女性用デオドラントクリームの各社商品の特徴と有用成分

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

女性用デオドラントクリームの各社商品の特徴と有用成分

臭いをかぐ犬

汗を巡るトラブルは気温が高くなる春以降に考えれば十分と思われがちですが、実は季節を問わず汗の臭い対策に気を付ける必要があります。冬場は気温が低いので重ね着で寒さに備えますが、過剰な重ね着は少々の動作で汗ばみがちです。通勤電車やオフィスは暖房がされていることもあって、暑さすら覚えることもあります。冬の衣類は通気性が悪いので、汗や臭いが内部に篭ることになります。脇のしたなど臭いが出やすい場所では細菌類が繁殖しやすい環境になってしまっているのです。
臭い対策の基本は肌を清潔に保つことです。安易に考えてごしごし洗いすぎると逆に臭いが出やすい皮膚になってしまうのです。必要以上に皮脂が流されると皮膚のバリア機能が低下し、老廃物の臭いが放出され易くなるからです。
さらに冬場になると寒さのために運動を敬遠しがちですが、運動不足は臭いの元になります。汗腺の活動が鈍っているので、臭いのもとになるべたついた汗が分泌されやすくなるためです。
汗の臭いやワキガ対策は気温の高い夏に限らず、冬であっても積極的に考える必要があります。
ワキガ対策のデオドラントにはいくつか種類があります。気軽なのはスプレータイプ、フルーティーな香りを添加しているもの多く瞬時に効果は出ますが持続性に劣ります。ジェルタイプは特に夏場では爽快感を感じさせる特徴があったりしますがべたつくことがあります。クリームタイプのデオドラントは、適量を万遍なく塗布できるので効果の持続性と浸透性に優れています。以下では女性向けのデオドラントとその特徴をいくつか紹介しながら、最適の使用法やワキガ等の臭い対策を考えてみたいと考えます。

クリアネオ配合成分と特徴

クリアネオとは殺菌成分と制汗成分をバランスよく配合したクリーム型デオドラントで、ワキガだけでなく足の臭いにも効能を発揮するのが特徴です。ワキガの原因は雑菌繁殖と臭いの元になる汗が原因です。汗を出すのが汗腺ですが、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。臭いの元になる粘つく汗を分泌するのがアポクリン腺です。アポクリン腺は脇の下に多く分布しているため、臭いを放つ細菌が脇で繁殖しワキガとなるわけです。他方足の臭いの元になる汗はエクリン腺から分泌されますが、足裏は靴で密閉されているので皮脂や角質をえさにする細菌が繁殖し臭いを発生させます。特に女性は冬場はブーツなど着用する機会も多く一層蒸れやすい環境にあります。
いずれにせよ臭いの原因は汗と菌であることは共通しているので、汗と菌への対策が重要になります。
クリアネオクリームは、殺菌成分としてイソプロプロメチルフェニール、制汗成分としてパラフェノールスルホン酸亜鉛を配合します。さらに制汗作用がある柿渋エキスを含む天然植物由来エキスを7種類も配合しています。パラベンや鉱物油などは無添加・無香料なので皮膚が敏感な女性も安心して使えます。
独自に第三者機関により3つの厳格な安全性試験を行い、客観的データを下に専門家により安全性があるとの結論を得ています。試用してみても効果を実感できない場合には、無期限で全額返金してくれます。
手術も考えたほどのひどいワキガもこのデオドラントクリームを使ったところ劇的に改善した、効かなければ返金と半信半疑で試用したら臭いが改善したなどの声が寄せられています。

ラポマインの配合成分と特徴

ラポマインは保湿性と使用感にこだわり、肌の外見にも有用な成分を配合したデオドラントクリームです。
このデオドラントは通常は制汗と殺菌に着目して有用成分の配合がされていますが、違った視点からワキガへの配合成分を決定した点に特徴があります。ワキガは汗腺が分泌する皮脂などを常在菌が分解して臭いを放つ構造なので制汗と殺菌の両者の作用ばかりが追求されがちです。しかし過度に強力な殺菌成分や制汗成分は肌のダメージとなり乾燥につながります。乾燥は皮膚のバリア機能を損なうので生理的な皮膚の防御反応として汗や皮脂が分泌されることになります。そうなると臭いの原因菌が増殖し、においの原因となります。
ラポマインはこの乾燥による悪循環を阻止するために、保湿の重要性に着目しました。制汗、殺菌と保湿の3つのケアを集約したデオドラントなのです。
保湿のため厳選された21種類の植物由来保湿成分を配合し、有用成分が皮膚に浸透し内側から潤いを与え、肌のダメージを回復させます。またニオイ対策に柿渋エキスを配合し、原因菌自体のニオイを除去します。ラポマインは使用感にも拘りました。伸びが良く、服にシミをつけたりせず、保湿性に拘るのですぐに乾燥したりはしません。毎日使うものだからこそ快適な使用感を実現させています。
ワキをきれいに見せる女性には嬉しい成分も配合されています。イソフラボンは抑毛作用、カモミラエキスは皮膚の黒ずみにケアします。

デオドラントのメリットとデメリット

デオドラントクリームは以上で見てきたように各製品にはそれぞれの独自な成分配合なので、どのような作用を重視するのか、その観点からチョイスすることが必要です。どれを使うにせよメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。いくつかの視点から両者を考えてみましょう。
クリームの効果の持続性から見たメリットとデメリットはどうでしょう。ワキガ対策としては手術で根治させることも考えられます。デオドラントクリームは毎日塗らなければ効果は持続しません。効果の持続性では手術には叶いませんが、当然高額の費用負担と身体的負担も伴います。経済性ではメリットがありますが、持続性では日々使用が必要な点はデメリットと言えます。
通販購入によることのメリットとデメリットについては、出来れば家族にばれずに届けて欲しいところ。こと女性にとって、臭い対策をしている事実は出来れば誰にも知られたくないところです。店舗で購入する手間は不要な点はメリットですが、配達の過程で第三者に知られてしまうデメリットはあります。対策としてはプライバシー保持に信頼できる商品を選択しましょう。またチューブや容器のデザインも注目しましょう。一見して美容液やハンドクリームと見まがうデザインのものならばれることはありません。
通販では店頭販売のように実際に確認しないまま購入することになります。通販の場合、店頭購入のように自分の目で商品を確認できないデメリットがあります。仮に購入しても期待通りの効果を得られるか不安、と言う方は商品保証制度があるものを選びましょう。長く返金保証制度を実施している商品ほどメーカーが自信を持っている証拠と言えるからです。

デオドラントクリームで汗トラブルに対処

私たちの生活は春夏秋冬、汗トラブルに遭遇しやすい環境の中にあります。ワキガなどの臭いトラブルを抱えている人はデオドラントを積極的に使用することが有用です。汗の臭いは他人には分かっていても、自分ひとりが臭いに気づかずに送っている可能性があるからです。スメハラなどという言葉が最近語られるようになりましたが、他人からはなかなか指摘するのは難しい問題であるだけに、他人に気づかれるより先に臭い対策をしておくことが重要です。ことに女性の場合服装的に体のあちこちが部分的に通気性が悪くなることが、間々あります。デオドラントクリームを効果的に使用して臭いの元にケアしてください。
また生活全般を見直して汗をかかない、空気を篭らせないようにするよう挙措動作を見直しましょう。
寒ければさらに服を着ましょう。寒冷にさらすと皮膚が乾燥し、皮膚のバリア機能が低下し皮膚トラブルの元になります。暑ければ脱ぎましょう。暖房の効いたオフィスでは少し薄着くらいを心がけて、必要に応じて羽織ることの出来る上着などを用意しておけば蒸れたり、大量の汗も防げます。
各種のデオドラントクリームの紹介をしてきましたが、各商品には独自のこだわりが見られますが、いずれも効果を実感している使用者に支持されています。口コミなどから見て、自分の生活環境や症状が似ている人の声を探すなどして、自分に合ったデオドラントクリームを選択すれば満足を実感出来るでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング