嗅覚がフラッシュバックするプルースト効果を利用しよう

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

嗅覚がフラッシュバックするプルースト効果を利用しよう

女性の横顔と香水

普段の生活の中で嗅覚が働くということはあまり意識していないかもしれませんが、ふとどこかに出かけて何かの香りを嗅いだ時に記憶がフラッシュバックするということはないでしょうか。懐かしい昔の記憶が蘇る事もありますが、嗅覚の力によってそうした現象が起こる事もあります。香水の香りで昔の元彼や元彼女の事を思い出したりするのも、嗅覚が作用して思い出を呼び起こしたりしているのです。自分自身では気がついていなかったとしても、体が覚えているというのは嗅覚の凄さを感じるのではないでしょうか。このような記憶のフラッシュバックが起こることをプルースト効果と呼びます。恋愛の事で昔の懐かしい、ちょっぴりほろ苦い思い出が蘇る事もありますし、勉強をする時にも上手く嗅覚の力を利用する事で勉強効率がアップするなど、いろんなシーンでこの力が働いているのです。香りというのは想像している以上に日常生活の中にたくさん溢れています。心地よい匂いなのかそうなのかは関係なく、嗅覚が体でいろんな思い出や学習効果などを記憶しているのです。普段では全く何も意識していなかったのに、香りがするだけで様々な記憶が蘇るというのはとても面白い事です。嗅覚が働いて何か思い出した時には、どんな香りだったのか、どのような思い出や記憶だったのかもメモをしておくと後で見返すこともできますのでとてもおすすめです。嗅覚の力の凄さを感じられることでしょう。

プルースト効果の名前の由来

嗅覚の作用で記憶や思い出などがフラッシュバックするこの効果の名前はどのようにつけられたのでしょうか。元々の由来はフランスの文豪であるマルセル・プルーストの小説「失われた時をもとめて」という作品の中で、主人公がマドレーヌを食べた時にその香りがきっかけで家族の事を思い出した事から名づけられています。ここでも嗅覚が働いて、懐かしい記憶がフラッシュバックしているという事がよく分かるのではないでしょうか。このように、特別な匂いでないと嗅覚が働かないというのではなくて、むしろ日常の生活の中でちょっとした匂い、家族と一緒に過ごしていた時の食べ物や、恋人たちが過ごす時の香り、ペットたちの匂いなど、いろんな当たり前の匂いが嗅覚に作用しているのです。いろんな香りが溢れているから普段はあまり気づかない事もあると思いますが、何かに気がついた時などはもしかしたら嗅覚が働いているかもしれません。特に恋愛などの記憶は忘れたいと思っていてようやく何となく忘れた気がして生活ができ始めたような頃に、ふとちょっとした香りで思い出したりする事もあります。そんな時には、プルースト効果が働いているのだと思って、あまり気にせずに嗅覚が働いていたのだなと思うぐらいでよいでしょう。良いことも悪い事も思い出してしまうのが少しつらいところではありますが、上手に良い事に嗅覚が働いてくれるように過ごしてみるのも良いかもしれません。

どんな風に作用しているのか

嗅覚の力でちょっとした何気ない記憶が思い出されていると言われても、どのように嗅覚が働いたのかあまり分からないという事もあるでしょう。嗅覚は脳の中でも特に原始的な感情を司る部分の大脳辺緑系に直接繋がっています。自分自身では覚えていないようなことでも、本能的にはっとして情緒的なことに結びついていきます。五感の中でも嗅覚だけがこの大脳辺緑系に繋がっている事で、より感情に訴えかけられると言ってもいいでしょう。喜びや悲しみ、その時々のいろんな感情が生まれますが、例えばお線香の匂いを嗅いでお葬式などを思い出すのもそのように作用していると考えて差し支えありません。自分では気がついていないかもしれませんが、想像している以上に香りがたくさんの記憶を脳の中に覚えこませているといってもいいでしょう。嗅覚が働いてフラッシュバックする時はこのプルースト効果が利用されているわけですが、香りとともに覚える時に意識していないことが多いので、いつもなぜこのような事が起こるのだろうかと不思議に思ってしまうのでしょう。特別な事ではなく、嗅覚がきちんと働いているというだけのことなので心配する事はありません。難しい原理だと思うかもしれませんが、いつの間にか嗅覚が働いている事が殆どなので、それほど気にしなくても良いでしょう。香りの力と、それを嗅ぎ取る自分自身の嗅覚の働きが脳や感情に働きかけていると思って下さい。

上手にプルースト効果を利用する

これまでは通りすがった人の香水などの匂いで、昔の恋人や友人たちを思い出したり、ちょっとした場所などがフラッシュバックするというような効果があるというだけの認識でした。ですが、上手にこの効果を利用する事で、勉強などにも効率性がアップすると期待されています。香りを嗅ぎながら勉強をする事で覚えた事は、その香りを嗅いでテストなどを受ければ思い出しやすくなります。嗅覚を上手に利用するというのは難しそうかもしれませんが、記憶喪失や認知症などに対しても利用はできないだろうかと模索されています。過去にどんな匂いに触れていたのかを知る必要はありますが、対象の人に匂いを嗅いでもらう事で、その時のことを思い出してもらうのです。薬などを使うわけではなく、嗅いでいて気持ちよいと思える匂いであれば、利用する側にも負担にはなりにくいです。試験勉強などをする時にも、効率アップのために香りを上手く取り入れていくことで、覚えやすくなるだけでなく、それをアウトプットする時にも効果が出やすくなります。勉強などに使うのであれば、普段から手に入りやすくてなおかつ嗅いでいる本人が心地よいと思えるような匂いを準備しておくと良いでしょう。今はいろんな香りが手軽に手に入りますので、気軽に自分の好みの香りを探してみましょう。そして勉強などに使うのはもちろんですが、良い思い出作りをする時にも上手く使ってみると後で思い出す時も幸せな記憶として蘇ることでしょう。

想像しているより凄い嗅覚の力

ただ単に匂いを嗅ぐだけと思って嗅覚の力にはあまり意識が向いていないかもしれません。普段は何となく食事の香りが良いとか、朝に飲むコーヒーの香りがスッキリさせてくれるなとそんなぐらいかもしれませんが、この時にも嗅覚は働いているのです。朝のコーヒーを飲めば頑張れるというように自分で思っているのも、プルースト効果の作用で気合が入っていると思っていいでしょう。勉強や仕事の効率を上げていくためには、ちょっとしたことではありますが、香りの力に助けてもらうのは悪いことではありません。心地よい香りであれば嗅覚も働きやすくなりますし、自分自身でも匂いに触れた時に気分よく行動できるでしょう。嗅覚が働くのは、感情や心の動き、情動的な部分に直接作用していますので、できる限り感情が動くような時には香りにも意識を向けておいた方が良いでしょう。嫌な臭いがした時はできればその発生源から距離をとりたくなるというのも、一種の効果が作用しているのです。勉強をする時や仕事をする時、休日に恋人や家族と過ごす時など、いろんなシーンでもっとどんな香りがしているのか気にかけてみて下さい。良い匂いがするのであれば、気分も良く過ごせますし、その逆であればその時間はちょっと満足ができないような時もあるでしょう。日常生活の中であまり意識していない嗅覚ですが、自分の体の機能の一つですから、上手く使いこなしてよい記憶をたくさん思い出せるようにしたいものです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング