体臭のタイプによって合う香水があるのでチェックする

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

体臭のタイプによって合う香水があるのでチェックする

花びらの中で横になっている女性

自分の体臭のタイプによって、合う香水とそうでない香水というのが存在します。もちろんあくまでも参考程度のもので、確実にことの体臭のタイプならばこの香水というのはありません。また体臭のカテゴライズもいろいろありますし、そもそも体臭というのは一人一人異なるものなので、完全にタイプごとに分類できるというものでもありません。なので、だいたいのタイプを考えて、その体臭に合う香水を利用するということになります。そもそも香水というのは体臭ありきのものです。現在では無臭のデオドラント製品でなるべく体臭を消して香水を利用するという人も多いのですが、基本的には香水は体臭と混ぜて使うものになります。香水には自分の体のフェロモンを引き立てる役割があるので、体の臭いを完全に消すというものでもないですし、香水によって他の臭いを消すということ自体できません。なのでタイプをチェックするのですが、脇の臭いは特にチェックする対象としてわかりやすいでしょう。自分の脇の臭いは他人が感じるものとは異なる可能性があるのですが、脇汗の臭いをかいでみて、そのタイプをチェックして香水を選びます。具体的には、脇の汗がツンとするアルコール系の臭いや、鉛筆の芯の臭いか、生臭いかなどいろいろあります。たとえばアルコール系であればフルーティーな香りとミックスするということです。これはいろいろなパターンがあるということです。

他にも体臭のタイプがある

脇汗によるチェックで、他にも匂い分けする方法があります。それは、糖質系の臭い、タンパク質系の臭い、脂質系の臭いというような区分になります。これに加えて加齢臭なども混ざるので人間の臭いというのは案外いろいろあります。そして自分で自分のにおいをチェックするというのは案外難しいということがあります。なので香水とあわせて試してみるというのが良いでしょう。料理のようなもので、この匂いにはこの香水でなければならないという絶対的なルールはありません。香水は複数の種類を使い分ける人も多いので、実際体臭と香水の種類の組み合わせはいろいろあるということになります。そして、一番重要なのは体の臭いは健康状態を表すバロメーターにもなるということになります。なので、栄養状態の改善や運動が重要になります。香水とは一見関係ないように思うかもしれませんが、体の臭いにはフェロモンが含まれます。このフェロモンのにおいを高めなければ、せっかくの香水も逆効果になります。体臭がよいからこそ香水が引き立つということです。加齢臭に香水というのは最悪の組み合わせになりますが、その状況を改善するには運動が重要ということです。健康的なフェロモンのにおいというのは特に異性は本能的に嗅ぎ取るもので、そこに香水を食い合わせるからこそ魅力的なにおいになるということです。不健康な体に香水をつけても魅力的なにおいにはなりません。

海外では汗をかいて香水をつける

日本ではデオドラントで汗のにおいを抑えてから香水を付けるという人も多いのですが、海外ではむしろ汗をかいて香水を付けるという人も多いです。これは自分のフェロモンのにおいに香水のにおいを混ぜて魅力的なにおいにするというねらいがあってやっています。なので、その汗のにおいがそもそも良くなければ香水のにおいがいくら良くても成り立たないということで、普段から男女ともに筋トレや有酸素運動を行うという人が海外には多いです。特に筋トレをするということは全身の機能を高めるので、それはにおいにも影響をもたらします。生命力というのはにおいに現れ、そして生命力の強いにおいに香水が混ざることで魅力的なにおいになります。なので筋トレを行うということは男女ともにおすすめします。日本人は有酸素運動は行うけれども筋トレは行わないという人が多いでしょう。しかし、そうするとフェロモンレベルが高まらないので香水のにおいが引き立たないということになります。しっかり栄養を摂取して、鍛えて汗を普段からかくということが重要なのです。汗をかかないと体に老廃物がたまりますが、筋トレをしないと肌や内臓の機能が高まらないので、老廃物を体外に排出する機能が下がります。汗で体外に出る老廃物というのは知れているので、むしろ筋肉によって体外に排出できる老廃物を増やすというのが重要なのです。日本人は汗にばかりこだわる傾向があります。

香水は汗のにおいを整えてこそ

運動と香水の関係性というのは一見関係ないと思われがちですが、実際はかなり関係が深いということです。香水というのは体のにおいとの組み合わせで使うということなので、体のにおいが良くないと香水が引き立たないということで、逆に体のにおいがよくなければいくら良い香水を使っても無意味ということでむしろ逆効果になるものです。そういうことで運動で体のにおいをよくするのですが、良いにおいとは言っても汗や体臭というのは変わりません。特に異性の場合はフェロモンのにおいというのを感じますが、フェロモンのにおいというのは無臭とも言われます。汗のにおいというのはそもそも細菌のにおいなのですが、そこに無臭のフェロモンがまざります。なので厳密に言えば、汗そのものをかいでもフェロモンのにおいを明確に言いあらわすということはできないということです。なのですが、原始時代から本能的に特に異性のフェロモンのにおいを感知する機能をもっていて、これは野生の動物なども持っているものになります。香水というのは野生のものではないのですが、野生のにおいに人工的な香り付けをしているということで、元の素材の臭いの方が重要というわけです。また香水が体の臭いを支配するほどの量を付けるというのはにおいを台無しにします。少し香る程度がベストなので、体の元の臭いの方が強いくらいでなければいけないということになります。なので野生のにおいです。

においは強すぎると良くない

たとえいくら良いにおいであっても、強すぎると人間はそのにおいに対して臭いというように感じます。なので、匂いの強さというのも意識した方が良いでしょう。そして抑えるということも必要になります。人工的なにおいがもとの体のにおいを上回らないようにするということと、普段から運動を心掛けることによって、もとの体の臭いを整えるということになります。体が不健康なときの方が不快なにおいというのは強くなるので、健康的にしておけば体のにおいは薄まり、またフェロモンが整った魅力的なにおいになるということです。そして特に筋肉を発達させるということはにおいの観点でも人間の質を向上させるということになります。逆に痩せすぎや太り過ぎの状態はにおいの観点でも良くないです。モデル体型というのはファッション的には良いのかもしれませんが、人体の機能で考えるとあまりメリットがないということで、また行き過ぎると本能的に人は拒絶するもので、それはにおいにも表れます。不健康そうで不快なにおいになります。太り過ぎはもちろん本能的に人は避けるのですが、痩せすぎも同様に人は避けることになります。避けると言っても嫌いということではないのですが、本能的に異性の対象としては選びにくいということです。本能的な判断が人間は必ずしもすべてではないのですが、知性とあわせて重要な要素になるということで、なるべくなら整えておいた方が良いでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング