乳首の臭いから疑われるちちが。ワキガについて詳しくなろう!

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

乳首から発生する気になる臭いちちがとは何かとその特徴

口にバツの紙をあてる女性

腋に発生する臭いは、一般的にワキガとして知られていますが、実は乳首にもちちがという症状があります。
この部位は腋と同じく、汗腺であるアポクリン腺が集中しているので、胸に発生するワキガ、つまりちちがになる可能性があるといえます。
また、臭いが特徴的ですから、本人が不意に臭気を感じた場合は、周囲にも臭気が広がっていると考えられます。
ちちがの理解を深めたり、対処法を知る為にはまず、特徴的な臭気や発生する部位を特定してから、効果的に対応することが大切です。
体臭自体がちちがとは限らないので、一つずつ特徴のチェックをして、一致する項目からちちがの判断を行うことがポイントです。
念入りに洗っても翌日には気になったり、ワキガのような刺激臭を感じる時は、ちちがの疑いが濃厚になります。
本当にちちがなのかを確認する為にも、位置や臭いの特徴を把握することが、体臭に対応する第一歩になるでしょう。
わきがは幅広く認知されていますが、乳首に発生するちちがはまだ、認知の割り合いが低いと考えざるを得ません。
しかし、少しずつ知られるようになり、ちちがの対処法も増えていますから、臭う気がしても断定せず、仮にちちがでも諦めないことが肝心です。
ちちが自体は、誰にでも発生する可能性が存在するので、今は何ともなくても他人事だとは思わない必要があります。
そして、ちちがに気が付いたら直ぐに対応出来るよう、事前に特徴を細かく把握しておくことがおすすめです。

ちちがは乳首に発生するワキガ

ちちがとは、乳首から臭気が発生する、乳首のワキガといわれています。
正確には、乳輪が主な臭いの発生源となるので、乳首だけから臭うわけではありません。
ワキガであれば、誰もが臭いを想像出来ますし、強烈で近寄りがたいことがイメージ可能です。
所が、ちちがというと認知が不十分なので、想像力がちちがに追いつかないことがあります。
ちちがとワキガと共通するのは、アポクリン腺が集中していたり、蒸れやすく雑菌が増殖しやすい二点です。
更に、遺伝的な性質を備えていますから、実は親もちちがの特徴を持っている場合があります。
ワキガと同様に、ちちがも人によって程度が違うので、強烈な臭気が発生するとは限りませんし、本人が気が付いていないことも珍しくありません。
反対に、他人の方が臭気に気が付いている場合もありますから、特徴を知って臭いの有無を確認することが重要です。
臭いを感じたとしても焦らず、まずは普通の体臭か否かを確認して、特徴から判断すると良いでしょう。
ワキガ体質を持っている人は、発症リスクが高めに出るので、その点を踏まえて項目をチェックすると効果的に判断出来ます。
臭気は蒸れやすい時期、特に夏場に発生しやすく、時間と共に雑菌が増えることで、結果的に体臭へと結び付くのが特徴です。
清潔を心掛ける人で、あまり汗をかかなければ、気になる特徴的な臭気が発生するリスクは減ります。
逆に、お風呂に入る回数が少なかったり、汗っかきで蒸れやすい場合は、強い体臭を発するリスクとなるので注意が必要です。

乳首に発生するからこその問題

乳首は通常、日常的に人に見せることはなく、本人が目にしたり確認する機会も限られます。
日頃は、細かく確認したりチェックされることが殆どないので、ちちがを患っていても気が付かない、あるいは気が付かれないこともあります。
腋が臭う場合は、腋を閉じて過ごせば、周囲に拡散する体臭を減らすことが出来ます。
一方の乳首は、臭いが発生しても隠したり減らすことが困難なので、無防備になりやすいことが問題の一つです。
臭いが正面を向いた時に前面から発生する、これもちちが特有の特徴で、他人と対面するのに苦手意識を感じる切っ掛けとなります。
中でも女性は、下着で胸を覆っていますから、男性よりも蒸れやすい状況で、多くのリスクを背負っているといえるでしょう。
下着に覆われているので、臭いが発生しても気が付かれることはない、そう考えられる傾向があります。
実際の所は、ワキガと同じく特徴的で強烈な臭気がありますし、繊維の隙間を通って拡散するので、周囲の人の鼻に届けば体臭と認識されます。
体を洗う時、腋であれば皮膚に厚みがあるので、多少強く洗っても大丈夫と思われがちです。
乳首の場合は腋よりも繊細ですから、どの程度の力で洗って良いのか、どのようにケアするのが最善かと悩みの種になります。
認知度の低さと相まって、対処法が分かりにくい問題点もありますから、臭気に気が付いた人は一人で悩んでしまうことが少なくありません。
腋なら鼻を近付けて確認出来ますが、胸となれば直接嗅ぐのは困難なので、この点は対応が遅れる原因となっています。

ワキガと似ている特徴的な臭い

ちちがの臭気は、ワキガを発生させるアポクリン腺特有の特徴が共通しています。
ワキガの場合は、玉ねぎのような特徴があって、鉛筆のような臭い、鼻をつんざくかのような刺激臭と形容されます。
乳首も同様に、遠く離れていても気が付きやすく、近付く程に感じる刺激が強くなり、一度嗅いだら忘れられない印象を残します。
ワキガに比べ、ちちがは臭気が発生する面積が小さいので、初期の頃は体臭に紛れやすく、本人も気が付かないことがあります。
でもそれは、症状が進行する恐れを秘めますし、知らず知らずの内に臭気が強くなって、本人よりも周囲が気にするようになります。
ワキガを嗅いだことがある人は、臭気が記憶にインプットされているので、症状の発症に比較的気が付きやすいと考えられるでしょう。
日頃からチェックしたい時は、入浴やシャワー前に鼻を近付けて、乳首からワキガ臭がしないか確認するのが理想的です。
もう一つの方法としては、乳首を指で軽く擦り付け、指に付いた臭いを嗅ぐやり方もあります。
臭気を発するアポクリン腺は、接触する物に臭気を移すので、このようにしても確認することが出来ます。
ワキガの場合も、指で触れば臭いが付きますから、乳首も同じくチェックすることが可能となります。
長く着用した下着は、体臭が蓄積しているので、これを嗅いで確認するのもありでしょう。
下着であれば、客観的な確認が容易に行えるので、周囲から臭気がどう感じられているのか分かります。

ワキガをヒントに体臭を確認することが大切

腋の臭気は、自身のものだけではなく、他人の体臭も案外知っているものです。
他人の臭気の中には、少なからずワキガも混じっているので、人生の中で最低一度はワキガ臭を嗅いだことがあるはずです。
刺激臭を含む強烈な体臭は、意識しなくても気が付けるものなので、ちちがであれば直感的に分かる可能性があります。
勿論、思い込んで悩むのは間違いですから、正確な判断を行いたい場合は、医者の診断を受けることが不可欠です。
それでも、臭気が刺激的なものかどうかは、直感的に気が付いてしまうものなので、体臭の程度を判断する基準を知っている人なら直ぐに分かるでしょう。
臭気の発生部位はごく一部で、腋に比べれば限定的ですが、他人と向かい合った時、顔の近くに位置するのが難点です。
体臭を隠そうにも、腋のように閉じてやり過ごすことは不可能なので、日頃からのケアが重要になります。
下着は毎日取り替えることが基本で、洗濯は除菌消臭を前提に行うことが欠かせません。
体は洗浄剤を泡立てて洗いますが、強く擦ると皮膚が傷付くので、優しく包み込むように洗うのが最善です。
とはいっても、時間が経つと体臭は次第に復活しますから、洗浄後は刺激の少ないデオドラント剤を付けて、臭気の軽減を図るのも良い方法です。
耳垢が湿っていたり、下着に汗ジミが付きやすい人は、遺伝的なワキガ体質を持っています。
腋から体臭が臭うことがある場合は、ワキガの発症が疑われるので、特有の刺激臭を感じないか、同時に胸のあたりも確認することをおすすめします。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング