混ざることで危険な臭いになる香水と体臭の関係について

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

混ざることで危険な臭いになる香水と体臭の関係について

たくさんの香水

若い人から年配の人まで、良い香りが好きという人はとても多く、素敵な香りの香水は、大変人気があります。自分の好きな香りをつけていると、楽しい気分になることができるので、好みの香りの香水を愛用して、日常的につけている人が多く、香りのおしゃれは一般的になってきています。
香りのおしゃれを楽しみたいという人が多いのですが、体臭との関係を気にしている人は意外と少なく、体臭が強い人が使うと臭いが混ざるので、周りの人にとっては不快な臭いになってしまうということがあるので注意が必要です。
香水は、体臭が強い人との相性を考えて作られておらず、選ぶときにも、体臭との相性を考えて選ぶという人は少ないので、基本的に香水の香りだけをかいで選ぶことになります。しかし、実際に香水をつける場面では、体臭と混ざるので、嫌な臭いになってしまう危険性があるのです。
香水を楽しみたいときには、体臭が気にならないように、デオドラントクリームなどを使って、自分の臭いを軽減する対策をしっかりとしてから、使うことで、自分も周りの人も良い香りで気分よく過ごすことができるようになります。体臭対策をしっかりとすることが、香水を楽しむためのエチケットですが、他にも、香水と臭いが混ざることで、不快な臭いになってしまうアイテムがあるので、相性をよく確かめてから使うことが大切です。香りのおしゃれを楽しむためには、香水の香りを楽しめるような配慮がエチケットです。

強い香水と強い体臭の組み合わせに注意

体臭が強い人は、強い臭いを好む傾向があり、同じ香水でもたくさんつけてしまって失敗することがあります。体臭は、周囲の人に不快感を持たれてしまうことがあるので、対策をすることが大切なのですが、強い臭いをつけることで、自分だけが安心してしまって、周囲の人には、強い臭いが混ざることで大変な不快感を与えてしまうことがあるので、注意が必要です。
体臭が気になる人は、工数などを使ってにおいをごまかすことはとても難しく、失敗することのほうが多いため、デオドラントクリームなどを使って、まずは自分の臭い対策をすることをお勧めします。体臭が強い人は、汗のにおいだけでなく、汗や皮脂に細菌が繁殖して、腐敗臭のような嫌なにおいを放ってしまっていることがあります。殺菌効果が高く、においをもとから軽減するデオドラントクリームを使って、においの原因から対策をすることで、香水を楽しむことができるようになります。
特に、ワキガの人は、においをにおいでごまかすことが大変難しいため、消臭効果や殺菌効果が高い、ワキガの人専用のデオドラントクリームを毎日使って、対策をしましょう。体臭のことは、周囲の人は不快に思っていても言い出しにくく、ほとんどの人が我慢をしているので、自分で気づいて積極的に対策をすることがとても大切です。香りのおしゃれを楽しむ前に、におい対策をすることが、重要なので、デオドラントクリームを使い、優しい香りの香水から始めることがおすすめです。

柔軟剤の香りにも注意

最近、大ヒットしている人気の香りといえば、柔軟剤です。柔軟剤は、洗濯をしたときに、衣類やタオルなどの繊維を柔らかく仕上げるもので、柔らかく気持ちの良い質感になるので、愛用している人が多いのですが、最近は、香りのおしゃれのひとつとして定着してきています。柔軟剤の香りには、いろいろな種類が登場しており、柔らかなフローラル系から、さわやかな柑橘系、スパイシーな香りなどいろいろな香りを選ぶことができるようになってきており大変人気があります。
よい香りで、毎日が楽しくなるという人が多く、愛用している人もたくさんいるのですが、大衆と混ざることで、嫌な臭いになってしまうことも多いので注意が必要です。また、体のにおいだけではなく、香水を使うと、複数の異なるにおいが混じるため、周囲の人に迷惑になってしまうほど、不快で複雑なにおいになることもあるので、注意が必要です。
体のにおいを抑えるデオドラントクリームを使用して対策をしたうえで、香水の香りをメインにするのか、柔軟剤の香りをメインにするのかを決めて、どちらか一方だけを楽しむようにすることで、それぞれが持つ、本来の良い香りを楽しむことができます。香水や柔軟剤などは、混ざることを前提に作られているものではなく、そのものだけの香りのバランスを考えて作られているものなので、ほかの香りと混ざることがないように気を付けることで、良い香りを楽しむことができるのです。

ボディケア用品の香りにも注意

肌のケアに気を使っている人は多く、良い香りのボディクリームやボディジェル、ボディウォーターなどを愛用している人が増えてきています。高級な香水のフレグランスクリームなどの人気も高く、女性なら誰でも使ってみたいボディクリームがたくさんあります。
ボディケア用品は、肌に直接クリームをつけるため、体温で少しずつ香りが立つことが特徴で、その人のにおいと混ざってオリジナルの香りになることも特徴のひとつです。肌につけることで、その人の体のにおいと混ざるため、体臭が強い人は、嫌な臭いになってしまうことがあり注意が必要です。
また、香水を使う場合には、フレグランス用品と香水の香りが混ざることで、複雑な香りになってしまい、周囲の人にとっては香りがきつくて辛くなってしまうことがあります。香りは、ほのかに香っているとよいのですが、強すぎる場合には、気持ちが悪くなったり、頭痛がしてしまったりすることもあるので、香り同士が混じるボディフレグランスと香水の組み合わせには注意が必要です。
同じラインのボディフレグランスと香水を使うと、香水の香りとボディケア用品のにおいがかち合うことなく使うことができますが、ほのかに香ることを意識して、使いすぎないようにすることが大切です。また、体のにおいと混ざると、嫌な臭いになって、周囲の人に不快感を与える可能性があることにも注意して、デオドラントクリームを使うようにしましょう。

香水を楽しむためのポイント

ボディケア用品や柔軟剤、香水など、香りのおしゃれを楽しむことが流行しており、若い人から年配の人まで、香りのおしゃれに気を配るようになってきています。また、部屋の芳香剤も大変流行しており、香りのおしゃれを楽しむためには、香り同士がぶつかり合わずに、静かに調和することを意識して使うことがとても大切です。
香りのライン使いのおしゃれを楽しむことやメインの香りを決めて、ほかの香りを使わないように気を付けることなど、エチケットに気を付けて、自分も周囲の人も快適に過ごすことができるようにすることが、おしゃれな人と思われるポイントになります。
また、大切なのは、体のにおいと混ざって嫌な臭いにならないようにすることです。汗のにおいや汗が蒸れたにおい、汗が最近に分解された時のにおいに気を付けたり、特にワキガの人は、専用のデオドラントクリームを使用して、におい対策することがおすすめです。デオドラントクリームには、消臭効果や殺菌効果があるため、効果的に体の嫌なにおいを抑える効果が期待できます。体のにおいは、どんな人にもありますが、特ににおいが強い人は要注意で、香水などと混じってしまうと、香水のにおいも嫌なにおいに感じられるようになってしまうので注意しましょう。
香水は、いろいろな種類の香りを調合して、良い香りになるように計算され、作られています。香水本来の香りを楽しむためには、香水の香りだけが感じられるようにすることがおすすめです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング