おりものシートの効果について。ワキガの知識

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

おりものシートはすそわきがのニオイや下着の黄ばみを防止します

男性と女性

すそわきがは女性にとって本人しかわからない悩みになっていることがあります。他人に指摘された場合などはコンプレックスになって自信を失って外出することも嫌になってしまうことも考えられます。すそわきがの対策には陰部を清潔にすることなどが知られていますが、おりものシートを活用してすそわきがを改善することもできるのです。
すそわきがは陰部が独特のニオイがすることを言い、すそわきがは脇の下のわきがと同様のニオイです。すそわきがの原因となっているのは汗腺から分泌される汗などで、わきがも同じアポクリン汗腺からの独特のニオイですが、女性のデリケートゾーンは通気性の悪い下着や衣類などで蒸れることもあり脇の下よりも雑菌が繁殖しやすい状況になり、また女性であれば生理やおりものなどのニオイも混ざるためわきがよりもさらに強いニオイとなってしまうのです。生理中はナプキンをまめに交換することもニオイの防止には必要です。おりものシートもすそわきがの嫌なニオイの元になる印象がありますが、実はおりものシートを上手に活用することですそわきが対策が可能になります。生理用品のメーカーによっては銀イオンや消臭カプセルを含んだおりものシートを発売していたり、陰部専用のふきとりシートなどもあるため、自分にあったおりものシートを活用することで効果的にすそわきがの嫌なニオイを改善することができ、陰部の嫌なニオイに悩まなくてすむようになるのです。

下着への色うつり防止効果も期待できる

すそわきがで下着が黄ばむことがあります。これはニオイの元になっているアポクリン汗腺から分泌される汗の中に脂質やタンパク質などの成分が入っていて、この中の成分が色素成分で下着の黄ばみの原因となります。色移りの色には個人差がありますが薄い黄色から赤褐色になる特徴があります。陰部のあるデリケートゾーンにはアポクリン汗腺の数が多くパンツなどの下着が黄ばみやすくなるのです。すそわきがの影響による下着の黄ばみを解消するには漂白剤が思いつきますが、漂白剤は落ちない場合があります。漂白剤で落ちない黄ばみは重曹を使うと良いのです。重そうに少量の水を足してペースト状にして下着につけてこすり洗いをしたり、重曹を溶かした水につけこむ方法もあります。
すそわきがの影響で下着が黄ばんだら重そうなどで洗うことで黄ばみを落とすことができますが、予め防止すれば重曹などで洗濯する必要はなくなるのです。
下着の黄ばみを防止するためにはおりものシートを活用します。シートはすそわきがのニオイ防止に役立つもののひとつですが、下着の黄ばみ防止にも使うことができます。女性のデリケートゾーンは体液やすそわきがの原因となるアポクリン汗腺の分泌液などで下着を汚すことがあります。おりものシートはそれらの分泌液を吸収できるため下着を汚さず、色移りも防止することができ、すそわきがの嫌なニオイも発散させにくくすることができます。

消臭効果による軽度の臭い防止効果

すそわきがのニオイにも軽度から重度まであります。軽度の場合は耳垢が少し湿っている程度で下着の黄ばみも殆どありません。ニオイは手でこするとニオイがつく程度です。中度は耳垢がベタベタしており下着などはうっすらと黄ばむ程度です。ニオイは顔を近づけると臭う程度です。重度になると耳垢はキャラメルのようにネバネバして下着などは半日〜1日で黄ばむほどで、ニオイはすれ違うだけでも臭います。
すそわきがが軽度の場合は、わきがに効果がある石鹸で清潔にデリケートゾーンを保ったり、脱毛サロンでVIO脱毛をして雑菌の繁殖を減らすことも効果的です。脇の下であれば制汗スプレーなどを使うこともできますが、デリケートゾーンに制汗スプレーを使うことは難しいものです。わきが専用のクリームはすそわきがの軽度から重度まで使うことができニオイの軽減につながる方法です。嫌なニオイのするデリケートゾーンにクリームを塗ることに抵抗を感じることもありますが、わきが専用に開発されたクリームは朝塗ると1日中消臭することが期待できるもので、陰部のデリケートゾーンにも使うことができるのです。このわきが専用クリームは通販で購入することができますが、通販で購入することに不安を感じることもあります。そんな場合はおりものシートの活用です。銀イオンが入っているタイプや消臭効果のあるタイプを使いまめに交換することですそわきがのニオイを防止することも期待できるのです。

すそわきがのニオイ対策方法

おりものシートはおりものによる不快感を解消したりパンツが汚れることを防ぐことができるシートです。生理ナプキンのように粘着テープがついているためパンツに接着させて使います。生理用ナプキンと同じ印象がありますが、ナプキンよりも薄くて小さく通気性が良いのが特徴的です。
おりものシートはおりものに特化して作られているシートなので、通気性がよく蒸れにくい構造になっています。おりものなどでパンツが汚れないことがメリットのひとつで元々2枚になっているタイプは交換する時にトイレに持っていかなくても良いものや、トイレに流せるタイプ、小さいTバックなどに形状を合わせたタイプなどのシートもあります。おりものシートを使わず似たような生理用のナプキンをおりもの対策として使うことは避けます。生理用ナプキンは生理専用に作られているため、通気性などの面でもすそわきがの対策にはなりません。おりものシートにはいくつか種類があります。直接デリケートゾーンに触れるものなのでかぶれなどには注意が必要です。使い捨てのコットンタイプや布製のタイプもあります。布製は洗って再度使うことができます。また包装が可愛いものやサイズが大きいタイプや小さいタイプなど様々なシートがあります。
沢山の種類のおりものシートが販売されているので、自分に合っているか実際にいろいろ試してみて合うものを見つけることも大切なことです。特にすそわきがで悩みがある場合は消臭効果があるタイプを選ぶこともニオイを改善するには良い選択です。

すそわきがのニオイの対策方法

すそわきがは悩みになっていてもデリケートなことでもあるので誰にも相談できずにコンプレックスになっていることも少なくありません。すそわきががある場合は病院に相談することもできますが、デリケートな部分であるためそれも中々できることではありません。
裾わきがのニオイはアポクリン汗腺から分泌された汗と他のニオイなどが混ざり特に気になるニオイになっているので、大切なことは清潔にすることです。1日の汚れをそのままにしておくとニオイを悪化させることにつながるため、抗菌や殺菌作用のあるデリケートゾーン専用の石鹸で陰部を毎日洗います。洗い方は石鹸をよく泡立てて指の腹でやさしく洗います。ニオイが気になるとしてもナイロンタオルなどで強く洗うことは逆効果です。炎症を起こして肌を守る常在菌が少なくなりニオイの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。他には食事の内容を見直したり、汗をデリケートゾーン用のシートなどで拭くことも良い方法です。またおりものシートは通気性もよく消臭効果があるタイプもあり、裾わきがの影響によるパンツの黄ばみも予防することができます。オリモノシートは逆にニオイの元になる可能性もありますが、この場合はまめに交換しなかったために雑菌などが繁殖して裾わきがのニオイが強くなったためなので、交換をまめに行いデリケートゾーンをいつも清潔にするよう心がけることで裾わきがの嫌なニオイは改善することが期待できるのです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング