体臭ではなく服の臭いが原因、悪臭に気づかない方もいる

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

体臭ではなく服の臭いが原因、悪臭に気づかない方もいる

アイロンとタオル

自分の体臭というものは、常に臭いをかいでいるため、特に気になりません。鼻が慣れてしまっているため、周囲のほかの方の体臭などには、敏感だったりしても、自分の臭いというのは、気づかない方もいるでしょう。ですが、汗を多量にかいた状態などの場合には、体臭が強まることもあり、そのような場合には、自分でも、ちょっとその臭いに気づくこともあります。また、自分で気づかない場合でも、周囲からの指摘によって自分の体臭に気づかされることもあるでしょう。汗臭い、また、体臭が強い場合に、家族、友人から直接指摘されることや、また、周囲からちょっと敬遠されるそぶりなどをされることで、気づくこともあります。
また、体臭がそれほど気になるような方でなくても、自分が普段着ている服などによっても、臭いを発していることもあります。ある特定の服を着ると、周囲から体臭を指摘されたりすることもあり、疑問を感じる方もいるでしょう。きちんと洗濯をして清潔な状態にしているのに、そんなに指摘されるほど臭いがでているのだろかと不思議に感じるかもしれません。臭いが染み付くなんてことがあるのだろうか、また、洗濯をしても落ちない臭いとはどんな原因があるのかなど、臭いとなるものを把握して、自分なりに対策をしていきましょう。対策をすることで、周囲に臭いを撒き散らすこともなく不快な思いをさせずに済むことになるため、まずは原因を考えていきましょう。

洗濯をしても、臭いが取りきれていない

体臭がきついなどと周囲から指摘されて悩んでいる方は、まずは、自分の体を清潔に保つことを考えるでしょう。汗を拭き、シャワーなどを浴びて肌を清潔な状態に保つなど、自分なりに対策をすることができます。ある程度、体臭の軽減にはつながりますが、それでも、周囲から、臭いなどについて指摘を受ける場合には、自分の着ている服が原因の可能性がでてきます。普段から着慣れている服などは、洗濯をすることで、汚れなどもきれいに落とすことができます。見た目的にも、汚れなどが見あたらず、とても清潔な状態にみえることでしょう。しかし、洗濯をして、しっかりと乾かした場合でも、臭いの原因となるものが服に残っていることがあり、その結果、服に臭いが染み付いている状態になりやすいと考えられています。丁寧に洗い、きちんと干して乾かした状態でも、臭いなどが残っていれば、再び自分が着た時には、周囲からは、その臭いに気づかれてしまうため、ある程度、着慣れた服であってもある程度使用した場合には、新しい服に買い替えなどをすることを考えるといいでしょう。日頃、よく着る服などは、そのように洗濯などを繰り返ししていたとしても、ある程度、臭いなどがついてしまうこともあるため、ある程度、使用して服としてもまだ使えるいうものであっても、臭いなどが強くなってしまうことを考えるならば、思い切って買い替えをして臭い対策をするといいでしょう。

臭いがついてしまうのは

自分が生活をするうえで、よく着る、お気に入りの服などもあるでしょう。着心地がよく、また、着慣れているため、一週間のうちに何度も着るような場合もあるかもしれません。ある程度愛着がわいてくると、それなりに使用していても、穴があいたり、ぼろぼろになるまで、長期間、同じ服を愛用するという方も、なかにはいるかもしれません。物を大切にするということは大切なことです。大事に使い、使えなくなるまで大切にするということは悪いことではありません。しかし、一昔前の服ならばそのような使い方でも、ある程度使っていれば、比較的早く穴があいたり、服自体がぼろぼろになったり、よれてくることもあるでしょう。しかし、近年の服においては、それなりに価格が安いものであっても、比較的丈夫なものも多く、ある程度の年数、着ることができてしまうものも増えています。穴なども開かず、見た目も特に問題ないからと、長年、着る方もいるでしょう。しかし、そのようなパターンで着ていると、臭いの原因となる菌などが残りやすく、臭いがついてしまう原因となる可能性が高くなります。対策として、ある程度着たら、新しいものを購入して、臭いがついてしまったものは処分してしまうことも大切です。臭いに気づかず、周囲から指摘されるような状況を回避するためにも、臭いが強くでないうちに、新しいものを購入して臭い対策をすることも一つの手段といえるでしょう。

洗濯時におけるカビなども原因

洗濯をすることで、衣類などもきれいな状態にすることができます。しつこい汚れ、自分の汗なども洗い落としてくれるため、定期的に洗濯機を使い、衣類を清潔な状態にすることは大切です。しかし、洗濯をする場合、衣類などの汚れは気にしても、洗濯槽などに関しては、あまり気にしない方もいるかもしれません。
洗濯槽などは、カビなどが発生することもあり、洗濯をして、洗濯物がぬれた状態などで、干すのを忘れてしまい、しばらくの間放置してしまうと、雑菌などが繁殖しやすい環境が整ってしまうこともあり、そのような場合も臭いの原因へとつながることもあります。洗濯槽などもカビを取ることや、また、ぬれた状態の衣類を放置しないように心がけることも大切です。
また、衣類についた臭いがぜんぜん取れない、比較的新しく買った衣類のたぐいでも、臭いが出ているなどの場合には、洗剤などをかえてみるのも一つの手段です。洗浄力が弱いなどの理由により汚れや臭いなどが残りやすい状態の可能性もゼロではありません。いろいろな対策、方法を試して、できるだけ状態が改善していきましょう。なんらかの原因があると考えられるため、試せることはいろいろと試して、衣類をきれいにそして清潔な状態が保てるように、また、悪臭へとつながらないための対策をしていきましょう。
自分で気づかない場合もありますが、一緒に暮らす家族などから、洗濯物に関して、悪臭がすると指摘されることもあります。周囲からそのような指摘があった場合もありますので、自分で気づかない場合でも、周囲から指摘されたら、対策をして改善していきましょう。

気づかない悪臭、周囲の指摘が重要

自分で気づかない悪臭に対しても、周囲から、なんらかの反応があることも考えられます。家族や友人などから指摘された場合には、なぜそのような指摘を受けてしまったのか、原因を考えることが大切です。体臭が原因なのか、それに対しての対策をしてもなお指摘を受けたら、自分が普段使っている衣類などが原因ではないかと、発想を広げていきましょう。
衣類が原因の場合でも、いくつかの対策をすることはできます。しかし、根本的に染み付いた臭いを完全に除去するということはなかなか難しいものです。ある程度清潔な状態にすることはできても、周囲が不快と感じてしまうこともあります。そのため、ある程度、原因を考え、自分なりに対策をすることも重要ではありますが、最終的には、新しい衣類を購入して、臭いが強くでるような状態になる前に、買い替えをしていくことが悪臭を防ぐための対策ともいえるでしょう。
また、衣類だけでなく、自分の体臭によっての悪臭なども普段から、気をつけることも大切です。体臭なども、食生活によっては、体臭が強まることもあります。動物性たんぱく質などを多く食事によって摂取してしまうような食生活の場合には、ある程度、摂取量を控え、栄養バランスのとれた食生活ができるように自分なりに、食生活を見直して改善していくことを考えることが大切です。自分のため、そして周囲に不快な気持ちにさせないためにも、さまざまな対策していきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング