体臭と相性の良い香水は?シトラス系はおすすめの香りです

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

体臭と相性の良い香水は?シトラス系はおすすめの香りです

柑橘系の香水

香水というとオシャレな人がつけるイメージがあり、特に海外の人は好んで香水を付けている印象もありますが、オシャレで付けることもありますが、体臭を消すために付けることもできるのです。ただし相性もあるため香水の選び方には注意が必要で自分に合った香りを見つけることも大切なことです。日本では香水という名称のみですが、フランスではバルファム、オードトワレ、オーデコロンなどの名称で分けています。香水は濃度が一番高いパルファンのことを言う場合もありますが、バルファンからコロンまでを香水ということもあります。パルファンからコロンまでは香料の濃度の違いによるものですが、メーカーによって名称が異なる場合があります。
香水は様々な香料から構成されているため1種類の成分だけの香りではなく、肌につけて揮発し香りやすい成分から順番に香っていきます。そのため時間の経過と共に香りを楽しむことができるのも魅力です。また3段階の香り立ちがあり、最初の10分程度はトップノートで香りの第一印象、3時間程度経過するとミドルノート、12時間程度経過するとラストノートで香水の余韻を楽しめます。香水の系統にはいくつかあり、レモン、オレンジ、ベルガモットなどのシトラス系、ブーケタイプの花を感じるシングルフローラル、エキゾチックなイメージのオリエンタル系、植物のグリーンなイメージでユニセックスなグリーン系などがあります。

体臭はデオドラントをしっかり行うこと

元々香水は体臭を隠すために使われてるようになったこともあり、ファッションで使うこともありますが、体臭を消すための対策で利用することができます。自分と相性の良い香水を選ぶことも大切なことですが、間違ったつけ方をすると体臭と混ざり余計臭いが強くなることもあるため注意が必要です。香水は肌につけることが殆どですが、肌につける場合は清潔な肌につけることが大切です。肌に付着している汗、皮脂、雑菌などと香りが混ざり合うと強い不快な臭いとなる可能性が高いため、香水を肌につけるならお風呂上がりが効果的です。また香水をつけてはいけない部位もあり、わきがなど体臭がもともと強い場合は特に注意が必要です。わきがはアポクリン汗腺から分泌される汗が雑菌などに分解されることで嫌な臭いとなります。香水もアポクリン汗腺が多くある脇、背中、頭などは避けるようにします。わきがであるかわからない場合は、両親のどちらかがわきがであるか、耳垢が湿っている、下着で脇の下が黄色くなるなどがあればわきがである可能性は高いです。
香水をつける部位は、耳の後ろです。耳の後ろは体温が高く香りを発散させやすく紫外線の影響も受けにくいです。手首につけて耳の後ろに軽く香水をのせます。耳の後ろ以外には肘の内側、手首、足首の内側、膝裏などが最適です。髪の毛につけることも良いですが、その場合は空中に吹きかけてその下をくぐる程度にします。

身体の臭いに合った香りは何系?

わきがの体臭対策として香水を使うことは良い方法です。臭いを隠すために使う場合は、身体を清潔にしてからつけることも大切なことですが、自分の体臭と相性の良い香水を選ぶことも重要なポイントです。わきがと言っても臭いには個人差がありいくつかのタイプに分かれます。
わきがが酸っぱいキムチ系の場合に相性が良いのはフレッシュシトラス系です。気品のあるグレープフルーツの香りは酸っぱいキムチ系の臭いを包み込み臭いはマイルドになります。もわっとした雑巾系の場合はフローラルムスクの香りが良い相性です。フローラルムスクの香りは穏やかに香り雑巾のようなもわっとした臭いに良い香りです。鉛筆の芯のような体臭にはブラックティー、ローズウッド、ベルガモットのシトラスとスパイシーな香りです。ローズウッドはスパイシーな香りで、鉛筆の芯系の臭いを包みこみ馴染ませます。スパイシーな臭いには、シトラス系の香水を選ぶと良いです。シトラス系のハーブがスパイシーな身体の臭いを包み混んで爽やかな印象にすることが期待できます。香水は数多く発売されていますが、体臭と相性の良い香水を選ばないと臭いがぶつかり合い、嫌な臭いがさらに強く嫌な臭いに変化する可能性もあるのです。好きな香りをつけることは大切なことですが、自分の身体の臭いの傾向を知り、尚且つ気に入った香りを選ぶことで香水が体臭対策に効果的な役割を果たすことにつながります。

シトラス系香水3選について

どの香水を選ぶと良いかわからない場合はシトラス系がおすすめです。シトラス系は殆どの人が好む香りと言っても過言ではないくらい人気の香りです。特に初めてつける場合などはシトラス系を選ぶことが失敗しない選び方と言えます。シトラス系の香水は数多くありますが、その中ではゲランの大人に似合う香りはグレープフルーツのフレッシュな香りで、つけ始めから2時間後くらいまではみずみずしいシトラスの香りで最後はスパイシーでフルーティーな香りが特徴的です。ブルガリのブラックはブラックティー、ローズウッド、ベルガモットのシトラスなどから香り初めて徐々にバニラがほんのりと香る甘い香りがミックスされています。ユニセックスな香りなので男性だけではなく女性も使うことができる香水です。エルメスのナイルの庭はシトラス系で、イグサなどのシトラス系は爽やかな雰囲気のある香りです。みずみずしい香りからウッディな香りに変化して最後はシクラメンウッドなどのアロマのような癒しの香りに変わっていきます。この香水はどのような体臭にも相性が良いといえ、体臭と混ざっても強い不快な香りにはなりにくい香りです。他にもシトラス系の香りは種類があります。最初にフレッシュな香りだけではなく、徐々に変化していく香りにも注目して自分の好みの香りを見つけることも香水を楽しむ方法のひとつです。テスターなどで試しにつけて、その場で決めるのではなく暫く香りの変化を楽しんでから選ぶのも良い方法です。

香りはまずテスターで確認することが大切

香水を選ぶ際のポイントがあります。香水売場などでテスターに吹きかけて香りをかぐだけで購入してしまうことがありますが、香水は実際に自分の肌にのせることが大切なポイントです。個人によって体臭が異なり、香水は基本的に肌にのせるもので、まずテスターで香りを確認して、次に肌にのせることで香りが身体の臭いと混ざって印象が変わります。試す際には手首にのせて判断します。また手首に香りをのせてすぐに判断しないようにします。香りは3段階に変化していき、最後の香りまでは約2時間は必要です。種類もチェックします。オーデコロンであるか、オードトワレ、オードパルファンなど4種類あるため確認が必要です。この4種類の名前の違いは香りの濃度と持続時間を示しています。しっかりと香るタイプが好みか、さらっとした軽い感じの香りが良いか、持続時間は短くてよいか、長く続くタイプが良いかなど自分の目的にあった種類を選ぶことも大切なことです。オーデコロンは約2時間程度香りが持続し、オードトワレは約3時間、オードパルファンは約5時間、パルファムは5時間から半日程度香りが続くため、どれくらい持続するタイプを希望しているかも大切なポイントです。体臭対策に利用することもできる香水は身体を清潔にしてからつけるなど正しい使い方が大切ではありますが、好きな香りを選ぶことが最も重要なポイントです。いくら身体の臭いを解消できたとしても毎日つける香りは好きな香りでなければつけなくなってしまうものです。テスターに吹きかけてまず好きな香りであるかをチェックして2〜3種類程度にしぼり、その後に自分の手首につけて香りの変化を確認すると良いです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング