糖質制限で発生するケトン体によるダイエット臭を抑えるためには

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

糖質制限で発生するケトン体によるダイエット臭を抑えるためには

脇にクリームを塗る女性

近年健康志向の高まりによって体型を正常にするダイエットが年齢性別問わずに広まりを見せていますが、そのダイエットの最新の方法として取り上げられているのが糖質制限です。糖質制限は砂糖などの多糖類や炭水化物などを抜いて、その代わりに筋肉を維持するために野菜やお肉や魚などを中心に食べ続けるダイエットのことです。糖質制限の仕組みは野菜やお肉を中心に食べることで空腹時のストレスを感じさせないようにして継続しやすい環境を作るとともに、体の中でケトン体を作り出しケトーシス状態を作り出します。ケトーシス状態を作り出すと、ケトン体が体の糖質不足を補うためにこれまで摂取していて溜まった血液中の糖分や皮下脂肪や内臓脂肪に作用しエネルギーに変えるのです。このエネルギーに変えるという部分をうまく作用させると体内の余分な糖質や脂肪が失われていくので体の体型が正常値にまで戻すことが可能となります。ケトーシス状態のメリットはそれだけでなく、体の体型が正常値にまで戻した後にダイエットをやめた後にも効果が持続することです。ケトーシス状態は糖質を再び取り始めた後も継続して肝臓から分泌され続けるので、摂取した後の炭水化物や多糖類による体にためることなくすぐにエネルギーにしてくれるのでリバウンドを未然に防いでくれるのです。これらのメリットから糖質制限を行うことが流行していますが、しかし糖質制限にはあるデメリットがありそれに悩まされる人が多いのです。

ダイエット臭とはケトン体が原因で起こる

ダイエットで起こる負担が少ないことで流行している糖質制限には一つだけデメリットがあり、そのデメリットというのがダイエット臭というものです。ダイエット臭とは糖質制限を行っている人が発する特有のにおいで、その匂いの特徴としては甘く酸味がある臭いとされていますが独特の臭いなのでスメルハラスメントとして周囲の人間を不快にさせてしまいます。なぜダイエット臭が起こるのかというと、それがこのダイエットの目的であるケトン体が原因なのです。ケトン体は体のエネルギー源となる脂肪や糖質が限りなく減っていると脳が判断すると、肝臓の酵素を変化させて作り出しそれを血管内に送り込むことで血液中の脂肪分や糖分そして皮下脂肪や内臓脂肪を燃やしてエネルギーにします。そして作り出されたケトン体は、その後血液中の水分と老廃物と一緒に流れて最終的には腎臓に送られて尿と一緒に排出されなくなります。ただケトン体は足りなくなった糖質や脂肪を補うために分泌されるので、糖質制限ダイエットだからといって急激になくしてしまうと脳がその変化についていけずに本来作り出す必要のない量を作り出し血管内に送り出してしまいます。必要のない量を血管内に送り出してしまうと、ケトン体が肺や腎臓そして毛穴の汗腺に大量に入り込むことによってケトン体の分解酵素の臭いとして先に言った甘酸っぱい異臭として広がってしまうのです。ケトン体が出ること自体は間違いではないのですが、ただ過剰に出てしまうのは体の負担を考えずに無理に行った代償といえます。

ダイエット臭を抑える方法その1

先に言ったとおりにダイエット臭がしてしまうのは、体の負担を考えずに無理なダイエットを行ったことで脳と肝臓が過剰に働きケトン体を作り出したからです。ダイエット臭の問題は自身で気づくことができるのが尿として排出した際の臭いでわかる程度で、それ以外の汗や吐く息からでは自身が臭いを発していることがわからないのです。そこで糖質制限のデメリットを解消するためにもいくつかあるダイエット臭を抑える方法を実践することが大事です。一つ目は体内から排出する流れを作り出すことです。糖質制限を行うと細胞が栄養不足となり、本来脂肪を燃やすだけでなく老廃物を外に排出する流れを行う代謝細胞も落ちてしまいます。それが臭いを発する原因の一つなので、代謝を落とし過ぎないように体を整えてあげることが大事です。そのためには代謝細胞が活発に動く睡眠を必ず十分に行うために、寝る前には入浴と軽い運動で睡眠に入りやすい状態にして排出しやすい流れを作り出します。そして代謝細胞の動きが悪くなると体にたまりやすいので、体にたまったケトン体を洗い流すために血液の流れの循環を意図的に良くするために1時間にコップ一杯分の水分を常に補給し続けることによって尿の排出を促すことで体にたまらないようにします。この終身とコップ一杯の水分補給を常に続けることによって、完全ではないにしてもある程度のダイエット臭を抑えこむことができます。

ダイエット臭を抑える方法その2

適度な水分補給と十分な睡眠をとることによる代謝の維持によってある程度のにおいを抑えることはできます。しかしこのダイエットをしている限りは避けられないことであり、臭いがあまりにもひどい場合には別の方法をとる必要があります。そもsも臭いがひどいのは体の負担が限界を超え始めている証拠であり、それ以上継続して行ってしまうと肝臓だけでなく全部の臓器に負担がかかってしまい健康のために行っていることが逆に病気の発症リスクを引き上げてしまいます。そこで臭いがあまりにもするような状態であれば、糖質制限の枠を少しだけ軽くすることを考えます。それは糖質制限は1日3食の糖質をすべて無くすことなのですが、その1日3食を朝ごはんだけパン一枚もしくは茶碗一杯分のご飯といった炭水化物を摂取するのです。炭水化物を摂取してしまうと太ってしまうという考えから糖質制限が広まったのですが、太ってしまうのは夕食の時間に取ってしまうと過剰に太るための物質働いてしまい脂肪に変換してしまいます。しかし朝ごはんに摂取すると同じく脂肪に変換する細胞が働いてしまいますが、1日のスケジュールで動き続ければ消費し切れてしまうため問題はないのです。そして朝ごはんにパン一枚もしくは茶碗一杯分の炭水化物を摂取することで過剰なエネルギー不足を減らすことにつながり、肝臓で作られるケトン体の過剰発生を抑えることでダイエット臭を抑えることができます。

糖質制限ダイエットを成功させるためには

糖質制限ダイエットに限らず、ダイエットは療法であるためどんな方法であってもある程度の体への負担は避けられないものです。しかしかかる負担があまりにも過剰にかかってしまうのは、そのダイエット法が体に合わずに限界を迎えている証拠なのです。ダイエットを行うことで限界を迎えてしまうと、先に言ったとおりに本来体の状態を健全にするために行っているはずが負担が臓器を攻撃してしまい逆に体にとって毒にもなってしまいます。ケトン体による過剰な臭いは肝臓が限界を迎えている証拠であり、その状態を放置すると臭いだけでなく糖質が減っているので疑似的な糖尿病と同じ症状を引き起こしてしまいます。その状態を避けるためにも、正確な方法を実践し体の負担が限界を迎えないようにすることが大事です。そのための方法は、体の中にたまらないように代謝細胞が活発に動く睡眠を必ず十分に行うために寝る前には入浴と軽い運動で睡眠に入りやすい状態にして排出しやすい流れを作り出し水分補給をしっかりと行います。そして臭いがひどい場合には、しっかりと朝だけでもパン一枚もしくは茶碗一杯分の炭水化物を摂取することで過剰なエネルギー不足を減らすことで限界を超えない範囲で継続が可能です。本来のダイエットは体にとって良いものであり、失敗をするのはダイエットの本質を間違えて行ってしまい過剰に行ってしまうことです。ケトン体による臭いは体が発する危険信号だと認知し、そのうえで適切な負担で乗り切ることが大事といえます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング