頭皮の臭い対策に重曹のシャンプーを使ってみるのがオススメ

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

頭皮の臭い対策に重曹のシャンプーを使ってみるのがオススメ

注射器と錠剤

頭皮のべたつきや臭いなどが気になった時にオリーブオイルやお酢、塩などいろんなケアの仕方があるとされていますが、そんな方法の一つに重曹のシャンプーがあります。特に頭皮の臭いに対して効果が期待できるといわれています。といっても重曹のシャンプーそのものが売っているわけではなく、多くの方は手作りをしています。重曹はドラッグストアなどで購入することができます。掃除用や食用などがありますのでどちらでも使えます。重曹のシャンプーの方法は2種類あり、1つは普通のシャンプーに粉末の重曹をそのまま混ぜて頭皮の臭いを予防・改善するというものです。もう1つはお湯1リットルに対し、大さじ1杯程度の重曹を溶かして使うという方法です。しかも重曹は価格もかなり安いので継続的に使うにもぴったりです。ただし使い方には十分に気をつけないと頭皮の臭いが逆に強くなってしまったりすることもあるので、縦走の配合量などをきちんとはかるなどして正しいやり方でシャンプーすることが大事なのです。頭皮の臭いの原因は頭皮の毛穴につまった皮脂汚れなどを乳化させて除去するため、頭皮の臭いに効果的だとされています。臭いを完全に予防できるわけではありませんが、臭いを軽減することができます。重曹のシャンプーを毎日使うことで頭皮が傷んでしまうなどの問題が出てしまうということはありませんが、やはりいきなり臭い対策で重曹だけを使うとなると頭皮が刺激を受けてしまうことがあるので、最初は普段使っているシャンプーに混ぜて使うなどすると良いでしょう。

重曹のシャンプーを使うことのメリット

重曹のシャンプーを使うことのメリットはやはり重曹そのものが低価格であるということ、頭皮の臭いに効果があるといわれているように雑菌による臭いの予防・消臭効果が期待できます。また重曹は粒子が細かいため、スクラブ効果もあります。つまり普段使っているようなシャンプーでは落としきることができない皮脂汚れもしっかりと落とすことができるのです。他には頭皮の雑菌が臭いだけではなく、かゆみや炎症を起こす原因になりかねませんのでそういった雑菌の増殖を抑制する効果もあります。しかも男女の性別は関係なく使うことができますから、家庭に1本重曹を置いておけばいつでも好きな時に頭皮の臭い対策をすることができます。特に男性は女性よりも頭皮の皮脂が多く出る人が少なくなく、臭いも強く出てしまいがちです。また頭皮の乾燥がひどい場合もその乾燥を改善しようとしてより多くの皮脂が出てしまい、臭いがきつくなってしまうのです。過剰分泌された皮脂は髪までべたつかせてしまい、見た目にも不衛生に見えるのであまり良いことではありません。また薄毛の原因になるともいわれています。臭いのもとの汚れは毎日しっかりと落としておくことが重要なのです。また重曹は粉末状ですから小さな容器に入れておけば旅行先や出張先にも持っていって使うことができますので便利です。もしシャンプーとして使わなくなっても食用もしくは掃除用として使えるので無駄になりません。

重曹のシャンプーで洗うデメリット

臭い対策として有効な重曹ですが、この重曹で髪を洗うことのデメリットとはどんなことがあるのでしょうか。例えば研磨剤としての役割もあるため、濃度が濃いめの重曹を使うことで臭いはとれても頭皮や髪を傷めてしまうことがあるということです。弱めとはいえ、アルカリ性であるということも関係しています。さらにたんぱく質を分解するという役割もありますので、たんぱく質でできている髪まで分解してしまう恐れがあるということです。臭い対策としてはとても良いものなのですが、使い方には十分な注意をする必要があるということになります。また初めて髪を洗う時に使った場合、髪がぎしぎししてしまうこともあります。それを回避するためにはクエン酸リンスをしたり、泡立ちを良くするためにガスールを加えるのも良いでしょう。クエン酸リンスをすることで弱アルカリ性の状態から弱酸性の状態へと戻すことができます。クエン酸リンスは洗面器に小さじ1杯のクエン酸を入れてそこに髪と頭皮をつけるようにしてなじませ、最後にシャワーですすげばOKです。ガスールというのはモロッコで石けんの代わりとして使われているもので自然由来なので、こちらも体に優しい成分でできています。臭いがあると不潔な印象を与えてしまいがちなのですっきりと汚れや余分な皮脂を落としておくことは重要になります。良い面と悪い面の両方を見た上で納得して使うようにしましょう。

臭い対策としてどれだけ有効なのか?

重曹で髪や頭皮を洗うことでどれだけ臭いを改善・予防することができるのでしょうか。掃除用などもありますが、できれば食用のクエン酸を使うのが良いです。その効果の高さについては医学的な証明はまだされていないものの、アトピー患者がその健康効果に注目して髪や頭皮の臭い対策も含めて重曹で洗っていたところ、アトピーの状態が改善されたという報告がされているのです。一般的なシャンプーには肌が弱い方にとっては強い成分が含まれていることもありますので髪にも頭皮にも負担がかかっていたのです。しかし重曹は食べ物にも入れられているものですから、髪や頭皮に負担のかかるものの量を極力減らして重曹を加えたもので洗うことでその負担を減らすことができたというわけです。臭い対策としては加齢臭が気になっていた人が使うことで改善されたという口コミなども多いことから、その効果については十分に期待できるとえいるでしょう。ポイントは正しい作り方と使い方をするという点です。デメリットが全くないわけではないことはすでにわかっているわけですから、そこをカバーできるようにクエン酸を使うなど工夫をすれば良いのです。ちなみに重曹をお風呂に入れて溶かしてから入っているという人に関しては肌がツルツルになったという報告もされていますので、重曹パワーはやはりあなどれません。初めて使う場合は少なめの量から試してみるようにするのが良いでしょう。

頭皮の臭い対策をしながら重曹で洗う

頭皮の臭いの原因は皮脂が酸化してしまうことによるものです。皮脂腺に皮脂がつまったままの状態で酸化してしまうと古い脂のような臭いへと変わってしまうのです。そして皮脂の酸化の原因はといえば乾燥があげられます。乾燥することで皮脂が過剰分泌され、皮脂腺からうまく排出することもできずにつまってしまいます。そしてさらにそのつまった皮脂が原因で炎症などをおこしてしまうこともあり、こうなってしまうと臭いはさらにきつくなってしまいます。またフケが原因となっている場合もあります。フケは頭皮がはがれたものですから動物性たんぱく質ということですが、これが雑菌の大好物のため、雑菌の増殖に一役買ってしまうのです。他には脂漏性皮膚炎になっている場合も大量のフケ、かゆみ、頭皮の赤み、臭いが古い脂っぽいなどの症状が出ます。この場合は炎症をおこしてしまっているので専門家による治療が必要になってきますから診察を受けるようにしましょう。そして日常生活で臭いを予防することもできます。食生活では野菜や魚、根菜類を多めに摂取します。逆に減らしたほうがいいのは乳脂肪成分や糖分が多いものです。つまりおやつをよく食べる人であればそれを減らすようにするのがいいです。また皮脂の分泌を抑制するとされるビタミンCを多めに摂取することもおすすめです。喫煙者は特にビタミンを多く失いがちですから、積極的にビタミンをとるようにしたほうが良いです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング