体臭をセルフチェックできるおすすめのチェッカーとは

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

体臭をセルフチェックできるおすすめのチェッカーとは

花のにおいをかぐ女性

人間には目で見て情報を得る視覚情報や耳で聞いて情報を得る聴覚情報、食べ物などを口に入れた時に味を感じる味覚情報、手や肌で触って感じる触覚情報、鼻でニオイを感じる嗅覚情報の5つの感覚が備わっています。

これらの感覚を五感と呼び、それによる記憶を感覚記憶として記憶しているのですが、本来であれば感覚記憶は詳細に長期間記憶されることはありません。

ただし何か嫌な感じがした、何か心地よかったといったぼんやりとした形で、強く印象に残ってしまうのです。

ですので感覚記憶は第一印象を左右するのに重要な要素となっているのですが、特に見た目や相手の話方などは印象に残りやすい為、重要であることは誰にでも分かると思います。

しかし、実はこれらの感覚的な記憶として、最も印象強く記憶されてしまうのは鼻で感じる嗅覚になるのです。

その理由は嗅覚だけが五感の中で唯一記憶を司る脳の一部である海馬と呼ばれる部分と繋がっているからです。

このようなことから第一印象を左右する大きな要素としてニオイというものは非常に重要であることが分かります。

例えば初対面の方から強い体臭や口臭がしていた場合、多くの方が嫌な思い出として記憶をしてしまいますし、逆に心地よい香りが漂ってくれば良い思い出として記憶されます。

ですので身だしなみのチェックとして欠かすことのできな体臭や口臭ですが、厄介なことにこれらのニオイは自分自身では気が付きにくいのです。

この厄介なニオイをチェックするには、チェッカーなどを使って数字で表すことが最も説得力のある方法になります。

体臭や口臭は自分で気が付かない

ニオイが相手に与える印象として、非常に大きな役割を担っていることはお伝えをしましたが、そもそも何故自分のニオイというものは自分では気が付かないのでしょうか。

この理由には諸説あるのですが、野生動物たちはニオイを嗅ぐことで対象物が安全かどうかを確認しています。そして人間も元々は動物ですので、同じようにニオイを嗅ぐことで安全性を確認をしていました。

そして危険なニオイを感じた場合には体調が悪くなったりして、危険を回避してきたのですが、もしも自分自身の体臭や口臭といった嫌なニオイを自分が感じてしまうと、他のニオイを感じにくくなったり、自分のニオイで身体が危険と判断して体調を崩してしまう恐れがあります。

このようなことから自分のニオイは感じないようになったと言われていますが、それにより体臭や口臭といったニオイに関する身だしなみを整えることが難しくなってしまったのです。

しかし、自分自身では感じていなくても周りにいる人には感じているものですので、気を付けたいですが、どのようにしてセルフチェックをすれば良いのでしょうか。

まず体臭ですが、洋服を脱いだ後いったん深呼吸をして鼻をリセットして、再び洋服のニオイを嗅いだ時に嫌なニオイがすれば体臭が強い可能性があります。

次に口臭はコップに息を吹き込んで、手などで蓋をします。そして同じく深呼吸をして鼻をリセットしたらコップの中のニオイを嗅ぎ、嫌なニオイがしたら口臭が強い可能性があります。

体臭と口臭をセルフチェックするチェッカー

体臭をセルフチェックする方法について簡単にお伝えをしてきましたが、あくまでも簡易的な方法ですので、正しいチェックができているかどうかの判断が難しいです。

そこで、しっかりと体臭をチェックしたい方にはセルフチェックできる、おすすめのチェッカーをご紹介していきます。

まずご紹介するおすすめの商品は「タニタ ブレスチェッカー HC-212S」になります。これはペンタイプで気になる部分に近づけるだけで6段階のチェックをしてくれます。

スリムなペンタイプとなっている為、持ち運びにも便利で外出先で気になったらすぐにチェックできるのも良いポイントになります。

次におすすめするのは「サンコー ポータブルニオイチェッカー2」になります。電源をオンにするとウォームアップに9秒、そして5秒ほど気になる部分に近づければ5段階でチェックをしてくれます。

携帯するのに便利なポケットサイズとなっていて、こちらも外出先で使用できるタイプになりますので、人に会う前に体臭をチェックしたい方におすすめです。

次におすすめなのが「ロゼンスター 口臭チェッカー SR-104」になりますが、これは息を吹きかけるだけで口臭のレベルを6段階で評価してくれます。

センサーの寿命は測定回数500回となっていますので、長く使い続けることができるチェッカーになります。

価格はインターネットで購入すると、どれも2,000円から3,000円前後となっていますので、気になる方はお試しになってはいかがですか。

おすすめのチェッカーと探し方

このように数多くの体臭チェッカーが販売されていますが、通常価格はどれも5,000円程度はするのですが、インターネットから購入をすると2,000円程度でも購入することができます。

様々なメーカーが販売をしているのですが、やはりおすすめなのは「タニタ」が販売している体臭チェッカーになります。

先ほどもご紹介をした「タニタ ブレスチェッカー HC-212S」を始めとして、数多くの高品質な体臭チェッカーを販売しています。

例えば「タニタ アルコールセンサー アルブロ HC-213S」は本来はアルコールのチェックをするもので、息を吹きかけるだけで調べることができて、12段階の診断をしてくれます。

他にも「TANITA HC-212M-BL」も持ち運ぶのに便利なスリムタイプで、いつでもどこでも体臭や口臭をセルフチェックすることができるものになります。

これらの商品は多くがブレスチェックなどと表記されていますが、特定の部分にしか使えないという訳ではありません。

ニオイに反応する機器になりますので、ニオイが発生している部分であればどこでも使うことができるようになっています。

ですので、当然体臭のチェックにも使うことができますので、体臭が気になる部分がある場合には、そこに5秒程度近づければ調べることができます。

実際ショップで体臭チェッカーとして探してみても見つからないですが、その場合には口臭チェッカーを探してみてください。

体臭と口臭のセルフチェックのまとめ

このように体臭や口臭に関して様々な観点から見てきましたが、最後にこれらをまとめて見ていくことにしましょう。

人間の五感の中で、最も記憶に残りやすいのは嗅覚から感じるニオイである事、その理由としては嗅覚だけが唯一記憶を司る海馬と繋がりがあるからです。

しかし、人間も元々は動物ですので、動物が持つ危険察知能力である嗅覚は自分のニオイを感じ取ってしまうと、周りのニオイが分からなくなったり、自分の発するニオイで体調が悪くなったりと不具合が生じてしまいます。

そのことから、自分のニオイは自分では分からないようになっているのですが、このことが自分の体臭や口臭をチェックすることが難しくなります。

この体臭や口臭をチェックするには、簡単な方法でチェックすることもできるのですが、やはり専用の体臭や口臭チェッカーを使用して数値化して調べる方が説得力が増します。

通常価格は5,000円程度するのですが、インターネットを通して購入することで2,000円から3,000円前後で購入することができます。

またラインナップの様々なメーカーから販売されている為、自分に合っているものを選びやすく、中には持ち運びにも便利なペンタイプのものも数多く販売されています。

外出先でも手軽に体臭をチェックすることができますので、体臭が気になる方は持ち運ぶと良いでしょう。

ただし多くのメーカーでは口臭をチェックする商品として販売をしていますので、体臭チェックのものを探しても見つからないでしょう。

しかし、口臭チェックと記載されていても、ニオイに反応をする機器になりますので、体臭も問題なく調べることができます。

体臭や口臭は対人関係においてはとても重要なポイントですので、専用の機器を用いて常に体臭と口臭をチェックしておきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング