男の体臭を改善するための日常生活でできる方法について

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

男の体臭を改善するための日常生活でできる方法について

仲が良さそうなカップル

汗は、本来、自身と他人を区別することや、相手を惹きつける、縄張りを主張するなどのために、汗をかきます。そのため、その汗が原因で臭いが発生してしまうことになります。
体臭は、本来、汗そのものが原因というわけではなく、汗をかくときに一緒に分泌されるものが、菌によって分解されてしまい、体臭のような臭いを発することになります。
通常の汗は、弱酸性ですが、菌が繁殖しやすい環境を作る汗はアルカリ性の汗で粘ついており、皮膚についている菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。
人の汗の本来の目的とは、体温を適切に保つことです。汗をかいた直後は、無臭ですが、放置することで、生臭い臭いの原因となってしまいます。しかし、デオドラント商品の使い過ぎは、逆に皮膚の常在菌がいなくなってしまうため、悪臭を発生させるための菌が逆に繁殖してしまうため、逆に不快な臭いの原因となってしまい、体臭を生むことになってしまいます。
汗が原因となっていることが分かっていても、自分の臭いというものはわかりづらいため、夏の暑い季節や、人が密集しやすい場所などは人を不快にさせてしまう体臭を発生させてしまいます。
汗を故意的に止めることなどは難しいですが、普段の生活の中で汗をかいたと感じたらすぐに拭き取ることが大切です。放置すると臭いを発生させてしまうため、時間をおかずに拭くことや、汗を抑えるグッズなどを活用することが大切です。

男の体臭改善方法汗の質の改善

体臭を改善する方法として、汗をかくことがまずは大切です。汗の種類には、体温調節のためのエクリン腺という汗腺から分泌される汗と、緊張や興奮などの精神状態から分泌されるアポクリン腺からの汗の2種類があり、体臭の原因とされる汗は、アポクリン腺から出る汗です。
運動不足の人の場合は、新陳代謝が悪く、アポクリン腺の分泌物が必要以上に多く分泌して、体臭の原因となるアポクリン腺からの汗が多く出てしまい、その汗が血液中の刺激臭と一緒に出てしまうことから起こります。
運動不足の人はあまり汗をかかないことも、原因にあります。普段から運動不足のは、あまり汗をかかないため、たまに汗をかくと、その汗はアルカリ性が高い汗となってしまいます。アルカリ性の汗は細菌が好む環境となるため、細菌が発生し汗を分解することで臭いを発するようになってしまいます。
また、運動不足の人はあまり筋肉を使っていないというのも原因の一つとなります。筋肉を使わない人が突然運動をすることで、疲労物質である乳酸が大量に作られてしまい、その乳酸は、アンモニアと一緒に汗として排出されるため、アンモニア臭が発生してしまいます。
そんな運動不足の男の体臭を改善する方法は、まず、毎日有酸素運動をすることが重要です。それによって、汗の成分を酸性にして、雑菌の繁殖を抑え、さらに、代謝を高めることで、老廃物を身体に貯めないようにするので効果的です。そのため、禁煙も体臭改善方法の一つとなります。

男のありがちな生活と体臭改善

男の人の場合は、皮脂分泌が過剰ということも体臭の原因の一つとなります。皮脂の分泌を促すのは男性ホルモンの働きなので、その影響によって、皮脂分泌が過剰になることで、毛穴に詰まった余分な皮脂が参加することで、体臭を発生させてしまうことが多くなってしまいます。
男の人の場合、特に、仕事の都合で深夜に帰宅することも多くなったりすることがあり、その仕事のストレスや、慢性的な睡眠不足など不規則な生活を行っていることで、身体のリズムが乱れることで、体調を悪くするだけではな、臭いが強い汗をかいてしまい、汗臭さを感じるようになってしまいます。
男性だけではなく、女性にも不規則な生活をすることで起こる可能性がありますが、男の人の場合は、女性とは違い、体臭に対して無関心な方も多いため、男は汗臭いというイメージが持たれやすくなっている原因の一つとなります。男の人でも臭いに対して普段から気を付けることも大切です。また、規則正しい生活ももちろん必要です。
また、男の人は、タバコを吸っている人も多く、タバコに含まれるニコチンにより、視床下部にある体温調節中枢を刺激することで、汗の分泌をうながしてしまうため、通常より発汗r表を多くしてしまい臭いを強くする原因となってしまいます。さらには、肺に入ったタバコの有害物質が血液に溶けて身体中にめぐることで、汗と一緒にその成分を排出し体臭を作ってしまう原因となります。さらに、ニコチンには、毛細血管を収縮してしまうという働きもあるので、血行不良となり、乳酸とアンモニアが結びつき、汗と一緒に分泌されることで、体臭の原因となります。

体臭の原因となる男性ホルモンの過剰の改善

体臭の原因の一つとして、男性ホルモンもあります。男性ホルモンの分泌量は、男性の方がはるかに大量に分泌されております。かといって、男性だけではなく女性も多少は分泌されております。かといって、男性ホルモンの分泌を単に減らせばよいというわけではありません。男性ホルモンが少なければ、健康に影響を与えてしまうことになってしまいます。かといって、男性ホルモンが過剰分泌されることによっても、体臭の原因の他にも健康上に様々な不調の原因となってしまいます。
体臭がきつくなる原因として、ホルモンバランスの不具合が原因となっている場合があるので、改善することが大切です。
男性ホルモンが過剰となっている場合には、食事を選ぶことによって男性ホルモンを抑制することができます。過剰となっている男性ホルモンを抑えるためには女性ホルモンを増やすことが必要となります。よって、女性ホルモンと似た働きをもつイソフラボンを摂取することによって、男性ホルモンを抑制し、体臭を抑制することができます。イソフラボンを多く含む食品には、大豆製品が挙げられます。また、生活習慣の中でストレスも男性ホルモンを過剰にしてしまう原因となるので、ストレスを感じたら上手に解消するということも、体臭改善の方法の一つとなります。また、生活リズムを改善することも男性ホルモンを抑制し、体臭を改善させる方法の一つとなるので、規則正しい生活が大切です。

男性の体臭改善方法と生活改善方法について

体臭が強い原因は、汗自体ではなく、汗から分泌される成分を菌が分解することで臭いを発してしまうことと、乳酸がアンモニアと一緒に汗とともに出てくることが原因となります。男性が体臭を改善する方法の一つとして、まずは、汗をかいたら放置しないことが大切です。次に、運動不足になると、汗がアルカリ性になり、臭いを分泌する菌を増殖させてしまいやすい環境となってしまいうため、それを改善する方法として、有酸素運動を行い、普段から汗を出しやすい身体にし、また、それによって、代謝があがり、老廃物を排出しやすくなって、体臭の改善となります。さらに、普段から運動をすることで、乳酸も発生しにくくなるので、アンモニアと一緒に乳酸が汗とともに分泌されることも防ぐことができます。
体臭の改善方法として、生活習慣もとても大切です。生活習慣が乱れることによって、皮脂が過剰分泌されることにより、体臭を発生させる原因となってしまいます。
また、男性ホルモンも体臭の大きな原因の一つとなるので、男性ホルモンが過剰に分泌している場合、抑制する方法は、女性ホルモンと似た働きを持つダイス食品などに多く含まれるイソフラボンを多く接種するということも体臭を抑える方法の一つとなります。
男性の体臭を抑える方法としては、まずは、生活習慣の改善と、運動などにより汗の質を変えること、また、男性ホルモンを抑制するということがとても大事となります。
また、男性の体臭を抑える方法として、臭い自体をしっかりと認識し、臭いを抑える商品などを活用することもお勧めの方法の一つです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング