服についたしつこい臭いはスチームアイロンで消えるって知ってる?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

服についたしつこい臭いはスチームアイロンで消えるって知ってる?

洗濯もので頭を抱える女性

多くの方はとれない臭いといえば体臭というイメージが強いのではないでしょうか。体臭といえば加齢臭、ミドル脂臭、汗くささなどがあります。しかし服につく臭いというのはそれだけではありません。例えば焼肉へ出かけた時の臭い、香水の香りなども一度服にしみついてしまうとなかなかとれない臭いです。特にコートやジャケットなど簡単に洗濯できないものについた臭いはなかなか消えることがないので次のお出かけの時に困ります。服についた臭いが消える方法としては消臭剤がありますが、臭いニオイそのものが消えるというよりもにおわないような成分にしたり、臭いニオイを包みこんでそれを出さないようにするものです。つまり臭いそのものが消えるわけではありません。消臭剤を使っていても、何度もそれを繰り返している場合は服についている臭いを包みこんで重ねていくことになります。消臭剤は効果的なものではありますが、根本的な対処方法というよりは一時的な対処方法ということです。結局は臭いの積み重ねをするよりはクリーニングに出すほうが良いということになりかねません。そういう意味ではやはり臭いは根本的に消える方法を行ないたいものです。臭いを根本的に消えさせるためにオススメの方法があります。それは自宅にあるものでできます。スチームアイロンを使うのです。スチームアイロンがなぜ臭いをとることができるのか、理由などについてご紹介しましょう。

臭いが消えるスチームの効果

しつこい臭いに効果的な方法としてオススメなのがスチームアイロンを使うという方法です。なぜ効果的なのかといいますと、基本的に服にしみついてしまう臭いというのは成分が粒状になっています。そしてこの粒状の成分が繊維についてしまったり、隙間に入りこんでしまったりして臭いがしみこんでしまいます。そこでスチームアイロンの出番です。臭いを消すのに良いとされている理由は服に粒状になってついている臭いの成分を水分と一緒に吸着して放出させることができるためです。そうすることで気になる臭いごと取れてしまうというのがメリットなのです。つまりついてしまっている臭いの洗濯をできているということになります。もちろん丸ごと洗濯できているわけではないので普通に洗濯しているような清潔な状態にしたい場合は家で洗えないものであればクリーニングへ出す必要がありますが、気になる二オイだけは少なくともすっきりさせることは可能なのです。しかもスチームを使うことのメリットの一つとしてプリーツスカートに対して使う場合、スチームがプリーツにあたることによってきれいにプリーツをキープすることができるというのも良いところだといえます。あくまでもアイロンですから、シワをのばすといった本来の役割のこともあり、気になるしつこい臭いを消すということとシワのばしというW効果を期待できます。ハンガーにかけたままで行なうのでアイロンを使う時は片手でアイロン、片手で服をおさえてやるとやりやすいです。

どうやって臭いをとればいいの?

まず臭いを取りたい服の生地の裏を確認してどんな表示になっているかを確認します。表示にはアイロンをかける時にどういう設定で行えばよいかということも書かれていることが多いので、そこを見ながらアイロンの温度を調整しましょう。そしてもし脱ぎたての時などは服を振ってから行なうか、一度軽く外で風通しをするなどしてから行なうほうが良いです。準備ができたら臭いをとりたい服をハンガーにかけてからアイロンのスチームを服全体に吹きかけてから風通しの良い外に干しておきます。ですので、できれば夜に行うよりは朝行なったほうが良いです。特に天気が良い日を狙って行なうのがおすすめです。これと同じ方法には湿度の高いお風呂上りのお風呂場に一晩ハンガーにかけた状態で干してから翌朝外で干して湿気を取るというやり方と原理的には同じことです。ただお風呂場で一晩ずっと置いておくのが嫌という場合や急いでいる時にはアイロンを使って臭いとりをするほうが時短になります。もし天気が悪い日で外で風通しを良くすることができなかった場合はスチームをかけた後にドライヤーを使って布地についている湿気をとばしてしまうという方法もあります。飲み会などの翌日にまた同じジャケットやコートを着ていきたいけれど臭いがとれないという時などにはとても便利なやり方です。着る機会がなくなったら、クリーニングに一度出してからクローゼットなどにしまうほうが良いです。

もしスチームアイロンがなかった場合

家にあるアイロンにスチーム機能がついていればベストですが、もしそういう機能がついていなかった場合で特にアイロンを必要としていない場合にはお風呂で長時間(一晩)かけて臭いをとるという方法もありますが、できるだけ短時間でどうにかしたいという時は霧吹きなどを使って臭いが気になる部分を軽く湿らせてからドライヤーをあてるという方法でもスチームのような状態になります。ただドライヤーの熱で素材によっては焦げてしまいやすい場合がありますので気をつけてドライヤーをあてたほうが良いです。霧吹きじゃなくてもタオルを濡れた状態で服に乗せて、そのままドライヤーをかけるという方法もありです。ただしタオルをびしょびしょにし過ぎてしまうとスチーム効果というより濡らしたような感じになってしまうので、タオルを使う場合はびしょびしょにするのではなく、ちゃんとしぼった状態で使うのがポイントです。どちらの方法でもある程度の臭いをとることが期待できますので、なかなかとれない臭いで困っている時には挑戦してみるのが良いでしょう。ちなみに普通のアイロンで同じようにしても効果は期待できません。あくまでもスチームの機能と同じように行なわないと意味がないからです。布地を濡らしたくないという場合は他の方法を選んでみるのも良いでしょう。ドライヤーをあてるだけでもある程度の臭いがとれるということはよく知られていることです。

外で湿気をとる時には陰干しが基本

スチームアイロンなどでニオイをとったら布地についている湿気をとばしてしまうために外でしばらく干しておくのが望ましいのですが、その時には直接太陽の下に干すのではなく、できれば陰干しにしておくほうが良いです。お風呂で一晩置いておくことでニオイがとれることはよく知られていますが、この方法ですとなかなか分厚さのあるセーターやコートにしみついてしまったニオイまではとれにくいのです。しかし蒸気のパワーはすごいです。蒸気をあてて乾かすだけでそれまでとれなかったニオイがとれやすくなりますので、やってみるのがオススメです。もしこの方法でもニオイがとれなかった場合は他の方法を選んでみるのもありです。例えばお茶のでがらしを使うという方法もあります。お茶を飲んだ後はお茶の葉を干してとっておくと良いです。このでがらしには消臭効果がありますので、ガーゼなどに包んでニオイが気になっている服の上に置いておくことでも少しニオイの軽減につながります。またドライヤーをかけてニオイをとる場合でも例えばゴミ袋などにニオイのついた服を入れて軽く霧吹きをした上で袋の口を閉じぎみにしてドライヤーをかけることでもサウナのような状態になりますのでニオイをとることができます。そしてその後は陰干しをしておくのが良いでしょう。ただこの方法はハンガーにかけて行なわないので、しわになりにくい素材のものの時に行うのが良いです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング