体臭サプリの効果は中から臭いの原因に作用して予防すること

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

体臭サプリの効果は中から臭いの原因に作用して予防すること

アロマオイル

体臭というのは肌表面に対策を施すだけでは完璧に抑えることはできません。
最近のデオドラントは高性能化していますが、身体の中からもケアしたほうがより効果的なのです。
そのために役立つのが体臭サプリであり、臭いを元からブロックできるのでワキガ・すそワキガなども軽減できるのです。
過剰な香水の臭いも周りに不快感を与えることがありますが、汗やワキガの臭いはそれ以上に深刻でしょう。
毎日入浴をしてデオドラントを使えば大抵の臭いは解消できますが、もともと体臭が強ければケアとしては十分とは言えません。
体臭サプリを使用して中から対策し、周囲に迷惑をかけないレベルまで体臭を抑えていきましょう。
腸内バランスを整えてくれるもの、消臭作用によって臭いを抑えるもの、脂肪の酸化を抑制してくれるもの、などがあります。
売れ筋サプリには外れが少ないため、人気商品から試してみるとよいでしょう。
芳香によって臭いをごまかすタイプもありますが、一番よいのは臭い自体を発生させないものです。
無臭に勝る体臭対策はなく、臭いが発生しなければ解消する必要もありません。
臭いが発生してから対処するとなると、必然的に芳香でかき消していくケアが一般的となるのです。
デオドラントを例にしても、臭いが発生してから使用してもあまり効果がありません。
入浴後の無臭状態で使用することで、その効果を持続させられるのです。
発生した臭いに対して働きかけるより、臭い自体を予防することが大切というわけです。

内容成分で代表的なものは

体臭サプリに含まれる成分で代表的なものは、乳酸菌、シャンピニオン、カテキン、柿渋などです。
乳酸菌は腸内バランスを整えて、体内毒素を排出することで臭いを抑えていきます。
お腹の調子が悪くなると、胃腸からの戻り臭が気になる方も多いでしょう。
善玉菌が増えている方は便秘になりやすいので、便秘に悩んでいる方は乳酸菌を摂取して体臭対策をしていきましょう。
シャンピニオンとはマッシュルームの一つであり、乳酸菌と同じく腸内環境をよくしてくれます。
体臭サプリの代表格とも言えるもので、口臭や便臭に悩んでいる方にもおすすめです。
カテキンは緑茶に含まれる成分で、優れた殺菌作用があります。
昔から口臭予防によい成分とされており、エチケットサプリとして人気です。
柿渋はボディ用の石鹸によく使用されており、優れた殺菌・消臭作用があります。
ノネナールと呼ばれる加齢臭物質を抑制する作用もあり、サプリにも使用されています。
体臭は身体の中から対策をして、その上でデオドラントを使用して外側から抑えていくのが理想です。
例えば美肌ケアをする場合も、外側からのスキンケアだけよりも、生活習慣から改善していったほうが効果的でしょう。
身体の悩みやトラブルは、身体の中と外の両方からケアすることで解消しやすくなります。
女性向けの体臭対策成分としてはローズオイルも有名であり、体内からバラの香りを発して体臭を軽減させるものです。
ただし臭い自体を無臭化するわけではないので、無臭化させる成分と併用するのが好ましいです。

体臭サプリはどのように飲めば効果的?

健康食品に分類されるため用法・用量は指定されていませんが、効果的な飲み方・タイミングなどは存在します。
大切なのは目安量を守って継続することであり、即効性を期待しないのがコツです。
飲む習慣をつけることで飲み忘れがなくなるので、1~2ヶ月は毎日飲んでください。
それによって飲むことが自分にとって当たり前となり、飲み忘れがなくなります。
飲むタイミングには諸説がありますが、食後に飲むのが理想的でしょう。
食後は胃腸が動き始めるタイミングであり、食前よりも消化吸収力が上がっています。
体臭を抑えるには消臭成分をより多く吸収させたいので、食後に飲んだほうがいいわけです。
食前よりも食後のほうが飲み忘れが少ないこともあり、飲むなら食後と考えておくのがよいでしょう。
飲むときはぬるま湯がベストであり、これは成分吸収を阻害しないこと、そして胃腸を冷やさないことです。
冷水だとお腹を冷やして胃腸機能を低下させ、これが便秘につながる可能性があります。
便秘になると体臭・口臭が強くなってしまうので、日常生活では便秘対策も並行していきましょう。
原因不明の体臭は便秘を解消することで消えることが少なくありません。
デオドラントを徹底しているのに臭うという場合は、胃腸のトラブルが原因かもしれません。
体臭は身体の中から発生するため、胃腸を元気にして健康維持することが体臭対策として効果的なのです。
ぬるま湯で飲むときは、200~250ml程度で飲むと吸収性がよくなります。

副作用はないので毎日安心して飲める

体臭サプリという名称で売られているものには副作用はありません。
副作用があるものには必ず主作用もあり、これは効果・効能のことです。
サプリは健康食品のため効果・効能を謳えませんが、逆に言えば副作用もないということです。
目安量を超えて大量に摂取すれば栄養バランスを崩してしまう可能性がありますが、これは副作用とは異なります。
栄養素には適量があり、サプリの場合は適量が目安量となっています。
体臭を抑えるには体質改善が必須なので、時間をかけて変えていきましょう。
体質を変えることで体臭予防、腸内バランスの最適化などが可能となり、デオドラントの効果を高めることもできます。
身体の中からだけのケアでは十分な体臭効果が得られない可能性もありますが、デオドラントと併用すればほぼ無臭にできます。
無臭の定義は難しいですが、自分や周りが臭いに気づかなければ無臭と考えてよいでしょう。
体臭は30代、40代と年齢を重ねるほど強くなるのが普通であり、この要因として加齢臭もあります。
加齢臭は40代から強くなってくることが多く、古新聞やロウソクの臭いに近いとされています。
ノネナールの原因物質は体内で生まれるため、身体の中からケアするのが好ましいわけです。
その上でデオドラントを使用して発汗を抑えれば、臭いを促進する雑菌繁殖を防ぐことができます。
雑菌が発生すると臭いが強くなるので、常に肌を清潔にしておくことを意識してください。

体臭サプリなら安全に体臭を解決できる

乳酸菌やシャンピニオン、カテキン、柿渋などの体臭予防成分によって身体の中から臭い対策をしてくれるのが体臭サプリです。
腸内バランスを整える成分を配合したものが多く、これは腸の機能低下や便秘が体臭に関係してくるからです。
消化吸収がスムーズではない状態というのは、臭い物質もうまく分解されない状態と言えます。
便秘は毒素や臭い物質を身体に溜め込んでいる状態ですから、体臭や口臭を強くするのは当たり前のことなのです。
便秘を解消するためには乳酸菌やシャンピニオンが役立つので、サプリで摂取することをおすすめします。
副作用の心配がないので毎日飲んで体臭予防ができ、長期継続することで体質改善も可能となります。
飲むタイミングは食後が適しており、ぬるま湯200~250ml程度で飲むとよいでしょう。
目安量は原則として守るのが基本ですが、多少は増減をしても問題ありません。
40代くらいになると今までの体臭に加えて加齢臭も加わるので、さらに臭いが強くなってきます。
加齢臭に備えて30代までには体臭対策をして、無臭に近づけていきましょう。
自分と周りが気にならない程度まで臭いを抑えれば問題ないので、デオドラントも併用して対策してください。
デオドラントは清潔な肌に使用しないと効果が半減するため、入浴後の使用がおすすめです。
汗や雑菌、ノネナールを抑えることが大切であり、そのためには体内からのケアが欠かせないのです。
体質改善をするためには、腸を健康にすることが先決となります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング