ワキガと生理の関係性。デリケートゾーンが気になる!

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

すそわきがと生理の臭いの違いを理解して対策をしましょう

女性の胸元

体臭は誰もが気にしていますが、脇や背中など分かりやすい部位だけではなくてデリケートゾーンから発生するのも気になりやすいので、何とかケアができないだろうかと考えているものです。けれども、このデリケートゾーンはすそわきがだけではなく、他にも様々な要因で強い臭さを感じてしまいます。汗をかくからこそ気になってしまうという人もいますが、それ以外にも下着を着用する事での蒸れなどもありますし、毎日の排泄の際での分泌物なども原因となります。女性なら生理も起こりますので、出血も影響してくるのです。すそわきがもとても気になりますが、このデリケートゾーンに関してはそれだけが臭い理由とはならないのです。もちろん、両方が組み合わさってしまってより複雑にはなっているのですが、どちらも普段から風呂に入りシャワーなどを浴びて清潔にしていくことで対処も可能です。もちろん、それだけではなくて必要に応じて外出先ならウェットシートなども併用して対策していくと更に効果的です。デリケートゾーンの臭さは全て同じだと思っている方もいるかもしれませんが、それぞれの違いを理解しておく事で、より効果的に対策をする事ができますから、不快な状態を軽減させていくことができます。体臭は一度気にしてしまうと周囲もかなり気になってしまって生活に影響が出てくる事もありますので、しっかりと対策できるようにすそわきがの知識も理解しておきましょう。

すそわきがの仕組みについて

最近良く聞くようになったデリケートゾーン部分周辺の臭いの一つにすそわきががあります。わきがという単語を見るだけでそれだけでとても強烈な臭さがしてきそうに思える方もいるのではないでしょうか。発生する仕組みについては一般的なわきがと変わらず、デリケートゾーン周辺のアポクリン汗腺からでる汗が原因で嫌な臭さを出してしまう事になるのです。仕組みとしては、皮膚についている細菌がこのアポクリン汗腺から出た汗を分解する時に発生します。アポクリン汗腺の汗には、たんぱく質や脂肪、アンモニアなど様々な成分が含まれているので、これを細菌が分解すると臭さの原因になってしまいます。女性に発生しやすいと言われていますので、普段から体臭のケアをしている方でも特に気にしている部位かもしれません。臭さの表現もいろいろですが、すっぱい、つんとする、鉛筆の芯のような感じがするなど、体臭なので個人差もありますが、少なくともよい香りという認識がされる事はありません。自分で気が付いて対処しているのであればいいのですが、自分で顔を近づけるようなこともしませんので、場合によってはパートナーから指摘されたりする事もあってショックを受けたりする事もあります。普段からあまりデリケートゾーンのお手入れ、ケアをしてないかもしれないと感じているのであれば、一度は対策をしておく事で気になる症状も軽減させていく事ができるでしょう。

生理の時はどうなっているのか

生理とすそわきがの時の臭いは違いますが、同じデリケートゾーン周辺で発生しますので、場合によっては同じものと混同してしまう事もあります。血が出るので何となく鉄や金属臭がするのかもしれないと思っている人もいるかもしれません。この部位の臭さはどうなっているのか気になるところですが、実は排出された血そのものは無臭です。ですが、生理の時に排出されるのは血だけではなく、子宮内膜からの分泌物も入り混じっているので、それらも気になる臭さの原因となります。こぼれ落ちた時すぐはまだそれほど臭わなくてデリケートゾーンの清潔な状態を心がけていても、ナプキンや衣類の着用をしているので蒸れてしまいますし、時間の経過とともに酸化してしまうこともあれば、それを餌に雑菌が繁殖してどんどん嫌な臭いを増やしていってしまうのです。すそわきがと同じように見えて、生理の時とは発生させる原因の元に違いがあるということは理解しておくとよいでしょう。雑菌の繁殖を少しでも防ぐためには、こまめにナプキンを取り替えたりする事が大切になってきます。清潔な状態を保てるようにする事で臭さを感じる事も少なくなってきますので、生理の時は特に嫌な臭さが発生しやすいと思っておくと対策もしやすくなるでしょう。自分が気持ちやすく過ごせるようになるだけでなく、周囲にもそうした不快感を抱かせる事も少なくなりますので安心できるのではないでしょうか。

それぞれの臭いの特徴の比較

デリケートゾーンの臭さはどちらとも同じようでいて違いがあるというのは分かってきたのではないでしょうか。すそわきがの臭いの元はアポクリン汗腺から出てくる、脂肪やたんぱく質などの成分が混じった汗を雑菌が餌にして起こります。生理の時の原因は、やはり体内から排出される血なのですが、それに入り混じっている子宮内膜などの分泌物も影響してきます。病気にかかっている時には生理の時のこれらの臭さがより強くなる事もありますので、すそわきがでもないのに臭いがあまりにも強いようであれば婦人科の診察を受けるというのも視野に入れておきましょう。どちらとも最終的には雑菌が繁殖する時に異臭を感じさせてしまうのですが、それを作り出す元が違いますので、対処の仕方も同じようにできる部分もあれば、体調や時期に応じて変えていく方がより効果的だと言えるでしょう。また、アンダーヘアに汗や血が絡み付いてしまうと、それも原因となりますので、清潔な状態を保てるようにお手洗いに行った時にはウォッシュレットがあればそれを利用したり、ウェットシートを持参しておいてそれを使うというのも効果的な対処となります。どちらも人の体に起こる自然な現象ですから、無理に止めようとすることは難しいでしょう。違いを理解した上で、必要な対処をアイテムを使ったり、入浴などの普段の生活でできる事をして対策をする事で、すっきりとしたボディを目指す事ができます。

デリケートゾーンは臭うもの

普段毎日入浴をしてシャワーを浴び、体も丁寧に洗っていても、日中の活動で人は汗をかきますし、汚れも付着します。生理が来れば更にデリケートゾーンは汚れていくのです。これらの臭いはどんな人でも発生するものですから、自分はすそわきがなのだろうかと気にしすぎるのは禁物です。もしそうだったとしても、普段のお手入れをより丁寧に行う事で対処もしていく事が出来ます。洗浄はもちろんですが、ウェットシートでの拭き取りやいろんなデオドラント製品もあるのでそれを使うのも有効です。また、アンダーヘアもお手入れがしていないようであれば、脱毛や短くしておくだけでも臭いの元になる物質を留め置くものが減りますので、対処の一つとして効果があります。すそわきがも生理特有の臭いも、同じ部位で発生しますので、場合によっては二つが組み合わさって更に強い異臭になる事もあります。デリケートゾーンは臭うものだと割り切って、自分自身で気にならないように、また他の人に臭さを感じさせる事のないようにボディケアを行うようにするとよいでしょう。自分で対策をしていてもあまりに臭さが酷い状況が続くようであれば、必要に応じて婦人科などの病院で診てもらうことも対処の一つとなりますので、利用してみて下さい。衣類や体からの分泌物など、どんな人でも臭いを出す原因はたくさんありますので、清潔さを保てるように心がけながら過ごすようにして下さい。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング