デオドラントに関するメンズ向けロールオンタイプの特徴

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

デオドラントに関するメンズ向けロールオンタイプの特徴

グレープフルーツにキスする女性

デオドラント商品といえば、汗による体臭の悪化を避けたり、臭いそのものを抑えられるのが特徴です。
中でもロールオンタイプは、直接肌に塗ることが出来ますから、ピンポイントで効果に期待することが可能です。
また、デオドラント商品の多くは、メンズ用が用意されているので、体臭が気になるメンズにとって、見逃せない選択肢となるでしょう。
商品選びに迷っている場合は、ロールオンタイプに注目して、その特徴を理解したり、候補に加えることをおすすめします。
メンズは特に、体臭が発生しやすい部分が明確ですし、範囲は限られているので、的確にデオドラントが出来れば、気になる臭いが抑えられます。
デオドラントの中でも、ロールオンは主力のタイプの一つですから、他のタイプと比較して、好みに合う物を選ぶことがポイントとなります。
塗ってデオドラント効果を発揮する、これがロールオンタイプ最大の特徴なので、特徴を踏まえて商品選びを始めることが大切です。
ロールオンタイプはメリットが多く、商品が使う人に合えば、他では得られないデオドラント力が引き出せます。
メンズというだけで、ただメンズ用を選ぶ人もいますが、これではデオドラントの効果が最大限に発揮されているとはいえず、ロールオンの効果も半減してしまうでしょう。
デオドラントを検討する時、まず大切なのは種類や特徴を理解して、それから最適な候補を絞り込む方法にあるといえます。

塗って使えるロールオンタイプのメリット

ロールオンタイプのメリットは、何といっても塗って使えることにあるので、使いたい部分にだけ使える、無駄のない経済的な効果があります。
更に、皮膚が弱い人であっても、塗る部分や量が調節出来ますから、スプレータイプのように、付け過ぎが避けられるのも利点です。
体臭が比較的強くない人は、標準より塗る回数が少なくても、十分にデオドラント効果が発揮される可能性があります。
逆に、体臭がキツイ場合でも、自由に塗る回数が増やせることを意味しますから、メンズの体臭に応じて、柔軟に対応出来る点もロールオンの魅力です。
基本的に、ロールオンタイプは腋に使いますが、目や粘膜以外であれば、何処に付けても安全な物です。
皮膚に滲みたり、刺激的な成分を含む心配もありませんから、刺激が苦手なメンズでも、安心して選ぶことが出来るでしょう。
使い方は、入浴やシャワー後に、タオルで水分を拭き取ってから塗るだけなので、短時間でデオドラントが済むのも魅力的です。
キャップを外して、塗りたい部分に塗り広げるのみですから、手に付かず洗い流さなくても良いのが便利です。
ロールオンのデオドラントは、朝塗ると一日持続するタイプが多いので、汗が体臭に変わるのが気になる人に、試してみる価値があります。
仮に、もし昼間や夕方に体臭が現れても、重ね塗りすると臭いが抑えられますから、その点もメリットに加えることが出来ます。
スプレータイプは匂いが強かったり、飛び散るので使う場所を選びますが、塗るタイプは匂いで誤魔化すのではなく、飛び散る心配もないので何処でも気軽に使えます。

デメリットにも繋がる塗る方法

塗るだけでデオドラントが完了、これはとても魅力的ですが、反対にそれがデメリットに至る場合もあります。
肌に付着した成分は、汗と反応して酸性化するので、皮膚が弱い人には注意が必要です。
汗でかぶれやすかったり、炎症が発生して強い痒みが生じる人は、デオドラントを行うこと自体が難しくなります。
しかし、皮膚に発生する、炎症や痒みの程度には個人差があるので、使用前にパッチテストを行なえば、問題なく使えるか判断することが出来ます。
一方で、もう一つのデメリットなるのは、肌に直接塗って定着させる必要があることです。
つまり、腋に塗る場合には、もれなく定期的な脇毛の処理が欠かせなくなりますから、この点が手間と感じさせるデメリットになるでしょう。
他にも、衣服に染み込んだ汗が発する臭いには無力なこと、大量に汗をかくと有効成分が流れてしまう、といった欠点も挙げられます。
ムダ毛処理を省けば、体臭を抑える効果は半減しますし、汗かきのメンズは効果が弱まる恐れが強まります。
使用方法は塗るだけなので、臭いが気になってからでも遅くないと考えがちですが、実は体を洗ってからでなければ、その効果は殆ど発揮されません。
汚れた状態の肌に塗ると、汚れを塗り広げてしまうので、衛生面でも好ましくないと考えられます。
使用に適しているのは、普段から清潔好きなメンズで、体臭のケアを頑張っても、一向に解消しない人が該当します。
それ以外のメンズは、生活習慣を見直してからの方が、期待した通りの結果が得られる可能性に繋がります。

代表的なロールオンタイプの商品の特徴

ミョウバンを成分に含む商品は、汗が原因の体臭の対策に最適で、効果に期待出来るだけの価値があります。
ミョウバン自体は、古くからデオドラント目的に愛用されていますから、安全性や効果の裏付けが存在しています。
勿論、実際の効果には個人差があるので、使ってみなければ分かりませんし、商品の選び方でも得られる効果に差が生じます。
ミョウバン入りで、比較的手頃な価格で試せる物は、カジュアルなブランドから豊富に登場しています。
エージーデオ24シリーズは、無香料を含む三種類の香りから選ぶことが出来て、その上制汗効果も得られます。
商品一つあたりが、千円未満とお手頃ですから、どれでも良いので一先ず、選んで試してみると良いでしょう。
ロールオンは塗りやすく、肌の上で転がすだけで、有効成分をピンポイントに浸透させることが出来ます。
ミョウバンが合わなくても、他の成分が選択肢に加わりますから、決して諦めることなく、体に合う物を選ぶことが肝心です。
ナノイオンタイプは、二つ目の有力な候補で、イオンが臭いの原因菌に殺菌力を発揮する、という特徴があります。
ミョウバンとは違い、汗と反応しても酸性にはならないので、かぶれやすいメンズでも安心して選べます。
代表的な商品は、メンズの体臭に定評のあるバンシリーズで、石鹸の香りと無香料タイプが選べます。
効果的には、ミョウバンの方が期待値は高めですから、最初にミョウバンタイプを試して、次にナノイオンタイプに進むことがおすすめです。

特徴を把握すると商品が選びやすくなります

ロールオンタイプには、転がして塗りやすい基本的な利点と、手が汚れないので手間なく塗れるメリットがあります。
曲面に塗りにくいスティックとは異なり、腋に問題なく使えることもあって、体臭が気になるメンズに魅力的な特徴が満載です。
ある程度の太さがあるので、足の指の間には不向きですが、広範囲を一度に塗りたい時には最適です。
それ以外であっても、ほぼ体のどの部分にも使えますから、商品を一つ持っているだけで、体臭対策が行いやすくなるでしょう。
デオドラント商品の特徴は、塗りやすさだけではなく、効果を発揮する成分にも現れています。
ミョウバンは安全で、有力な選択の候補ですが、効果の高さ故に、肌との相性があるのが短所です。
ただ、古くから体臭対策に活用されている、実績面に特徴があるので、安全性や信頼性において、最新の成分よりも期待出来る有利さが存在します。
所が、肌と相性が良くなければとことん合わないので、その場合はミョウバンが使われていない商品こそが、次に期待する候補となります。
ナノイオンや金属イオンは、成分自体が殺菌効果を発揮しますから、汗と反応する心配が少なく、肌が荒れるリスクも最小になります。
デオドラント市場は、消費者のニーズの高まりによって、各社から様々な種類の商品が次々に登場しています。
一見すると、どれを選べば良いか分からなくなりますが、特徴を把握して踏まえることで、希望に近い商品が選びやすくなります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング