汗をかきすぎる場合に効率よく抑えるには、体質を改善することが重要

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

汗をかきすぎる場合に効率よく抑えるには、体質を改善することが重要

猫のドアップ

普段から汗をかきすぎて困る、という人は決して少なくないでしょう。そうした方々の多くは、人前ですぐに汗が出てきたり、洋服やインナーなどにしみができてしまったり、さらには汗による臭いが気になったりするといった悩みを抱えているものです。そこで、是非とも効果的に汗を抑えるようにしたいと思うことでしょう。
もちろん汗を抑えると言っても、水分の摂取量を控えればよいといった単純な問題ではありません。特に、暑い夏の時期などに水分を控えるなら、熱中症になってしまうリスクを高めることになり、健康面で危険であると言えるでしょう。それで、汗のかきすぎに悩んでいる方にとって、無理なく、なおかつ健康的な方法で抑えるためには、体質改善に努めることがよいとされています。
恐らく体質改善と聞くと、大変だと感じる方が多いことでしょう。もちろん、体質はそんなに簡単に変えられるものではありません。そのため、いったいどこから手をつけたらよいか分からないという方もいることでしょう。しかし実際には、日頃の生活習慣を見直してみて、幾つかの分野で必要な調整を図ることによって改善へと導くことができるのです。
汗を抑えるために必要な体質改善を可能にする分野は幾つかあります。例えば、食習慣や入浴の仕方などにちょっとした工夫を加えるだけで行なうことができるものもあります。是非とも生活習慣を見直すことによって、体質を変えるよう努めましょう。

食生活を見直し体質改善を図る

汗を効果的に抑えるためには、普段の食生活がたいへん大きなポイントとなります。それで、日頃の食生活を見直して、必要な調整を加えるようにしましょう。
汗を抑えるための一つの重要なポイントは、肉類中心の食事から和食中心の食事に変えることです。仮に普段の食事で、肉類や油物、また乳製品などをあまりに多く摂取していると、体温は上がり気味の状態になってしまい、結果として汗が出やすくなると言われています。つまり、肉類や油物などの摂取を控えめにすることが汗を抑えるのに効果的であると言えるのです。
逆に、和食でよく使われる大豆製品には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。この大豆イソフラボンには発汗を抑制する働きがあることで知られています。それで、大豆や納豆、豆腐などを多く食事に取り入れるようにすることができるでしょう。
また、食生活で注意したい別の点は、汗腺を刺激する作用のある食物を避けるということです。それらの食物には、お茶やコーヒーなどに含まれているカフェインや、唐辛子などの香辛料が含まれます。
加えて、たとえ暑い夏の時期であったとしても、冷たい食べ物や飲み物は極力控えるのが良いとされています。冷たいものは胃を収縮させてしまい、吸収を悪くしてしまいます。結果として、余計に汗をかきやすくしてしまうと言われているからです。このように、日頃の食生活をしっかり見直すことによって改善できるでしょう。

汗を抑えるために入浴による改善も重要

正しい入浴の仕方によって、汗をかきすぎるという体質を改善することができます。一般に、暑い夏の時期などには、簡単にシャワーだけで済ませてしまいたいと思うことでしょう。しかし、汗をかきすぎないようにするためには、きちんと湯船に浸かることが必要であると言われています。
湯船に浸かった入浴によって得られるメリットは幾つかあります。例えば、血行を良くしたり、新陳代謝を促進したり、さらには体全体をリラックスさせることができます。加えて、副交感神経がよく働く状態にすることができるという点もあります。特に、効果的な入浴方法は、ぬるめのお湯で行なう半身浴でしょう。半身浴によって、効果的に汗腺の機能を鍛えることができるからです。
基本的に言って、発汗には交感神経と副交感神経という二つの自律神経が大きく関係しています。交感神経は発汗を促すのに対して、副交感神経には発汗を抑制する働きがあるのです。そのため、ぬるめのお湯につかる半身浴により副交感神経の働きを高めることによって、汗を抑えることができるようになるというわけです。
特に、ひどい汗をかく人の場合、副交感神経の異常をきたしていることが多いと言われています。こうした異常は自然に治るものではありませんが、毎日の入浴方法を見直し、正しい方法に変えることによって改善することができます。それで、是非とも正しい入浴の仕方を実践していくようにしましょう。

空調のコントロールによって体質を改善

汗のかきすぎを引き起こす原因の一つに、空調の使い過ぎがあると言われています。もちろん暑さが厳しい夏の時期には、当然のことながら、空調のしっかり効いた涼しい部屋で過ごしたいと思うものです。しかし、空調に頼り切った生活をしていると、体温を調節する大事な機能が弱ってしまうことになりかねません。そうなると、効率よく体温を下げることができなくなり、たくさんの汗をかくようになってしまうのです。
さらに、空調の効き過ぎた部屋にいると、全身にある汗腺機能が低下してしまいます。その結果、一部の汗腺が休眠状態になってしまい、実際に働いている汗腺の数が減ってしまうことになります。そうした状態になると、実際働いている汗腺から出てくる量が異常に多くなってしまうというわけです。加えて、空調のよく効いた涼しい部屋からいきなり気温の高い外へ出ると、体が敏感に反応して非常にたくさんの汗をかいてしまうでしょう。
このような症状を改善するためには、空調を上手にコントロールすることがどうしても必要となってきます。そのためには、普段から、空調にあまり頼らないようにすることを心がけることができます。それと同時に、急激な温度変化に体をさらすことがないよう十分に注意することができるでしょう。そのためには、空調の温度設定をやや高めにすること、またできるだけ室内と外との中間的な場所で涼むといった工夫もできるでしょう。

体質改善で汗を効率よく抑える

こうして考えてきましたように、気になる汗を抑えるために行なうことのできる非常に効果的かつ基本的な方法は、自分の体質を改善することであるということが分かりました。もちろん、自分のこれまでの体質を変えることはそれほど簡単なことではないかもしれません。とはいえ、毎日の生活の中で行なうちょっとした工夫で可能になるものです。そのためには、毎日の食生活を見直すこと、正しい入浴の仕方を取り入れること、さらには空調のコントロールをしっかり行なうといった分野に十分注意を払うことができるでしょう。
基本的に言って、生活のこれらの分野、つまり食事や入浴などによって効果を実感したいと思うのであれば、ある程度の期間にわたり継続して行なうことが必要となります。これらを実践したからといって、すぐに思ったような効果が現れるわけではないからです。しかし一か月ほどの間、あるいは場合によってはそれ以上の期間にわたり、毎日根気強く続けるようにするなら、もともとの汗をかきやすい体質を変えることができるようになることでしょう。是非とも、体質そのものを変えることによって、汗をかきする心配のない、より快適な毎日を送れるようになることを目指しましょう。そのために、自分に無理なくできることから始めてみることができるでしょう。あきらめずに継続して努力を払うことによって、体質の改善という効果を実感できるようになるでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング