すそわきがについて。~他の部位より敏感なのでご注意を~

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

すそわきがの毛の処理はどうやって行えば安全で効果的?

頭を抱えて鼻をつまむ女性

デリケートゾーンのムダ毛を処理するときは、ボディよりも慎重に行わないといけません。
皮膚が薄いので刺激を与えると簡単にバリア機能が低下し、炎症・かゆみなどを発生させてしまうのです。
腕や脚などと同じような感覚で処理をしていると、年間を通して肌トラブルに悩まされることになるでしょう。
すそわきが対策としてどうやってデリケートゾーンの毛を処理しようか迷っている方は、医療脱毛、エステ脱毛、自己処理などの方法で脱毛していきましょう。
ツルツルにして汗を抑えてしまえば、すそわきがの臭いは大幅に軽減してくれます。
そのためには医療脱毛が最適であり、強力なレーザーで永久脱毛を可能としてくれます。
エステ脱毛の場合は永久脱毛は行えませんが、目立たない程度まで薄くすることはできるでしょう。
すそわきがを軽減するレベルまでは減らせますから、医療機関に行くのが怖いという方は活用してください。
自宅で処理する場合は、家庭用の脱毛器を使用して処理していくのが理想です。
それ以外の方法だと肌を傷めてしまうので、すそわきがを解消しても別の悩みが出てきます。
どうやってすそわきがの臭いを抑えようか悩んでいる方は、部位をツルツルにしてから毎日の洗浄をしっかりと行って、その上でデオドラントを使用するのがベストです。
汗が臭いを発生させるわけですから、汗対策としてツルツルにして通気性をよくしておくべきなのです。
それにより毎日の洗浄が楽になり、デオドラントもムラなく塗ることができるでしょう。

体調管理をしてすそわきが予防を

すそわきがの臭いは体内から発生するため、体調管理からはじめていく必要があります。
食生活がワンパターンになっていると体臭が強くなりやすいので、栄養バランスの整った規則正しい食生活を維持してください。
野菜をたくさん食べている方は体臭が弱くなる傾向があるので、1日350gは野菜を食べたいものです。
抗酸化成分をたくさん摂ることで、皮脂やノネナールの酸化を抑えることができます。
すそわきがは脂っぽい食事を好んでいる方ほど強くなりやすいため、脂肪分の摂取は減らしていきましょう。
体調を整えるためには睡眠も大切である、ホルモンバランスを整えるためには早寝早起きを徹底してください。
どうやって睡眠リズムを整えるかというと、ゴールデンタイムより少し早く眠るようにするのです。
22時~2時までがゴールデンタイムなので、22時よりも早く眠るように意識してください。
それによって睡眠の質が改善して、ホルモンバランスや代謝、ターンオーバーなども正常になっていきます。
体調が乱れているときは体臭が強くなりやすいので、すそわきが対策として早寝早起きを徹底してください。
体臭は体内から発生する以上、外側からのケアだけでは限界があります。
内側から臭いを抑えていく方法こそ根本解決を可能としてくれるため、不規則な生活から正していきましょう。
体調管理のためには毎日の入浴も効果的であり、ぬるま湯に少し長く浸かるのがおすすめです。

ベストな処理方法はプロの施術

すそわきが対策として適したムダ毛の処理方法は、医療機関やエステなどのプロに任せることです。
デリケートはどうやって処理すればいいのかわからない方が多いです。
ワックスやクリームを使用している方もいますが、刺激が強くて肌荒れを引き起こしてしまう方は少なくありません。
肌荒れを起こす方法というのは自分にとって不向きであり、長く続けるのは避けるべきなのです。
例えばシェービングをすると肌が乾燥するという方が多いですが、10年後は今よりも乾燥しやすくなります。
肌は年齢に比例して老化するものであり、保水力は年々低下してくるのです。
だからこそシェービングによる方法は肌トラブルを防ぐためにも避けるべきなのです。
最も適した方法は医療脱毛であり、少ない回数でツルツルにすることができます。
皮膚が薄いので他の部位より痛みは強いですが、麻酔を使用して痛みを軽減できます。
医療機関のレーザーはエステの光マシンより高刺激ですが、麻酔があればエステ並みかそれ未満まで痛みを抑えることができるでしょう。
4~6回程度の施術でほとんど目立たなくなるので、ここで完了する方も多いです。
完全にツルツルにしなくてもすそわきが対策は可能なので、予算とも相談しながら施術回数を決めてください。
施術回数を減らすためには、体調管理をして肌を強くしておくことが大切です。
肌が弱くなっていると刺激を受けやすく、出力を下げる必要があるからです。

シェービングする場合のコツとは

すそわきが対策のムダ毛処理の方法としては、シェービングを選んでいる方が圧倒的に多いです。
海外ではすそわきがの処理は極めて一般的ですが、日本ではあまり普及していません。
どうやって処理すればいいか迷ったときは、ほとんどの方がシェービングを選択するのです。
シェービングは肌の乾燥を招きやすく、また肌を傷つけることで炎症・肌荒れを引き起こすことがあります。
清潔な状態で剃るのが好ましいため、入浴後に行うのがよいでしょう。
たっぷりのシェービングクリームを使用して滑りをよくしますが、クリームを塗布してから少し時間を置いたほうが剃りやすくなります。
パッケージに塗布してから何分放置すればよいのか記載されているので、特に敏感肌の方は守りましょう。
シェービングが終わったら化粧水をたっぷりと使用して、保湿させることで肌を安定させることができます。
肌トラブルが発生する場合の多くは乾燥が関係しているので、乾燥対策は徹底してください。
乾燥さえ防いであげれば、敏感肌も同時に防ぐことができるのです。
シェービング後に保湿しないとオイリーになってしまう可能性があり、すそわきがの臭いを強くしてしまいます。
すそわきがの臭いはアポクリン汗腺と皮脂腺に由来するものであり、これらの臭いを抑えるには保湿が何より大切なのです。
保湿された肌はプルプルを維持しやすく、バリア機能も正常になるので肌が荒れにくいわけです。
すそわきがの臭いを軽減させるためには、肌バランスから整えていきましょう。

すそわきが対策の基本を押さえよう

頭を抱えて鼻をつまむ女性どうやってすそわきが対策をすればいいか迷っている方は、ムダ毛処理、体調管理を徹底してください。
医療機関やエステで脱毛施術を受けるのが好ましく、肌に負担をかけずにツルツルにすることができます。
シェービング知らずの肌はバリア機能が向上し、正常肌を維持しやすくなるのです。
シェービングで処理する場合は、終了後の保湿を十分に行って乾燥させないようにしましょう。
乾燥により肌バランスを崩してしまい、そこから肌荒れを引き起こすことが多いからです。
すそわきがの臭いは体内から発生するため、肌バランスの乱れを整えていく必要があります。
そのためには体調管理も必須であり、特に食生活のバランスと睡眠の質にはこだわってください。
脂肪分の多い食事、野菜不足の食事などを続けていると、体臭の元となる皮脂やノネナール分泌が増えてしまいます。
体内で抗酸化力が低下すると、体臭物質を抑えることが難しいので注意が必要です。
睡眠バランスの乱れも体調を崩す要因となり、体臭を強くしてしまう場合があります。
その日の体調によって発汗量・体臭が違うと感じた方は少なくないはずです。
外側からのすそわきが対策も重要ですが、体質改善を徹底した上で行うべきなのです。
臭いの元をなるべく減らした上で、毎日の洗浄・デオドラントケアによって臭いを抑えてください。
代謝不良も体臭の原因となるため、毎日ゆっくりと入浴して代謝を促進して、臭い物質の分解を促進していきましょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング