酸っぱいお酢には気になる体臭を消す効果があるのか?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

酸っぱいお酢には気になる体臭を消す効果があるのか?

お酢の入ったボトル

酢は、防腐・防菌のために使われることがあります。マヨネーズなどが比較的腐りにくいのは、酢によって細菌の繁殖が抑えられているからです。
体臭の原因は皮膚の常在菌が皮脂などを分解して酸化させて、繁殖するからです。この酸化臭が体臭の原因になります。なので、外側からのケアであれば、細菌の繁殖を抑えてあげることで体臭を消す効果が得られる可能性があります。
また、酢を摂取することでクエン酸の効果で体臭を消す効果が期待できます。クエン酸は食べ物から得た栄養素をエネルギーに作り変えるためにエネルギー代謝を行います。エネルギー代謝が低下すると、肝臓の機能が弱まってアンモニアが汗に出にくくなり、アンモニア臭を防ぐことができます。アンモニアは疲れた時に発生する乳酸が増加すると一緒に増えるのですが、肝臓がきちんと働かないと解毒機能が弱まってアンモニアの排出が追いつかなくなり、飽和状態になって体臭の原因になってしまいます。なので、酢を摂取することで肝臓の働きを強化すれば体臭を消す効果が期待できる可能性があります。
つまり酢は、外側から酢を使って殺菌、内側から摂取してアンモニア臭を減らすというどちらからも対手を消すために使えるということです。
酢自体が独特の臭いを持っているので苦手という人もいるかもしれませんが、殺菌や肝機能を高めるのに使うことができるので、体臭ケアのアイテムとして試してみるといいでしょう。

殺菌効果で体臭を消す

皮膚に雑菌が繁殖してしまうと、肌がアルカリ性に傾きます。
酢は酸性なので、アルカリ性に傾いた肌を酸性に傾ける効果が期待できます。加齢臭の原因の臭い成分であるノネナールも、肌を酸性に傾けることで雑菌の繁殖を抑えて消すことができます。
効果的なのはお風呂に酢を入れる方法で、コップ半分くらいのほんの少し入れるだけでOKです。
また、酢でうがいすることで口臭を消す効果が期待できます。口臭の原因の一つが、食事をした時の食べカスが歯に付着して、それが菌の繁殖を招きます。食後に歯磨きをして食べカスを取るのが一番効果的な体臭対策ですが、それができないような状況ならば酢でうがいするだけでも口臭を防ぐことができます。穀物酢が苦手な人は、フルーツ酢などを使ってもいいでしょう。
また、酢を摂取することで胃腸の細菌の活動が抑えられるというプラスの効果もあります。口臭の原因は食べカスの他に、胃腸から血流に乗ってくる臭いもあります。例えば、ニンニクを食べた後にしっかり歯磨きをしても臭いが取れないのは、胃腸の血流にニンニクの臭い成分がのって口まで漂ってくるからです。
さらに、酢は腸内の有害菌を減らして善玉菌の働きを活性化させて、便秘による体臭を消す効果もあります。腸内環境が乱れていると、腸内で腐敗したガスなどが血流にのって体臭をきつくさせることがありますが、酢で有害細菌の活動を抑えることで、体臭を消すことができます。

肝機能を高めて体臭を消す

肝機能が低下すると、アンモニア臭や食べ物に臭いがそのまま出てしまうことがあります。ドブやカビ臭い体臭、排水溝や雑巾のような体臭と例えられることもあります。
お酒を飲みすぎて肝臓が弱っているような時には、このような肝機能低下で体臭が起こることがあります。
肝臓は様々な働きをしていますが、その一つとして解毒作用があります。体内で発生した有害な物質は、そのまま放置していると体に害を与えてしまいます、なので、害を与えないように肝臓が解毒して無害な物質に変えています。
しかし、肝機能が低下すると有害物質が無害化できなくなって、悪臭成分がそのまま体臭となって出てしまうことがあります。
肝機能を高めるために酢を摂取する場合、食用の酢であればなんでもOKです。米酢、穀物酢などであれば普段の食事にも取り入れやすいでしょう。
ポイントは肝臓を強化させるためのクエン酸を摂取することなので、使いやすいものならなんでも体臭対策に使えます。
健康な状態では、人の体は弱アルカリ性に傾いています。しかし、疲れていると酸性に傾いてしまいます。酢に含まれているクエン酸には酸性に傾きがちな体を弱アルカリ性に保つ働きがあるので、健康な体づくりにも役立ちます。
また、唾液の分泌を促進してくれる作用があり、これは口臭対策に役立ちます。唾液の分泌量が減ってしまうと体臭がきつくなりますが、それを抑える効果も酢には期待できます。

体臭対策におすすめの摂りかた

内側からの体臭ケアで酢を摂るならば、毎日手軽に飲みやすいリンゴ酢がオススメです。リンゴ酢はリンゴ果汁を酢酸発酵させて造った酢です。健康や美容効果があることから、女性からも支持されています。
まろやかな口当たりで、リンゴのフルーティな甘みが感じられるので、そのまま飲むのに適しています。殺菌と肝機能の向上ができる他に、リンゴ酢に含まれるリンゴ酸や酢酸などの有機酸が腸内環境を整えるのに役立ち、便秘解消にも貢献してくれます。
リンゴ酢を飲むなら、食事中か食後がオススメです。空腹時に飲むとクエン酸の働きで胃酸過多になって胃の粘膜が傷つく可能性があるからです。爽やかに飲むならば、炭酸水で割って飲んでも良いでしょう。
やや飲みにくいと言われることが多いですが、黒酢も体臭対策としてオススメです。こちらも体臭の原因となるアンモニアを排出してくれる効果のおかげで、体臭を消すことができます。また、アミノ酸も豊富に含まれているので体を元気に保つのにも役立ちます。飲みやすくするならば、100%のりんごジュースで割って飲むといいです。水で薄めただけだと飲みにくいので、混ぜて飲むようにするといいでしょう。
体臭対策のために飲むのであれば、毎日続けないと体臭を消す効果は期待できません。続けやすい方法を見つけて、継続することが大切です。なので、体臭にいいからという理由だけで選ばずに、飲みやすく続けやすい方法を選びましょう。

外側からも内側からも体臭対策

体臭を消すためのアイテムとして、酢は非常に優秀です。完全に消すことができなくても、臭いが弱まってくれば、さらに継続しているうちに気にならないレベルまで持っていくことができる可能性もあります。
臭いの原因となる細菌の繁殖を抑えてくれて、肝機能を回復させて解毒機能がきちんと働くようにさせることで、体臭を消すことができます。
どうしても飲めないというのであれば、お風呂に酢を入れて入るのも効果的です。大量に入れなくても、少量入れるだけでも効果が期待できるので、実行してみましょう。ゆっくり入ると汗をかいて血行がよくなり、乳酸の代謝が促進されてアンモニア臭を防ぐのにも役立ちます。
あまりにも自分の体臭を気にしすぎるのも考えものですが、どうにかしたいと考えているのであれば酢を使ってみるといいでしょう。スーパーで買えるくらいの手頃な値段のものでも、なんでも構いません。高価なアイテムを使わなくても安価なもので対策ができるといういい例です。
もし使ってみて合わないようであればやめればいいだけですから、とりあえずという軽い気持ちで実行してみるといいでしょう。
大切なのは信じて使い続けてみることです。「効いているような気がする」と思うだけでも、ストレスが軽減されて体の調子が整い、臭い対策につながる可能性もあります。
たとえ体臭に効かなかったとしても、健康や美容に対しても良い効果が期待できるのもメリットです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング