セックスとちちがの悩みについて。ワキガの悩みを解消!

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ちちがをセックス時に舐める事と臭いが移る可能性について

セクシーな女性

ちちがとは乳頭や乳輪からワキガのような臭いがしている症状を表す言葉になります。また、この症状は女性にとっては非常に大きな問題になっていますし男性にとっても扱いの難しい問題になります。
まず、基本的に現代では臭いに関する問題は非常にデリケートな物になっています。これは美容意識が高まっている事などが原因で体臭に関する問題は大きな社会問題になる事もあります。
しかし、このような問題を本人に直接言ってしまう事は避けた方が良いとされています。と言うのも上記のように臭いに関してはデリケートな問題になっていますので、場合によっては指摘した方が悪いとされる事もあります。
ただしこれは一般的な関係に限られた話で、恋人や夫婦関係であれば指摘した方が良いとされています。この場合は指摘する事によって負担が減少されますし、本人にとってもメリットが大きいと言えます。また、特にちちがはその様な関係でないと分からない物になります。
本人が自覚している場合でも自覚していない場合でもハッキリと指摘する事で、お互いにより良い性生活を送れるようになります。
ただし指摘する際には単純に臭いを指摘するだけではなく、これから先の対策や改善方法について話し合うようにする事が重要なポイントになっています。
そうしないとただ相手を傷つける事になってしまいますので、指摘すると共に一緒に対策を講じる姿勢を見せる事が重要になるとされています。

ちちがを改善する事のメリットとは

ちちがを改善する最大のメリットとは、上記のように性生活の満足度が高くなる事になります。基本的に性交渉は恋人や夫婦間でのコミュニケーションの一環になっていますし、離婚や破局の原因にもなることがある重要なポイントになります。
なので、性生活の満足度はそのまま関係の満足度になっているとされています。したがって、良い関係を維持するためには満足度の高い性生活を送ることがポイントになります。
しかしちちがの場合はパートナーが舐める事を躊躇ったり拒否する事があります。そうなるとお互いに不満が残りますので関係の維持が難しくなる事があります。
また、夫婦関係であれば子供を持つためにセックスすると言う意味もあります。この場合には上記のような臭いの他にも子供への授乳などの問題が出てきます。
基本的に舐める事などによって移る事はありませんが、それでも不安や心配はつきまといます。さらに知識が不足している方ならば授乳によって母親から子供に感染すると考え、母乳で育てることを諦めると言うケースもあります。
なのでちちがを改善する事や対策を講じる事は非常にメリットが大きくなります。なお、ちちがの改善には様々な方法が存在しています。
したがって自分の状況に合わせて最も適した方法を選ぶことが可能になっていますので、手術での改善を選ぶ方もいらっしゃれば食生活や入浴の方法などで改善を目指す方も大勢いらっしゃいます。

ちちがの臭いが移る可能性とは

ちちがの方が最も気にするのはセックス中にパートナーに臭いが移ってしまう事になります。ただ、結論から言えばセックスが原因でちちがの臭いが移る事は無いとされています。
これは性病などのように特定の細菌が移る事によって発症するのではなく、本人の体質などがちちがの原因になっている事が理由になります。
なのでセックス中に乳頭や乳輪を触っても問題ありませんし、舐める事によって移る事もありません。
ただし、あまりにも長時間触っていたりすると移る事があります。と言ってもこれは一時的なもので、例えばレモンを長時間握っていると手にレモンの香りが移るのと同じ事になります。
なので、セックス中に触る事や舐める事でちちがの臭いが移る事は無いと言えます。また手に移った場合でも比較的弱い臭いになりますので、それほど神経質に気にする必要は無いとされています。
なお、どうしても気になるのであればしっかりと入浴する事である程度は改善する事が可能になります。ただしこの場合は専用の石鹼などを使用することが重要になります。
一般的な石鹼の場合は洗い残しなどがあった場合には細菌の温床になりやすいですし、専用の石鹼と比べて臭いの抑制効果は期待できなくなっています。
したがってセックス前の入浴の際には、専用の石鹼を使う事が重要なポイントになっています。またデオドラントスプレーなどを使う方もいらっしゃいますが、この場合はセックス前の対策としては避けた方が良いとされています。

ちちがに味はあるのか無いのか

ちちがは臭いが気になる物になりますが、中には味を気にする方もいらっしゃいます。これはちちがが刺激臭である事が理由になっていて、苦みや渋みなどを連想させるようになっています。
なので臭い以上に味を気にして舐める事を避ける方がいらっしゃいますが、基本的に味は無いとされています。
これは空気に味が無いのと同じ事で、ちちがを舐めても基本的に味はしないとされています。ただし場合によっては味を感じる事があります。
ただ、この場合はちちがではなく汗の味を感じている事になります。と言うのもちちがやワキガの原因は汗腺になりますので、汗の味を感じる事はそれほど珍しくはありません。
しかしこれが勘違いの原因にもなっていて、舐めた時に汗の味を感じることでちちがはしょっぱいや苦いなどと思う方が多くなります。
さらに、上記のように石鹼の洗い残しやデオドラント商品を使った事が原因で味を感じる事があります。この場合は非常に危険性が高く、基本的に食品ではないので場合によっては嘔吐などの症状を引き起こす可能性が出てきます。
このように基本的には無味なのですが汗の味を感じる可能性は十分にありますし、万が一汗以外の味を感じた場合には相手に確認する事が重要なポイントになります。
なお、人によっては体質などが原因で味がする事があります。そのような場合にも相手に確認し、場合によっては医師の診察を受ける必要があるとされています。

ちちがの改善に必要な事とは

ちちがの改善に必要なものと言えば、基本的には正しい知識とそれを実践する事になります。そうすることで効率的な改善が可能になりますし、本人にも周囲の方にも負担が少なくなります。
しかし、それ以上に重要なのがパートナーの理解になります。特にちちがが直接影響するのがパートナーになりますので、パートナーの協力を得られるかどうかは非常に大きなポイントになっています。
正しい知識を得ることも重要ですが、ちちがで悩んでいる方に対してケアしてあげる事も重要なポイントになります。
そうしておかないとセックス中に乳頭や乳輪を舐める事を避けたり触れる事を躊躇ったりしてしまうので、後々大きな問題に発展する可能性が出てきます。
また、上記のように食生活などでの改善を目指す場合にはパートナーの協力は必要不可欠なものになります。
例えば動物性たんぱく質は避けた方が良いのですが、パートナーが肉や魚などを食べたがった場合には難しくなりますし、別々の食事を用意する事は負担が大きいと言えます。
さらにそれ以外にも入浴や洗濯などの問題も出てきますので、こちらは心理的な負担が大きくなります。なので本人がしっかりと改善を目指す事も重要なのですが、それと同じようにパートナーとの協力関係が重要なカギになります。
なおそのような知識などに関しては、可能ならば複数の専門医などの意見を聞くことで確度の高い知識を得ることが可能になっています。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング