居酒屋で選べる体臭予防効果のある食べ物の組み合わせ

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

居酒屋で選べる体臭予防効果のある食べ物の組み合わせ

お酒と食べ物

きちんとケアしているつもりでも自分ではなかなか気が付かないのが自分の体臭です。ある日突然周りから指摘されてショックを受けたという人も多いのではないでしょうか。体臭は体の中から作られるものです。私たちが食べたものは腸で分解され、その際に臭いを発する成分が生まれます。その成分のほとんどは、肝臓で無臭化されるのですが、一部の臭い成分は血液中に流れ、全身を巡ってしまいます。その臭いが、口から出て口臭になったり、汗をかいたときの体臭になるというわけです。つまり、臭いのもとは食べ物だと言うことができます。普段何気なく食べているものが、体臭になっているかもしれません。体臭をきつくしてしまう食べ物の代表は肉類です。肉類に含まれるたんぱく質が分解されると強い臭いを放つので体臭のもとになります。また、揚げ物に使われる油は体内を酸化させ、嫌な臭いを発しするのでこれも体臭のもととなります。アルコールも体臭を強くするものの代表です。アルコールは体内で分解されると、「アセトアルデヒド」という臭いの成分に変わります。血液に乗って体中にまわり、肺や汗腺から嫌な臭いを発します。アルコールや肉類、揚げ物などは、飲み会の際に居酒屋でよく見かける組み合わせですが、この組み合わせは体臭をきつくしてしまう原因となります。飲み会が重なると体の臭いもきつくなります。しかし、体臭をきつくする食べ物がある一方で、体臭を予防する食べ物もあります。飲み会を減らすことができないという人は、居酒屋では体臭を消す食べ物をおつまみとして選ぶことで体臭を予防しましょう。今回は、居酒屋でも選べる体臭予防メニューをご紹介します。

強い抗酸化作用で臭いを抑える冷やしトマト

居酒屋でも選べる体臭予防メニューの1つ目が「冷やしトマト」です。居酒屋では、動物性の油や辛いもの、アルコールなど体臭のもととなるメニューばかりが並ぶことが多いですが、そんなときにおすすめなのがトマトです。トマトにはリコピンやβカロテンなどが豊富に含まれています。これらの栄養素には強い抗酸化作用があり、気になる体の臭いを予防する効果があると言われています。抗酸化作用とは、体の酸化を防ぐ効果のことです。私たちの体はエネルギーを作る際に活性酸素を発生させてしまいますが、この活性酸素が過剰に発生すると、体が酸化します。体臭もこの酸化現象のひとつで、汗が酸化して臭いが発生するのです。トマトの抗酸化作用はこの活性酸素の過剰な働きを抑える作用があるので、体臭を消してくれるというわけです。抗酸化作用はもともと人間の体が持っている作用なのですが、年齢とともにこの働きが衰えてしまいます。加齢臭と言われるものは、体がもともと持っている抗酸化作用が衰えたため、体臭が強くなるという症状です。トマトには強い抗酸化作用があるので、衰えた抗酸化力を補ってくれます。トマトに含まれるリコピンは体臭だけでなくコレステロール値を抑えたり、美白効果や美肌効果など、美容にうれしい効果もあるので、毎日積極的に摂りたい食べ物のひとつです。体の嫌な臭いのもととなる食べ物ばかりが並びがちな居酒屋では、冷やしトマトをおつまみに頼むようにしましょう。

悪臭を包み込んで排出する海藻サラダ

居酒屋で頼みたい体の臭いを予防するおつまみの2つ目は「海藻サラダ」です。わかめ、めかぶ、もずくなどの海藻はアルカリ性の食品であるうえに消臭効果もあると言われています。特にヌルヌルしためかぶ、もずくが良いようです。胃腸には、善玉菌と悪玉菌が存在しますが、悪玉菌が食べたものを分解するときに悪臭が発生します。健康な体であれば、この悪臭は排泄物と一緒に体外へと排出されいますが、悪玉菌が過剰になり腸内環境が悪化すると、悪臭が排出されずに残ってしまうことがあります。この悪臭が血液の流れに乗って全身を巡り、汗腺に運ばれると体臭となってしまうのです。海藻のヌルヌルした成分は「フコイダン」と呼ばれるもので、悪臭成分を包み込み、便などと一緒に体の外へ排出する作用があります。海藻をたくさん食べることで、口臭や体臭を抑えることができます。悪臭を包み込んで排出するので、便自体の臭いも抑えてくれます。また、海藻には水溶性食物繊維、非水溶性食物繊維の2種類の食物繊維がバランスよく含まれています。そのうちの水溶性食物繊維は有害物質を吸収し、体外に排出する作用があるので、便通を良くする効果もあります。食物繊維は便通を促し、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善する効果もあります。腸内環境が整うと、汗の臭いが無臭になると言われているので、体臭に悩んでいる人に最適なのです。居酒屋で普通のサラダを頼むことはあっても、海藻サラダはなかなか目につかないメニューですが、わかめやめかぶ、もずくなどは臭いを消すのに最高の組み合わせなので、ぜひおつまみとして取り入れてみてください。

汗の質を良くして肝機能を整えるまぐろ納豆

居酒屋で頼みたい体臭を予防するメニューの3つ目は「まぐろ納豆」です。納豆というとあの独特の臭いから、食べ過ぎると体臭がきつくなるのではないかと思われがちですが、そんなことはありません。納豆には汗の質をよくするレシチンという成分が豊富に含まれています。レシチンは細胞を作る重要な要素で、細胞のひとつひとつに存在しています。体内のあらゆる細胞膜に含まれています。このレシチンには汗の汗の表面張力を小さくして、汗の粒を小粒にする効果があると言われています。小粒の汗は臭いのない良い汗です。レシチンには汗の質を良くする効果があり、それが体臭の予防につながるのです。また、納豆に含まれる大豆イソフラボンも体臭の予防に効果があります。大豆イソフラボンにはエストロゲンと似た働きをしますが、エストロゲンの働きには皮脂腺や汗腺の抑制というものがあるため、体臭の原因である汗や皮脂の分泌を抑えることができます。この納豆をまぐろと組み合わせることで、さらに効果を発揮します。まぐろにはオルニチンという成分が含まれており、肝機能の調子を整える効果があります。アルコールの飲み過ぎで肝機能が低下するとドブやカビくさい汗をかく場合があります。肝臓には体内の有害物質を解毒する作用がありますが、お酒の飲み過ぎで肝機能の働きが悪くなると解毒・分解機能が損なわれてしまうため、体臭のもととなるのです。まぐろと納豆を組み合わせた「まぐろ納豆」は体の嫌な臭いを消すために最適の食べ物だと言うことができます。

食べ物に気をつけアルコールはほどほどに

自分の臭いが気になるという人は、デオドラントケアに気を使っているという人が多いと思います。もちろんそのようなエチケットも大切なのですが、体の臭いは私たちが日ごろ食べたものが分解されることで発生しています。臭いを消したいなら食べ物に気を付けるのが一番効果的です。体の臭いをきつくしてしまう食べ物の代表は肉類で、その他にも、揚げ物やアルコールも良くありません。この組み合わせは飲み会の際に居酒屋でよくみられるものですが、臭いをケアしたい人は、頼むメニューに少し気を付けることで体臭を予防することができます。冷やしトマト、海藻サラダ、まぐろ納豆などの食べ物は、消臭効果があるものばかりなので、体の臭いが気になる人でも安心して食べることができます。居酒屋でも体臭ケアができる食べ物があるからと言って飲み過ぎるのは良くありません。食べ物だけではなく、お酒も嫌な臭いのもとになることを忘れてはいけません。適度に楽しむ程度なら問題ありませんが、飲み過ぎは禁物です。ほどほどにとどめるように心がけましょう。また、飲み会の時だけではなく、普段の食事に気を使うことも大切です。肉類、脂っぽい食事はなるべく控え、野菜や海藻などをバランスよく摂取することが体臭予防につながります。自分の臭いが気になるという人は、まずは普段の食生活を見直すことから始めてみましょう。健康的な食生活を心がけることが、自ずと体臭予防につながります。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング