接的な言い方をして一気に自覚させることも一つの手段ではありますが、相手がショックを受ける可能性もあります。そのようなことは、こちらも望むことではありません。そのため、少し遠まわしな言い方をして少しずつ時間をかけて気づかせてあげるという方法も一つの手段です。
汗をかいた場合に、臭いを指摘せずに汗をこまめに拭くように助言したり、少し汗対策として制汗剤などを購入し、渡したり、少しでも脇を清潔な状態や汗をふき取る習慣を身につけさせるような行動をとり、少しずつ本人に自覚させていくことで、直接的に伝えずとも、ある程度臭い対策、そして周囲に対しても影響を抑えることになるでしょう。ある程度自覚が出てきた時点で、できるだけ相手を傷つけないように言葉を選び、ワキガだということを伝えていくことも大切です。

相手を思いやることが大切

ワキガであることをどうやって伝えるか、かなり悩んでしまう方もいるかもしれません。ですが、人との付き合い、また性格などは千差万別です。そのため、相手に対して伝えることはとても重要ですが、だからといって、伝える方法は一つではありません。相手と自分のつきあき方、性格、生活の状況などもみんな違いがあるということです。そのため、無理にこの方法でなければいけないということではありません。大切なのは相手を思いやることです。相手を傷つけるために、陥れるために伝えるわけではないので、自分なりに思ったこと、そして相手が傷ついて欲しくないということが相手に伝わることであれば、相手も自分の悩み、そして本人のことを想っての行動だと理解してくれるでしょう。相手のことを思いやり、その気持ちを伝えることが大切です。
ワキガだからといって、嫌いになったわけでもなくまた、別れるためにそのようなことを言ったのではないということが、相手が理解してくれることが重要です。相手がワキガに対して自覚症状がある場合、また、自覚症状がない場合では、こちらとしても、伝え方としては違いはあるかもしれません。ですが、相手のことを傷つけないために、言葉を選び相手に理解してもらうことで、こちらの気持ちを相手も理解してくれることでしょう。大切なことは愛情を持って相手に理解してもらい、自分達の関係が崩れないようにしていくことが大切です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング