加齢臭は生活習慣病が原因で発生する場合はどう対処すればいい?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

加齢臭は生活習慣病が原因で発生する場合はどう対処すればいい?

2つの小瓶と花

40代になると皮脂分泌が増えると同時に、ノネナールという加齢臭物質も発生してきます。
これが原因でロウソクや古紙の臭いとも称される加齢臭が発生するわけですが、年齢的な問題だけではありません。
普通の体臭にも言えることですが、生活習慣が大きく関係しているのです。
最も影響するのは喫煙だと言われており、非喫煙者から見て喫煙者の体臭は強いと感じた経験はあるでしょう。
タバコに含まれる有害物質はノネナールの分泌を増やしてしまうので、臭いが強くなってしまうのです。
ほかにもお酒の飲みすぎ、カロリーの摂りすぎ、運動不足、ストレスなどが関係してくるので、生活習慣を改善するための対策が必要でしょう。
生活習慣病を防ぐための対策をすれば、同時に加齢臭対策も行えるというわけです。
加齢臭が発生する年齢は個人差があり、早ければ30代から今までと体臭が異なると感じることがあります。
体臭とは生活習慣を反映するものであり、例えば食生活も大いに反映されます。
野菜をたくさん食べる方はあまり臭いませんが、肉食中心だと脂っぽい臭いがしてしまうのです。
便臭と比例する部分も大きく、以前より便臭が強くなったと感じたら体臭も強くなっていると考えられます。
腸内バランスの乱れも体臭を強くしますから、善玉菌や食物繊維を摂取するなどして対処してください。
デオドラントで臭いを軽減することは可能ですが、体内から改善するには生活習慣の見直しが必須となります。

年齢のほかに生活習慣も大きく関係している

一定の年齢になれば体臭に変化がみられ、これがいわゆる加齢臭と言われるものです。
個人差はありますが30代~40代にかけて発生し、女性の場合は50代で発生することもあります。
女性は加齢臭とは無縁と考える方が多いですが、ノネナールの分泌量が男性より少ないだけであり、少なからず臭いは発生しています。
生活習慣病を発症している方は、そうでない方より臭いが強くなるのが普通です。
不規則な生活がよくないのは間違いないため、生活リズムを整えることから始めていきましょう。
肥満、血液ドロドロ、便秘などは臭いを強くする原因となるので、健康を増進することが対処法として欠かせません。
年1回の健康診断を受けている方なら、数値に異常が出ないように体調をコントロールしていきましょう。
30代~40代にかけては生活習慣病の発生率が高くなりますから、特に加齢臭対策も徹底していく必要があります。
もともと日本人は体臭が弱いと言われていましたが、その最大の理由は食生活の中心が和食だったからです。
和食は肉類の割合が極めて少なく、高タンパク・低脂肪食の代表格のようなものです。
塩分が多い点さえ注意すれば、和食は体臭を抑えるためにも最適と言えるでしょう。
現代人の体臭が強くなっている理由として、食の欧米化による脂肪の摂りすぎがあげられます。
ノネナールと皮脂が結びつくと加齢臭を強くしてしまうので、肉類の摂取は1日100g以下に抑えたいものです。

体内から抗酸化力を上げて対処を

生活習慣病を防ぐためには免疫力を上げていく必要があります。
免疫力が低下してくると、肥満、血流障害、便秘などの発症率も高まるのです。
対処法としては抗酸化作用のある食品をたくさん摂って、体内から免疫力を上げていくのが効果的です。
野菜は1日350gを摂るように意識して、そのほか食物繊維が豊富な食品を摂り入れましょう。
腸内バランスをよくするにはヨーグルトが効果的なので、毎日100g程度を食べるようにしてください。
お酒の飲みすぎには注意するべきですが、適量の赤ワインならポリフェノール、レスベラトロールなどの抗酸化成分を摂取できるのでおすすめです。
抗酸化力を高めることでノネナールや皮脂の酸化を防ぐことができるので、加齢臭を軽減できるのです。
生活習慣病にかかりにくい方は体臭も抑えられるため、まずは健康維持から始めてみましょう。
加齢臭が強くなってしまう方に共通するのは、不健康な状態が継続していることです。
疲労・ストレスを溜め込んでいるケースも多いので、それによる活性酸素の増加も原因として考えられます。
活性酸素は抗酸化成分が抑えてくれますが、睡眠リズムを整えることでさらに減らすことができます。
ストレス解消によいサプリを摂ることで、睡眠の質を高めることができるでしょう。
質のよい睡眠は身体を元気にして、ストレス耐性を高めてくれるのです。
ストレスを感じにくい身体になれば、自然と加齢臭も軽減するはずです。

適度な運動をして加齢臭対策を

代謝機能が低下していると加齢臭が発生しやすいため、適度な運動を心がけてください。
人によって適度の解釈は異なるでしょうが、代謝促進として運動するなら20分以上継続できるメニューがよいでしょう。
車は暖気運転をしたほうが調子がよくなりますが、人間の身体も同じなのです。
数分の運動を繰り返してもあまり効果はないため、回数よりも時間にこだわってください。
ジョギングを20分続けるのが難しいという方は、ウォーキングなら実現可能でしょう。
少し早歩きをするだけでも身体が温まって代謝機能が高まるため、体内にある脂肪・老廃物の排出効率を高めることができます。
それによって臭い物質の代謝もスムーズになるため、加齢臭を抑えることができるのです。
あまり汗をかかない方は体内に老廃物を溜めやすいため、汗をかける体質に変えていきたいものです。
水分を制限しすぎると血液がドロドロになって汚れてしまうので、水は少し多めに摂るくらいがよいでしょう。
水素水は体内から代謝を高めることで、加齢臭対策としても活用できます。
水素水を飲んだ直後は、身体がポカポカと温かくなるのを実感する方もいますが、これは代謝が促進されているためです。
運動と水素水の飲用を並行していけば、より効果的にデトックスが可能となります。
デトックスは生活習慣病を防ぐための対処法としても最適であり、運動不足・冷え性体質の方は特に意識したいものです。
加齢臭の原因物質を体内から追い出せば、ベタベタした汗がサラサラに変わってくるはずです。

加齢臭は頭皮から発生することが多い

加齢臭はボディ全体から発生するものですが、特に臭いが顕著となるのは頭皮でしょう。
頭皮は皮脂分泌が顔の3倍と言われており、鼻から近いこともあって臭いを強く感じやすいのです。
毎日シャンプーをしているのに最近頭皮が臭うという方は、加齢臭が原因かもしれません。
加齢臭は年齢とともに少しずつ強くなるので気づけないことが多いですが、比較的気づきやすいのが頭皮臭の変化なのです。
頭皮臭への対処法としては、週に1~2回の頭皮クレンジング洗髪がおすすめです。
毛穴の内部に詰まった皮脂を落とすことで、臭いを抑えることができるでしょう。
頭皮臭が強くなり始めたら、加齢臭対策として生活習慣病の予防も必要となります。
口臭が強くなってきた方は胃腸が弱っている可能性があるので、胃腸を元気にしていく対策が必要です。
消化吸収がうまく行われないと口臭が強くなりますし、便秘になると体臭全体が強くなります。
体臭の変化は体質の変化とも考えられるため、生活習慣病対策をより徹底していくべきでしょう。
生活習慣病を防ぐための基本は、肥満にならないことにあります。
肥満からその他の生活習慣病に進行することが多いため、何より肥満を抑えることが大切なのです。
カロリーの摂りすぎには十分注意して、野菜や豆類・ヨーグルトなどを積極的に摂っていきましょう。
体内から対策をすることは体質改善につながり、加齢臭や体臭を抑えることにつながります。
早ければ30代から加齢臭が発生するので、30代から特に肥満対策を徹底する必要があります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング