ちちがの臭いがセックスでうつるという疑問について

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ちちがの臭いがセックスによってうつる疑いとその答え

セクシーな女性

乳首と周囲に発生するちちがは、腋が臭うワキガと同じく、汗腺が臭いを発生させています。
例えば、ワキガは病気ではなく体臭なので、遺伝性のある体質的な問題と捉えることが出来ます。
一方のちちがも、病気というより体質と考えられていますから、セックスで臭気を発生する体質がうつる心配は無用です。
ただ、セックスで体が密着する場合は、接触によって一時的に臭気がうつることはあり得るので、その点に注意する必要があります。
大切なのは、ちちがに関する正しい知識を身につけ、臭いに効果的な対処をしつつ、自信を持ってセックスを行うことです。
体の臭気に悩み、セックスが怖くなってしまっては、大切な二人の間柄に影響が発生します。
まずは、ちちがが病気でないことを認識し、そして具体的にどう対処するか考えるステップが肝心です。
ちちががセックスによってうつるか否か、この疑問の答えは半分が間違いで、もう半分は正解だと答えることが出来ます。
全く知識がないと、特徴的な体臭は怖い病気のように思われますが、実は恐れる必要のない対処可能な体質です。
根拠なくちちがはうつると考えるのは、症状に悩む本人は勿論、パートナーにとっても傷付ける原因となります。
ちちがの臭気は独特なので、うつってしまったらどうしようと悩んだり、臭気がうつって消えなくなってはと、苦痛に苛まれるのはある意味で必然的です。
しかし、ちちがは病気ではありませんから、日常的な対処次第で、臭いがセックスでうつる悩みを晴らすことが可能です。

ちちがは病気ではなく体質が原因

ちちがの病気説は、物心がついてから突然症状が現れることに加えて、体を良く洗っても臭いの問題が解決しないことが、疑念を産んでいる切っ掛けとして挙げられます。
実際の所、ちちがは病気とは認められていないので、病院に行っても完治出来る薬が処方されることはありません。
ちちがと診断された上で、処方される薬があるとしたら、それは対症療法的な塗り薬に留まります。
当然ながら、医者にちちがの知識があることが前提ですし、薬が常備されていることも処方の条件です。
これらの条件が満たされている場合は、患部の診察が行なわれ、臭いの強さによってちちがかどうか判断されます。
医者が処方する塗り薬はいわば、デオドラントの一種に分類されるので、結果的に対症療法的な処方に留まります。
この症状の原因は、過剰に発達した汗腺が問題で、少量の汗でも臭気生み出す患部にあります。
胸や腋に集中するアポクリン汗腺は、全身に分布するエクリン汗腺とは違い、細菌が好む成分を含んだ汗を出すのが特徴です。
アポクリン汗腺から出た汗は、細菌によって分解され、その後臭いとなって臭気を発するようになります。
念入りに洗っても時間が経つと臭いが復活する理由は、まさにここにあります。
臭気を強めている原因としては、衣服に付着した汚れが洗濯で落としきれていなかったり、汗が乾かず空気がこもっているケースも加わります。
患部の根本的な問題に加え、間接的な対処も並行して行うことで、臭気の悩みを軽減することが出来ます。

体質はうつらなくても臭いはうつる

ちちが自体は、感染症のようにうつることはありませんから、体がどれだけ密着しても恐れる心配はありません。
所が、アポクリン汗腺から出た汗自体は、肌の密着によってうつるので、その臭いが暫く残ることはあり得ます。
自らちちがだと自覚がある場合は、セックス前に石鹸で患部を良く洗って、泡を洗い流してから乾燥させると効果的です。
臭気は時間と共に復活するので、体を洗うのはセックスの直前が好ましく、密着する行為も長時間には及ばないことがヒントとなります。
どうしても長く密着したい時は、行為の合間に一度休憩を挟んで、可能であればもう一度体を洗ったり、汗拭き用のデオドラントを使用すると良いでしょう。
相手が理解してくれれば、休憩を挟んだケアは決して失礼な行為にはあたりませんし、むしろ臭いがうつる心配が減りますから、協力し合いながら納得の解決法を探ることが大切です。
特に注意が必要なのは臭気が強まる汗なので、相手のことを気遣うなら、胸を相手に密着させないのが無難です。
ただし、セックス中は行為に夢中になったり、密着したくなることはあるので、あまり気にし過ぎないことも重要です。
ポイントは、ちちがを正しく理解した上での認識と、正確な認識に基づいた相手との付き合い、つまりセックスの取り組み方にあります。
衣服や下着に付着した汗は、時間と共に臭気を発生させますが、洗濯を行なえば原因を取り除くことが出来ます。
それでも、単に洗っただけでは再び臭気が発生してしまうこともありますから、これがちちがはうつるという誤解を生んだり、悩みを深刻化させる原因となっています。

セックスのデリケートな問題は二人で解決

肉体的な行為のある関係性は、密着することが少なくないので、臭いもまたお互いが納得して許容することが不可欠です。
平均よりもやや強い体臭程度なら、相手の許容量自体で受け入れられたり、納得に至る可能性があります。
肝心のちちがの方は、一般的な汗臭さとは一線を画した臭気があるので、お互いの理解をより深める必要性が高まります。
ちちがの自己認識を行ったり、相手に打ち明けるのは勇気が必要ですが、二人の関係を続けることを考えれば、いつかは必然的に打ち明けることになります。
体臭の問題はデリケートなので、最初は一人で解決しようとしますが、強烈な体臭は強力ですから、効果的な解決法が見付からず悩みがちになります。
逆にここは思い切って打ち明けて、相手の理解と協力を求めた方が、気持ちが楽になって前向きになれるでしょう。
ちちがの説明を行っていなければ、念入りな体の洗い方や頻繁な衣服の洗濯行為は、潔癖症と疑われる要因になります。
反対に、予め十分な説明を済ませておくことで、お互いの体臭や悩みの理解が深まったり、積極的な協力が得られる切っ掛けに結び付きます。
体を洗う時は入浴が基本で、セックスの前には十分な体臭の除去、これが安心して行為を始める準備に変わります。
相手に臭いがうつる心配がある時は、入浴後に抗菌デオドラントを使って、臭気を強める原因菌自体を増やさないことが安心に繋がります。
行為の後にも入浴を行なえば、汗臭さが体に残ることはありませんから、臭気がうつると誤解される心配もなくなります。

ちちがの対処は誤解を解いて理解を深める

ちちがの体質はうつる、これは明らかに間違いなので、誤解を解くことが理解を深める為の前提となります。
臭いの原因は発達した汗腺で、腋と共通した胸にもあるアポクリン汗腺が主犯格です。
臭気を強める要因は、アポクリン汗腺が分泌する成分を分解する細菌で、汗や蒸れた環境を好む特徴を持ちます。
体の洗浄は最も基本的な対症療法ですが、入浴を行うと効果は更に高まるでしょう。
でも、体臭は時間と共に強まりますから、効果を持続させるにはデオドラントの併用が欠かせません。
セックスは大切なことですが、行為中に臭気が気になっては集中出来なくなるので、事前にちちがについて説明することをおすすめします。
説明を行う際の要点は、病気ではなく体質的なものなので、体を洗って抗菌消臭を心掛ければ問題ないと伝えることです。
セックスで臭いがうつる可能性はありますが、あくまでも臭気を含んだ汗が付くだけですから、入浴したり体を洗えば大丈夫と付け加えます。
本人ではなく、相手の体臭が気になる場合は、さり気なく体臭にフェロモンを感じるとフォローしつつ、もう少し抑えてくれると嬉しいと正直に伝えることが役立ちます。
体臭は元々、異性を惹き付ける為に発達していますが、強過ぎる臭気は逆に相手を遠ざけてしまいます。
臭気が特徴的でも、適度なら魅力に感じられることはあるので、体臭の個性を否定するのではなく、強さを問題に少し抑えて欲しいと伝えることがポイントです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング