気になる体臭を改善する効果が期待できる入浴中の温度とは

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

気になる体臭を改善する効果が期待できる入浴中の温度とは

シャワーを浴びている女性

加齢臭などの体臭は、自分だけでなく周りの人にとっても不快な思いをさせてしまいます。
しかし体臭は自分の元からの体質だから、または加齢臭は老化が原因だから仕方がないと諦めてはいけません。
体臭の原因と言われる物質や仕組みは突き止められており、その原因を減らすためのさまざまな対策が提案されているのです。
その対策のひとつに入浴があります。
体を清潔に保ち体臭を予防するための入浴は、生活習慣における予防法のひとつとしてとても効果的な方法とされています。
入浴は、加齢臭などの体から発生する様々なにおいを解消するために欠かすことのできない大切な行為なのです。私たちが普段の生活を送る中で作り出される皮脂や汗、垢などの体臭の原因物質を入浴によって洗い流し、体を清潔にすることで体臭を防ぐことが出来ます。
体臭が気になっている人は、しっかりと入浴を行うことが大切ですが、日々何気なく行っている入浴の仕方が間違ってしまうと、反対に体臭の原因となってしまうこともあります。
そして洗い方だけでなく、入浴するときのお湯の温度も重要になってきます。
毎日欠かさずお風呂で洗っているのに臭いがなかなか落ちない人や、体を洗っても少し経つとまた体臭が復活してしまう人など臭いが思うように解消されない場合は入浴の方法が間違ってしまっている可能性があります。
体臭を予防するための正しいお風呂の入り方を知り、効果的に体臭を予防していきましょう。

入浴による体臭予防効果について

お風呂と言ってもシャワーだけで済ませるのではなく、しっかり湯船につかることが大切になります。
最近は、シャワーだけで済ましてしまう人も多いと言われていますが、実は体臭の予防にとってシャワーだけでは不完全になってしまうのです。エアコンが普及している現代は、汗をかく機会が少なくなり汗腺機能が低下した人が多いと言われています。
ゆっくりとお湯につかってしっかり汗をかくことは、汗腺の機能を正常にしてくれるのです。
湯船につかることで体温の上昇や血流の促進につながり、新陳代謝が高まることで体内の老廃物や疲労物質である乳酸という物質が取り除かれます。そのため乳酸と共に作られるアンモニアが減少し、酸っぱい汗の発汗を防ぐことが出来るのです。
アンモニアを含む汗は、肌を雑菌にとって繁殖しやすい環境であるアルカリ性にしてしまい強い体臭を作ります。このアンモニア臭の汗を防ぐことは体臭を予防する効果につながると言えます。
また、新陳代謝が高まると汗腺の働きも高まりさらさらした無臭の良い汗を流す体質にすることができます。良い汗は、雑菌が繁殖しにくいことから発汗してもすぐに汗臭くなることはありません。そして汗腺にたまった老廃物をきれいに洗い流すことで、肌を清潔に保つことができ、体臭が一時的に強まることを防ぐことが出来るのです。
反対に悪い汗は、栄養分を豊富に含むためすぐに汗臭くなってしまいます。
このように、湯船に浸かることは体臭予防にとっても効果的と言えるのです。

きつい臭いの予防に効果のある温度について

体臭を予防する対策として入浴があげられますが、その方法の一つとしてお風呂の温度にも気を付ける必要があります。
実は体臭予防に効果のある温度はぬるま湯と言われています。
熱いお湯に入って疲れを取りたいという人からすると、ぬるま湯と聞くとあまり良い印象がないかもしれません。
しかし実際にぬるま湯につかることは、体臭予防にとても最適な方法なのです。
ぬるま湯にはさまざまは定義がありますが一般的には、38度程度のお湯が良いとされています。
この温度のお湯の中に、長くても30分程度浸かり、じっくりを体を温めましょう。
また場合によっては、半身浴も含めて行うとより高い効果が期待できるとされています。
半身浴をすることで、じっくりと汗をかくことが出来るようになるためです。
そして反対に、一番やってはいけない方法は、高温の湯船に短時間浸かるという方法です。
お湯が高温で熱いと、確かに体がポカポカして温まった気がします。しかし、これはあくまでも体の芯ではなく表面上の温度が急上昇しただけであり、実際に体が温まったとは言えないのです。
ぬるま湯にじっくり浸かり、体の芯から温まることで良い汗をたくさんかきます。このことが、デトックス効果につながり、老廃物の排出も期待できるのです。
このことから体臭を予防するためには、体の洗い方だけでなく、お風呂につかる温度にも気を付けることで効果を上げることが出来るのです。

温度と体臭の関係について

体臭には、洗い方だけでなくお風呂につかる際の熱さも大切ですが、温度と体臭には以下のような関係があるのです。
一般的に太っている肥満のヒトでは、標準体重の人と比べるときつい体臭を発散しやすいというイメージがあると思います。実際に、肥満の人は標準体重の人と比べると体臭がきついとされているのです。
肥満の人が、体臭がきついと言われる一番の理由として、脂肪が多く体内の体温が高くなりやすいことから汗をかいてしまいやすいという傾向があげられます。
体内の温度が高い場合、汗をかきやすくなってしまい結果的に体臭の原因である雑菌やバクテリアなどが増殖し、汗の成分を分解することで原因物質が発生してしまうのです。
また、加齢臭が気になる人の夕方の体臭と朝のシャワー温度の関係を調べ、においを計測する機械を使用して臭いを数値化し、比較するという実験があります。
朝にシャワーを浴びていない場合の夕方の体のにおいの数値は87でした。
そして、朝37度のシャワーを一分間だけ浴びた場合の数値は44という結果が出たのです。
一分間の短い時間のシャワーで、半分ほどの数値に下がったのです。このことから朝のシャワーは体の臭いを改善するために効果的ということが分かります。
さらにシャワーの温度を41度と高めに設定すると、今度は夕方の数値が34と低い数値が出ました。
少し温度を高めにすることで加齢臭は劇的に抑えられたのです。
以上のように温度と臭いには、深い関係があることが分かります。

入浴に気を付けることで体臭予防ができる

老化や体質のせいだとあきらめてしまっていた体のきつい臭いも、入浴によって改善と予防が可能なのです。
体臭の予防についてまとめると、以下のようになります。
まず一つ目は、体臭には正しい入浴によって予防することが出来ることです。
体の汚れを日々しっかりお風呂で洗い流すことによって、体の臭いを減少させる効果が期待できるのです。
欧米など海外の人たちにとってお風呂はあまり習慣的な行為ではありません。そのこともあって、お風呂につかる習慣の少ない外国人は日本人と比べるとにおいがきついとされています。
お風呂につかることは、体臭の気になっている人にとって大切な習慣なのです。
二つ目は、お風呂につかることの効果についてです。
シャワーだけでなく、お風呂につかることで、体温の上昇や血流の促進につながり、新陳代謝を高めることが出来ます。結果、老廃物などが汗腺から流され、きつい臭いの元になる原因物質の発生を抑えることが出来るのです。
三つめは、お風呂につかる温度です。
お風呂につかる際、あまり熱すぎてもいけません。
38度程度のぬるま湯と言われるくらいの熱さに設定することが大切です。
じっくり浸かることで、体の芯から温めデトックス効果が期待できるのです。
日本人が昔から続けてきたお風呂という習慣が体のきつい臭いの予防にもつながるのです。
正しいお風呂の入り方を知り、今からしっかりと体臭の予防を行うことが大切です。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング