自分好みのデオドラントを手作りする時のメリットとデメリット

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

自分好みのデオドラントを手作りする時のメリットとデメリット

花を持っている女性

汗の臭いが気になる時に使うのがデオドラントです。
デオドラントの効果は、臭いを抑えて代わりになる香りを広めます。
汗は主に温度調整のために汗腺から排出されます。
そのため気化しやすい成分でできています。
また、体の中の老廃物も一緒に排出します。
汗自体に臭いはありません。
臭いの原因は、老廃物や皮脂などが酸化して、バクテリアが繁殖するからです。
そのため臭いを抑えるためには殺菌をしてバクテリアを除去する必要があります。
だからデオドラントは殺菌剤と言うことになります。

市販のデオドラントは、そのほかにミントなどの清涼感のある成分や、汗の分泌自体を減らす酸化アルミニウム、香水のような代わりとなる香り成分などが含まれます。
大勢に受け入れられるものしか作られないので、自分にあったものが見つかればいいのですが、なかなか見つけ出すのが大変です。
場合によっては、殺菌効果が強すぎて肌を荒らしてしまうこともあります。
自分の体につけるのですから納得できるデオドラントをつけたいと思います。

そこでおすすめなのが手作りデオドラントです。
殺菌作用と一緒に、自分好みの香りを選ぶことができるのでお気に入りのものが手に入ります。
小分けにして、いろいろな香りを楽しむことができます。
使う材料も食品に使われるような素材で入手しやすいものばかりです。
材料費も高額なものはありません。
自分で調整して作ることができるの肌に合ったものを作ることが可能です。

デオドラントを作るのに必要なもの

デオドラントに必要な材料はそれほど多くありません。
ホームセンターや薬局で手に入るものばかりです。

ミョウバン:15ml
ミョウバンは消臭効果があるとして知られています。
漬物としてナスをつける時に色落ちしないように入れておく食品添加物としても使われています。
体への影響もすくないため、安心して使うことができます。
体表にいる細菌はアルカリ性の環境に存在しています。
ミョウバンは水に溶かすと酸性になるため、アルカリ性の環境に塗布することで中和することができます。
結果として、細菌の繁殖を減らすことができます。

アロマオイル:数滴
臭いを防ぐ効果ではなく、好みの臭いをつけることが目的です。
市販品のような清涼感が好みであれば、ハッカ油を使うといいでしょう。
それ以外はアロマオイルが発売されていますので自分の好みのものを入手します。
1回に使う量は数滴なので、そんなにたくさんは必要ありません。

エタノール:10ml
アロマオイルを混ざりやすくするために使います。
エタノールを入れることでオイルのベタつき感がなくなります。

水:500mlと80ml
割合としては最も多いものです。
ミネラルウォーターよりも殺菌された水の方が保存がきくので浄水しない水道水がおすすめです。

作り方:
ミョウバンを水500mlに溶かします。
溶けにくいのでしっかりと溶けきるまで混ぜます。
これを原液として使います。

持ち運ぶ100mlのボトルに原液10mlを入れて、エタノール、水80ml、アロマオイルを合わせて混ぜ合わせます。

自分で作ることのメリット

デオドラントを自分で作るといろいろなメリットがあります。

使う分だけ作ることができるメリット
市販品を購入して困るのが、多すぎることです。
いろいろと試したくても量が多くて使い切ることができません。
あまりに多くて使っている途中で飽きてしまいます。
手作りなら使う分だけ作れば良いので安心です。
小分けにすることもできるので持ち運びしやすい大きさのものを作れることもできます。

好きな香りを楽しむメリット
市販品では納得できない方は、自分で好きな香りを選べることがメリットになります。
アロマオイルにはたくさんの種類があります。
組み合わせることで無限に広がっていきます。
また、オイルによってリラックス効果やリフレッシュ効果など副次滴な効果も期待できます。
状況に合わせて使い分けることもできます。

自分に合わせて調整できるメリット
消臭剤となるミョウバンの量は、自分で調整することができます。
少し自分には強いなと思ったら配合を減らすことができます。
最初はアロマオイルを使わずに、水とミョウバンだけで肌につけて反応のテストを行います。
肌の敏感な腕の内側などを使って小さなエリアで試しましょう。
もし、肌荒れや不快感などが感じられたミョウバンの量を少しずつ減らしていきます。
そうして適当な量が決まるまで、繰り返して自分に合った配合を探します。
市販品ではこのような調整ができないので、肌が弱い人にはおすすめです。

手作りすることで考えられるデメリット

手作りをすることでデメリットとなることもあります。

保存がきかないデメリット
市販品は無菌室で製造されて品質管理されています。
中の成分が安定して混ざっているような安定剤も入っています。
だから長い間使い続けても品質は維持されます。
自分で作る時はそのような環境を用意することはできません。
だから、あまり多く作って作り置きすることはできません。
入れ物を日光が入らないような濃い色の容器にしたり、使わない時は冷蔵庫に入れるなどの注意が必要です。
長い間使わなかったものは、使わずに廃棄した方がいいでしょう。

成分が合わないデメリット
ミョウバンが体に合わない人もいます。
作った時に配合を変えても肌荒れが治らなかったり、不快感を感じるようなら手作りを諦めて他の方法を検討する必要があります。
手作りが必ず体にいいわけではなく、肌に合うかどうかが問題です。
無理して使う必要なないので、使用前に必ず確認することが重要です。

管理ができないデメリット
自分で作ることができるので楽しくなると気軽にたくさん作ってしまいます。
市販品のように製造日や使用期限が書かれているわけではないので自分で管理する必要があります。
手作りの一番のデメリットは自己責任ということです。
何か発生しても自分で全てを負わなければいけません。
トラブルにならないためにも、作った時に日付を書くことや使う順番を決めること、使い切るまでは次のものを作らないなどのルールづくりが必要です。

ルールを守って手作りを楽しむ

デオドラントを手作りするにはメリットとデメリットがあります。
トラブルにならないためには自分でルールを決めて使う必要があります。
最も怖いのは、気がつかない古くなってしまうことです。
直射日光や温度変化は大敵なので、使わない時は冷蔵庫に入れておくことを注意してください。
また、容器を選ぶ時に光が入らないようなものがおすすめです。
薬品に使われている茶色や紺色のビンも直射日光がな入らないので使うことができます。
また、香りでわかるからといってラベルを使わないなどということはしないで、作った日や何を入れたかなどを容器に貼っておきましょう。
なにかトラブルがあった時にすぐにわかるので安心です。
また、次に同じものを作りたいときにわかりやすくなります。
市販品で納得できない人は多くいると思います。
自分の好みの香りを使ってデオドラントを作れば気分が変わってきます。
特にアロマオイルでの副次的な効果は手作りならではのメリットです。
気分を高めたい時、嫌なことがあった時、落ち着きたい時などにアロマオイルの成分が自律神経に働きかけます。
消臭だけでなく気持ちの変化にも効果があれば使う機会も増えるはずです。
材料費もアロマオイル以外はほとんどかかりません。
お気に入りのアロマオイルを見つけたら作ってみるというようなきっかけでもいいかもしれません。
技術もいらないので作りたい時に誰でもいつでも始めることができます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング