体臭チェッカーを使って客観的にセルフチェックとその価格

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

体臭チェッカーを使って客観的にセルフチェックとその価格

香水瓶

衛生観念の発達した日本は、においに敏感になっている人が多いです。最近では、体臭がきついことで相手に不快感を与えてしまう、ハラスメントでもあるということを言う人もいます。
しかし、体臭というのは体温調節のための汗や、元々はフェロモンを発するために発達したワキのにおいなど、体にとって悪いものではありません。人間が生きている限り、においを完全に防ぐことはできないのが現実です。
自分の体臭がどの程度なのかを知りたいという人は多いです。友人や知人に直接聞くことができない質問ですし、もし聞けたとしても、臭かった場合に本当のことを言える人は少ないでしょう。そのような時に体臭チェッカーが役に立ちます。体臭チェッカーとは、においを数値化できるもので、客観的に数字として自分のにおいのレベルを知ることができます。においの強弱だけでなく、種類も判別できるので、体臭のセルフチェックに欠かすことができないといっても過言ではありません。
嗅覚というのは、個人差が大きいもので、家族に自分の体臭がどうかと聞いても、なかなか正確に答えられる人はいません。その点、数字でにおいの強弱、そして種類まで判別できるセルフチェックが行えれば、対策も用意になります。個人では難しいとされてきたセルフチェックですが、この頃は簡単に測定し、判別できるようになりました。その時の状態を正確に把握できるので、にんにくを食べた後など自分でも納得のいく数字が出ます。

自分の体臭が気づきにくい

体臭というのは、自分では気づきにくいものです。なぜなら、鼻というのは同じにおいを嗅ぎ続けていると慣れてしまい、正確に判断できなくなってしまうからです。香水を初めて付けた時は、きちんとにおいが分かるのに、毎日使っているうちに鼻が慣れてしまい、量がだんだん増えていくのに似ています。この場合、自分以外の人は香水のにおいが強すぎると感じますが、慣れてしまった鼻では付け過ぎなければにおいが分からない状態になっています。
これは体臭にも当てはまり、毎日嗅いでいる自分のにおいには気づかないものです。家族も同様に、一緒に暮らしているので慣れていると考えていいでしょう。においの問題はとてもデリケートなので、セルフチェックをして自分だけでどのようなにおいかを判別して、対策を練りたいものです。しかし、体臭に慣れた鼻でセルフチェックをしても、本当のにおいを知ることはできません。人は睡眠中に300ミリリットルもの汗をかくと言われています。パジャマや枕というのは、比較的強くにおいを発する傾向があるので、においが気になる場合は一度嗅いでみるのもいいかもしれません。完全に体臭をなくすことはできませんが、きちんと入浴すると体臭が減って、鼻が過敏な状態になります。そのような時に枕をチェックしてみると、現実的なにおいが分かるかもしれません。あくまで、分かりやすいというだけですが、通常の状態よりは判別しやくすくなります。

体臭チェッカーの平均的な価格

体臭チェッカーの価格というのは、安い物から高い物まで幅広い商品があります。それだけ、においに関心がある人が多いということですが、平均的な価格は数千円と言えるでしょう。
国民的に、ほとんどの人がアポクリン腺を持つ国の場合、ワキガになる率が高くなります。日本人の場合は、アポクリン腺を持つのは平均で10人に1人と言われています。ワキガの人の方が少なくなり、最近歯スメルハラスメントといって、においにもハラスメントがあると言われるようになりました。ワキガの場合は、体質であって、不衛生とは全く関係がありませんが、くさいということに感じて、日本人は他の国民よりも敏感に感じとるようです。
日本が世界に誇る、和食も出汁などの繊細な食事で、香りづけという文化もあります。これも、においにデリケートな日本人ならではの感覚から出来上がった食事なのかもしれません。体臭についても同様に、セルフチェックをして、他の人に迷惑をかけないようにする人が増えています。自分自身では気づきにくい体臭だからこそ、体臭チェッカーを使用して判断しようというものです。体臭を知る上で、この価格が高いと感じるのか安いと感じるのかは人それぞれです。口臭だけを測定するものなど、用途を限定することで、価格を安く抑えているものもあります。口臭の場合は息をふきかけるだけという手軽さで、どこでも簡単に測定できるように工夫されています。

実際に販売している体臭チェッカー

口臭チェッカーは、ブレスチェッカーという名前で3000~4000円という価格で販売されています。ペン型の子だ他タイプで、息を吹きかけて5秒で測定できるという手軽なものです。レベルも0から5までの6段階表示で、数字と共にイラストも表示されるので分かりやすい製品です。この商品のサイズを小さくした、ブレスチェッカーミニというものも販売されていて、小型化したので持ち歩きしやすく、形状も折れにくくなっています。ブレスチェッカーミニは2000~3000円程度の価格で販売されています。
そして、口臭チェッカーという商品も販売されています。1000~2000円程度で販売されていて、息を3秒吹きかけるだけで自動で測定してくれます。5段階の評価ですが、数字とイラストで分かりやすく表示します。
これらの商品の価格は2017年2月の段階で調べたもので、電気店やネットショッピングでの価格を参考にしています。体臭チェッカーというものは、まだ研究段階で販売されていません。体臭が気になる人のために、メーカーも開発を急いでいますが、吹きかけられる息とは異なり、体臭を客観的に測定するのは難しいということです。ただ、試作品はできあがり、各地でモニターチェックをしていることがあります。気になる体臭を数字で評価して、加齢臭などのにおいの種類を判別してくれます。スマートフォンと連動することで、数値のグラフ化なども可能になります。

体臭チェッカーの効果と活用法

自分では気づきにくい体臭ですが、客観的に調べられる機械があれば安心です。今はまだ、口臭を調べるものしか販売されていませんが、いずれは体臭も測れるようになるでしょう。
自分のにおいのレベルを知るというのは、少し怖いことかもしれません。数字で表示されてしまうと、逃げられないと感じてしまう人もいるでしょう。しかし、セルフチェックをしておくことで、原因に合った対策をとることができます。体臭は気になるけど、自分では気にならないからと放置しておくより、改善点が分かるので今後の生活をよくすることができるでしょう。
また、中には体臭を気にするあまり、実はにおっていないのに自分は臭いと思い込んでいる人もいます。このような人に、機械を使って客観的なデーターを見せることで、精神的な安心につながることが期待されています。体臭というのは、とてもデリケートな問題で、人に相談するのが難しい悩みです。口臭外来やワキガ外来など、医療機関の一部ではにおいに関する窓口を受け付けているところもあります。それでも、わざわざ病院を受診するというのは、とても勇気が必要な行動です。自宅で手軽にセルフチェックできる方法があれば、病院に行くまでの勇気は必要なく、どの程度のレベルなのかを自分だけで調べることができます。周りの人が体臭を指摘しているのに、本人は無関心だという場合にも、使うことで客観的な数字として知らせることができます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング