なぜ頭皮は汗をかきやすいのか?抑えるやり方とは何か

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

なぜ頭皮は汗をかきやすいのか?抑えるやり方とは何か

左腕をあげている女性

夏場などの暑い時期、激しい運動の直後などに滝のように頭から汗を流す人がよくいます。直射日光の下にいるだけで、頭皮の毛穴という毛穴から汗が流れ出る光景は夏場であればよく見かける光景です。頭皮の汗は様々なことに影響を及ぼします。例えば、女性の場合には頭皮から汗を流すことで化粧崩れの原因にもなってしまい、汗をかくたびに化粧を直さなくてはなりません。また、普段汗をかかないような人が頭皮から汗を流すと、汗の臭いが体臭となり、周囲にばらまくことにもつながります。

一方、頭皮の汗を放置してしまうと頭皮そのものに大きな影響を与えます。頭皮の肌環境が悪化し、炎症を起こしたり、汗が大量に出たことによるフケ、かゆみなどが発生したりしてしまうという問題です。このため、頭皮の汗を放置する、対策をとらないという行為は頭皮の肌環境を悪化させ、かぶれや炎症といった厄介なことになる可能性を秘めています。女性の場合には化粧崩れを防ぐため、肌が弱い人などは頭皮の肌環境をこれ以上悪化させないため、頭皮の汗を抑えることが求められます。

とはいえ、どれだけ汗をかけば異常なのか、本当に頭皮は汗をかきやすいのかなど、疑問に感じることはたくさんあります。頭皮の汗に関して色々と知ることで、その対策としてどのようなことをしていけばいいのか、どうすれば抑えられるのか、しっかりとした対策を今後とっていくことができるようになります。

本当に頭皮は汗をかきやすいのか

そもそも汗は毛穴から出るようになっています。汗はエクリン汗腺、アポクリン汗腺から出ることになり、体温調整などを兼ねています。特にアポクリン汗腺は毛穴から汗を排出するため、毛穴が多ければ多いほどどんどん排出されます。頭皮は毛穴が多いため、それだけかくことも多くなります。このため、元々頭皮は汗をかきやすいということがわかります。頭皮の他には、背中などもかきやすく、やはり毛穴が多いのが理由とされています。

夏場に帽子を被ると頭が蒸れるとよく言われますが、汗をかきやすいため、すぐに熱がこもりやすくなり、高温多湿の中に頭皮をさらし続けることになっていきます。すると、かぶれやすくなったり、炎症を起こしやすくなったりするため注意が必要です。また、汗腺が衰えていることで頭皮から温度調整をしないといけないという問題もあります。最近だとお風呂に入らずシャワーで済ませてしまうという人も多くいます。体全体が温まらず、新陳代謝も悪くなっており、運動を久しぶりにしたとしてもそうした習慣がないため、なかなか体から出てこず、仕方なく頭皮や顔から出てくるということになりがちです。そして、久しぶりに出したことで、粘り気のあるものが出やすく、それが臭いにつながり、体臭へとつながります。こうしたものを頭皮から出していた場合には頭皮のトラブルにもなりやすいことから、頭皮に多くの汗をかかせないようにすることが大事です。

汗が大量に出てきたら病気なのか

人によってはほとんど汗をかかない人、すぐに噴き出る人など様々です。新陳代謝の違いと言われており、新陳代謝がいいので多くの汗をかく、新陳代謝が悪いのでかかない、かく時には頭皮や顔からということがあるために、結果として頭皮から大量に噴き出すということがあります。この量が大量に出てきた場合、それは何らかの病気なのかどうか、知っておきたいところです。

量が多すぎる状態を多汗症と言いますが、全身がそうなのか、それとも局所的にそうなのかが問題になります。頭皮でだけ大量に書く場合を頭皮多汗症と言います。交感神経が過敏に反応することで発生し、ストレスなどとも因果関係があるとされています。例えば、緊張した場面などで額から汗がたくさん出てくる人がいますが、精神的なことを理由にしても出てくることはあります。過度なストレスや新陳代謝の悪さなど複合的な理由によってそうなってしまうことがあることから、ストレスを解消する、新陳代謝をよくしていくということを考えていかなければなりません。

また、女性の場合はホルモンバランスが崩れていることも原因であるとされています。更年期を迎え、急に体がほてり出したという場合に頭皮などから大量に出てくるということもよくある話です。いずれにせよ、大量に出てくる場合は何らかのバランスが崩れていることは明らかです。抑えるにしても、これらのバランスを整えていくことが大事です。

舞妓さんの知恵を応用するやり方

化粧が崩れるといちいち直さないといけないから夏場は大変という女性がほとんどですが、最も困っているであろう人たちが舞妓さんです。舞妓さんは半袖半ズボンのような格好で仕事をするわけにはいきません。着物を着て、白粉を塗って、仕事をする必要があります。汗をかいてしまうと、化粧が崩れてしまい大変です。そのため、舞妓さんは事前に対策を立てています。それが物理的に胸の上を圧迫して流れないようにするというものです。帯のひもを脇の下、胸の上ぐらいにきつく巻いておくことで抑えることができるというものです。これを応用すれば、物理的に抑えることが可能となります。

また、首の後ろを冷やすというのも1つのアイデアです。体が熱い、火照ってるからこそダラダラと流れてきます。体さえ冷やしてしまえば抑えることはできるようになります。夏場などはペットボトルを凍らせて、それを首の後ろに当ててしまえば抑えることにつながり、体を冷やし、熱中症対策にもなるなど、一挙両得のアイデアです。そして、ツボを押すことで抑えることもできます。手のひらにある労宮と呼ばれるツボは自律神経を整えさせる効果があり、復溜と呼ばれるくるぶしの内側にあるツボは自律神経のストレス対策に効果を発揮します。こうした物理的な作戦を持って、頭皮のそれに立ち向かっていくことが大切であり、どうしても抑えるという場合にはぜひともやっておきたい作戦です。

自律神経を整え、習慣を見直す

あくまで一時的に抑えるための方策として、舞妓さんが普段やっているやり方や凍らせたペットボトルを首に当てるなどのことをしていくことになりますが、長期的に見て、原因である自律神経の乱れ、ホルモンバランスの改善をしていくことが大事になります。また、運動を普段から行い、体温調節機能を整えていくということも大変重要です。

交感神経を抑えるためには腹式呼吸が必要です。人間は息を吐くときに副交感神経が優位になります。そのため、息を吸う時間よりも吐く時間を意識して長く吐いていくということを心がけると交感神経優位から改善されます。これを最初のうちは意識的に行い、それを習慣にしていくことが大事です。ホルモンバランスが崩れ、かきやすい場合は男性ホルモンが優位であることが言われています。更年期障害の治療をしている場合には女性ホルモンが優位になるようにしていくということも必要になり、食生活で改善していくことが大切です。

また、ストレスをためこまない、精神的な影響があってもそれがダイレクトに負担にならないようにするということも大事です。ストレス発散方法として、お酒を飲む、辛い物を食べる、肉を食べるなどをする人がいますが、結局は熱を生成し、調節のために汗を出さなくてはならず、かきやすい状態が続いてしまいます。運動を行ってストレス発散をすれば、体温調節機能を改善させることにもなるため、おすすめです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング