加齢臭のついた洗濯物はお湯で洗うと臭いがとれて効果的

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

加齢臭のついた洗濯物はお湯で洗うと臭いがとれて効果的

花びら

加齢臭は中高年の体臭のことで、若者の体臭とはまた違い独特の臭いがします。その臭いは人によってさまざまですが一般的に数日たった揚げ物のような臭いがします。中高年になる皮脂に脂肪酸が増えてきてそれが衣類などにつき独特の臭いを発するようになります。男女問わず加齢臭はありますが、特に男性のほうが加齢臭がきつくなるようです。それは男性はスーツなど毎日同じ服を着ることが多く、皮膚から分泌された皮脂が服につきその臭いが少しずつ蓄積されていくためです。それに男性は身だしなみに気を使わないひとも多いことも原因です。女性は身だしなみに気を付ける人が多く、毎日服を替えることが多いためです。女性で加齢臭がする人はあまりいなくて、中高年の男性のほうが圧倒的に多いです。加齢臭は家族同士でも嫌がられることが多く、特に娘がいる家庭では洗濯をするとき、父親の洗濯物は分けられてしまうことも多いようです。これは父親にとっては何気に傷つく行為です。加齢臭のする洗濯物は分けて洗えば、臭い移りがないと思いがちですが、実のところあまり効果ないようです。同じ洗濯機を使っている限り、分けて洗おうが一緒に洗おうが効果はあまり変わらないということです。それよりも加齢臭を取るのに効果的な洗濯方法をすることが大切です。加齢臭を取るのに効果的な洗濯の方法とは、それはお湯を使って洗うことです。お湯を使えば、一緒に洗濯しても臭いが移ることはありません。

加齢臭のする洗濯物はお湯洗いが効果的

加齢臭のする洗濯物は、どうしても別に分けて洗ってしまいたくなるものです。しかしながら分けて洗っても一緒の洗濯機を使っている限りは効果はありません。臭いは洗濯機についてしまうため、分けて洗おうが一緒に洗おうがたいして違いはないのです。洗たくするひとにとっては、2回に分けて洗うということがかなりの手間ですし、時間もかかります。それよりもお湯をつかって洗ったほうが加齢臭には効果的なのです。加齢臭とは、皮脂でできておりそれが繊維の奥に入り込んでしまうため、普通に洗ってもなかなか臭いが取れません。お皿の油汚れも水だとなかなか落ちないですが、お湯で洗えば油が溶けてすんなりと落とすことができます。それと同じように加齢臭の原因となる皮脂汚れも、お水ではなかなか落とすことはできませんが、温水を使えば繊維の奥の皮脂汚れも繊維から離れていき落とすことができるのです。もしどうしても加齢臭の洗たくものを分けたいのなら、初めに加齢臭の衣類だけを酸素系漂白剤と温水を使って2時間ほどつけておき、あとで他の洗たくものと一緒に洗うといいでしょう。あと最もニオイがきついシャツの襟の部分などは、はじめに酸素系漂白剤と温水を使ってつけおき洗いしておけば、臭いも汚れもかなり落ちます。酸素系漂白剤は水でつけても効果はあまりないので、必ず温水を使ってつけおき洗いするようにします。皮脂汚れは貯めてしまうとお湯で洗っても落ちなくなりますので、こまめに洗うようにすることも大切です。

洗たくするときにお湯洗いするメリットとは

加齢臭のついた衣類は、お湯で洗うといやな臭いが取れてかなりきれいになります。それに温水洗いはそのほかにもいろいろな効果があります。まずは食べ物の油汚れやそのほかの油汚れなどもお湯で洗うことによりかなりきれいになります。それに温水だと冷水よりも洗剤の効果が発揮されるので、さらにきれいになります。温水は臭いの原因となる細菌などを死滅させる効果もあります。洗っても洗たくものがぞうきんのようないやな臭いがするということもよくあります。それは衣類に細菌が繁殖しているためであり、それがニオイの原因となっています。そのニオイも温水を使うことによって細菌が死滅してニオイがなくなるというわけです。つまり衛生的にも良くさらに清潔に保つことができるのです。温水で洗たくするとき、お湯を用意するのが大変なことがあります。今だと水を温水にする洗濯機も作られているので、そういった洗濯機を使ってみるのもいいかもしれません。また温水を大量に用意する方法としては、お風呂を沸かしてそのお水を使えば大量の温水で洗うこともできます。もし大量の温水を用意することが面倒だったり、光熱費の関係で用意できないのであれば、汚れがひどいものだけを分けてやかんでお湯を沸かして酸素系漂白剤をつかってつけおき洗いする方法もあります。温水で洗たくするのは効果がありますが、用意するのが大変なのでこれらの方法を試してみるのもいいかもしれません。

お湯洗いのデメリットとは

洗たく物をお湯で洗うことは、さまざまな効果がありますが場合によってはデメリットもあるようです。ひとつめは温水で洗たくするのはお水で洗うよりも洗浄効果が上がりますが、これによって生地への負担も大きくなります。ウールだと生地が縮んでしまうこともあるし、濃い色の衣類の場合だと色落ちする場合もあります。なので生地や洋服によって使い分ける必要があります。デリケートな衣類の場合は温水の温度をなるべく低めにするようにしたほうがいいでしょう。またTシャツだとプリントしてあるデザインも多くありますが、プリントにはものによってはゴム素材などでできている場合もあるため、温水だとひび割れがおこったり、プリントが取れてしまったり、劣化してしまうこともあります。プリントの場合も温水の温度には気を使ったほうがいいでしょう。二つ目としては洗たく機によっては、あまり高温の温水を使ってしまうと機械が壊れてしまうこともあるかもしれません。最新式だと温水に対応している洗たく機もありますが、旧式だと温水に対応してないものも多いようです。温水洗いする前に洗たく機の確認もしておいたほうがいいでしょう。取り扱い説明書などに何度の水まで対応しているか書いてあるので、前もって説明書を読んでおいたほうがいいでしょう。あと大量の温水を用意することは、光熱費もかかるようです。光熱費が気になるなら、汚れのひどいものだけをつけおき洗いするとかしたほうがいいかもしれません。

加齢臭のニオイを防ぐには

加齢臭をなくすには、衣類からニオイをなくすのが一番効果的です。それにはお湯であらうのが一番です。ですが、毎回洗っていてもだんだんとニオイは蓄積されていくものです。ニオイをなくすには衣類を洗たくする方法だけではなく、そのほかにもニオイをなくす方法を考えることも大切です。ニオイをなくすには温水洗いだけではなく洗剤を替えてみるのもひとつの方法です。普通の洗剤だとニオイはなかなか落ちませんが、皮脂に強い洗剤をつかうと普通の洗剤よりも簡単に落とすことができます。また最近では、加齢臭専用の洗剤も販売されているので、そういったものを試してみるのもいいかもしれません。ただしそういった洗剤は普通の洗剤よりも高価なものが多いので、汚れひどいものだけを使ったほうがいいでしょう。あとはスーツなど毎回洗たくできないものは消臭スプレーなど使うと、ニオイをかなり抑えることができるようです。そのほかに加齢臭を抑える方法としては、体の洗い方にも工夫することも大切です。加齢臭を抑えるには高温のシャワーを使うとかなり効果があるようです。さらに最近では加齢臭専用の石鹸なども販売されているので試しに使ってみてもいいかもしれません。あとは加齢臭が多く出てしまうのは、日々の食生活にも原因があるようです。加齢臭が気になるのなら、なるべく油の多い食べ物は避けるようにして、野菜を多く取るようにするようにすることも大切です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング