すそわきがとおりものの臭いには違いがあるのでしょうか

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

すそわきがとおりものの臭いには違いがあるのでしょうか

セクシーな女性

女性の方でデリケートゾーンから不快なにおいが起こり、そのことが気になっているけれど、原因がはっきりと分らないので悩んでいるという方も少なくはないようです。
女性のデリケートゾーンのにおいは、すそわきがとおりものが原因で起こることが多いと言われていますが、この2つが原因で起こるにおいは同じようなものではないかと思っている方も多いようですが、2つには違いがあります。
どのような臭いがするのかや強さなどに関しては個人差があるので、一概にこのようなにおいがすると言うことはできませんが、一般的には、すそわきがは、魚臭さやチーズが腐ったような感じ、また、ネギやたまねぎなどのような苦いにおいがすることもあります。
それに対しておりものは意外に思われる方もいるかもしれませんが、基本的には無臭です。
排卵が近い時期や生理が終わった直後などは酸っぱいにおいが起こることがあります。
また、デリケートゾーンに雑菌が繁殖しているときや、ストレスがたまっていると、体調が悪いときなどもおりものから不快な臭いが起こることがあります。
これはすそわきがとの違いの1つです。
おりものは、デリケートゾーンを清潔に保ち、健康状態も良い状態であれば、基本的に無臭であるということを理解しておくと良いでしょう。
そして、周りにまで不快を与えてしまうようなさまざまな悪臭に例えられるようなにおいがするときは、すそわきが原因でにおいが起こっていると思っておくと良いでしょう。

すそわきがの臭いの仕組み

わきがは聞いたことがあり、その仕組みもなんとなく知っているという方も多いのではないでしょうか。
わきがは自分だけでなく、周囲にも不快感を与えるような強い悪臭がすることから、においに気づいたら、においを改善するためにいろいろなデオドラント商品などを使用したり、においが強いときには、美容クリニックなどに治療を受けに行くという方も少なくはありません。
すそわきがは、簡単に言えばデリケートゾーンに起こるわきがのことです。
私達の体には、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺という3つの汗腺が存在しています。
この3つの汗腺のうち、アポクリン汗腺から分泌される汗がすわきがの原因になる汗です。
アポクリン汗腺は、脇や陰部、乳輪など体の中でも一部の限られた場所に存在しています。
この部分は思春期以降に濃い体毛が生える部分と重なっています。
アポクリン汗腺から分泌される成分には、タンパク質や脂肪などが多く含まれているので、サラッとした汗ではなく、粘り気がありベタっとした汗が分泌されます。
汗が分泌されたときは、基本的に無臭なのですが、アポクリン汗腺から分泌された汗が肌に常に存在している常在菌に分解されると、すそわきがの悪臭や腐敗臭が起こるようになります。
においの発症にはアポクリン汗腺の数が関係しているとも言われています。
また、皮脂腺から分泌される皮脂も常在菌の餌になるので、皮脂がにおい強くすることがあるので注意が必要です。

おりものの臭いの仕組み

おりもののにおいは基本的には無臭です。
そのため、普段は気にならないということがほとんどですが、生理の前後や排卵期、ストレスがたまっていたり体調が悪いときなどににおいが気になることがあるという方も多いのではないでしょうか。
おりもののにおいが酸っぱいときは正常な状態なので特に問題はありません。
排卵期や生理の前後などはこの酸っぱい臭いが強くなります。
酸っぱいにおいの原因は、膣内に雑菌が繁殖するのを抑える作用があるデーデルライン桿菌が関係しています。
また、デリケートゾーンの不快なにおいは、わきがと同じように雑菌の繁殖で起こることがあります。
おりもの自体から悪臭がしているのではなく、デリケートゾーンが不潔な状態になっていることで悪臭が起こっていることもあるのです。
デリケートゾーンはなるべく清潔に保つことを心掛けておきましょう。
ストレスがたまったり、体調が悪くなると、女性ホルモンが乱れることがあり、女性ホルモンの乱れが原因でデーデルライン桿菌が減少し、膣内に菌が繁殖してにおいが起こることがあります。
強いストレスを感じるときは、なるべくリラックスをして過ごすことを心掛け、ストレスを解消することでにおいを抑えることができます。
病気になったときに抗生物質を服用することがありますが、抗生物質には善玉菌などの作用を低下させることがあります。
そのため、デーデルライン桿菌も抗生物質に殺菌されることがあり、抗生物質が原因で雑菌が繁殖しやすくなることがあり、においが起こることがあります。

すそわきがとおりものの臭いの特徴の比較

すそわきがのにおいは、自分では気づかないことがあります。
自分の体臭には感覚が麻痺していることが多く、強いにおいがあっても当たり前の体臭として気にならないことが多いのです。
しかし、家族など身近にいる人は特有のにおいを感じることがあり、においが強くなると、家族だけでなく近くに人も感じるような悪臭になることがあるので注意が必要です。
においがあるかどうか気になったときは、下着のにおいを嗅いでみたり、家族に聞いてみてにおいを確認したほうが良いでしょう。
すそわきがのにおいには個人差があり、においに関してはさまざまなにおいに例えられています。
その一例としては、ネギやタマネギのような苦い刺激臭、納豆のような生臭いにおい、酸っぱいにおい、などがあげられています。
また、すそわきがが排泄物などと混ざると発酵したようなにおいや魚臭、チーズが腐ったようなにおいがすることもあると言われています。
それに対しておりものは、基本的には無臭です。
生理前や排卵期になると酸っぱいようなにおいがすることがありますが、このにおいは問題がありません。
しかし、魚が腐ったようなにおいや強い悪臭がするときは、細菌性膣症やクラミジア感染症などの心配があるので専門機関を受診したほうが良いでしょう。
悪臭が起こるときは、色や状態が変わることがあります。
色がついていたり、水っぽい状態のものが出ているときは何らかの病気の可能性があるので注意が必要です。

すそわきがとおりもの臭いの違いのまとめ

デリケートゾーンの不快な臭いは女性であれば誰でも気になるものです。
すそわきがは、おりものに比べるとなかなか自分のにおいに気づきにくいという違いがあるので注意が必要です。
いつもと何か違いがあると感じたときは、セルフチェックでは難しい場合があるので、どうしても気になるときはデリケートゾーンの悩みも相談することができる家族に聞いてみたほうが良いでしょう。
対処せずにそのままにしておくと周囲まで不快感を与えてしまうような強いにおいが起こることがあるので、気になるときはなるべく早めに行動しましょう。
臭いの違いは、すそわきがは、生理時期や健康状態などに関係がなく、強い悪臭が起こるという点にあります。
おりものは基本的には無臭であり、生理前後や排卵期などに酸っぱいようなにおいが起こることがありますが、その他は、体調が悪いときや強いストレスを感じたときなどに悪臭が起こります。
強いにおいと色や状態になどによっては病気を患っている可能性があるので、そのようなときは早めに専門機関を受診したほうが良いでしょう。
すそわきがの臭いは人によってさまざまです。
いろいろな悪臭に例えられていますが、共通していることは強い悪臭です。
鼻にツーンとくるような独特の悪臭が起こるので、注意が必要です。
においを改善するためには、原因によってさまざまな方法がありますが、すそわきがの場合はにおいが強くセルフケアでは改善が難しいときには専門機関で治療を受けるとにおいを改善することができます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング