ワキガや脇汗に有効。ミョウバンの成分でデオドラント効果を。

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

ワキガや脇汗に有効。ミョウバンの成分でデオドラント効果を。

ナスのお漬物を作るという方は色落ち防止のために白っぽい結晶状のものを使用したことがあるでしょう。荷崩れを防ぐため・レンコンやごぼうなどのアク抜きのため・芋や栗を煮る際の荷崩れ防止・食品添加物としてなどどちらかというと調理の場面で使用されることの多いミョウバン。しかしながら消臭効果もあり、デオドラント剤代わりに使うこともできるのです。スーパーや薬局で100円程度で購入することができ、デオドラント剤ならではの香り付けもされているわけではないのでおすすめです。
その正体は、カリウムや鉄やアルミニウムなど金属イオンを硫酸塩として結んだ複塩です。化学合成して作り出すことができ、それがお店で売られている市販品ですが、自然界にも存在しており大分県のミョウバン温泉などが有名です。湯の花の正体もミョウバンが固まったものです。
ミョウバンの持つ殺菌作用・消臭作用・制汗作用がワキガや脇汗に有効で、その成分の含まれたデオドラント商品も多くあります。古代ローマ人も制汗剤として使っていた歴史があり、昔から効果の高さは知られてきているのです。わざわざデオドラント剤を買わなくても自宅で簡単に利用できるので購入してみましょう。
ただ、人体に有害なアルミニウムも含まれているため、調理の際に使ったり消臭のために皮膚から摂取した場合にどれくらいの影響があるのかは知っておく必要があります。
尚、その場での臭いを消すためのもので根本的に治すことはできません。

ミョウバンの成分は。何が臭いに有効なの?

ミョウバンを水に溶かすと酸性になります。臭いの元である最近はアルカリ性の環境を好むため、皮膚の表面が酸性になることで細菌が繁殖するのを抑えることができ、そのため臭いが軽減されるのです。抗菌効果だけでなく殺菌効果も持つため、細菌自体をやっつけることもできます。
金属類には消臭効果がありますが、ミョウバンも同じです。特にアンモニア臭に対する消臭作用に優れているためワキガ対策だけでなく足の臭いやトイレの臭い・ペットの臭いなど幅広く使用することができます。一家に一つミョウバン水を置いておくとよいでしょう。150ccの水に対して5g加えてかき混ぜて一晩放置しておけばできあがりです。すぐには溶けづらいのですが、一晩置くことで白い結晶が水に溶け込んで無色透明になるはずです。冷蔵庫に保存しておけば1ヶ月ほどはその成分が有効に使えます。
こうしてできたものは原液です。それを10倍ほどに薄めてスプレーボトルに入れればいつでも使えるオリジナルデオドラント剤が出来上がりです。市販品を購入するよりもずっと安くてすむのです。ただ、場合によってはお肌に合わず皮膚が炎症する可能性もあるため、必ずパッチテストを行なってから使用するようにしましょう。危険性も高いため原液のまま使用するのは絶対にやめましょう。
汗を抑える働きももっているため、制汗スプレーと同じように汗をかいたとき・かきそうなときにスプレーしてやればよいだけです。

気になるミョウバンのデオドラント効果

最も古くから使われているデオドラント剤だけにその効果は絶大です。その成分が臭いの原因となる汗と細菌の繁殖を抑えてくれ、炎症を起こしたお肌もきれいになるのです。
更に消臭作用を高めたいのであれば水ではなく濃い目の緑茶を使い、カテキン成分との相乗効果を狙うのもよいでしょう。デオドラント剤同様に香りも楽しめるようにしたいというのであればレモン汁や好きな香りのエッセンシャルオイルをたらしてみるのもよいでしょう。ただエッセンシャルオイルの成分によってはお肌に刺激をもたらすものもありますし、水以外のものを使うと色が付いてしまうことも。それに保存期間も短くなる可能性もあるので注意は必要です。
効果も高くさまざまなアレンジができるというのも手作りミョウバン水のよいところですが、ワキガの原因であるアポクリン汗腺はともかくエクリン汗腺からの汗は体内の熱を発散させたり水分を出したりするために必要な機能です。何度もスプレーすることで汗を出にくくするのは違ったトラブルを招く結果となるかもしれません。それに、表面的には菌も抑えられますがあくまで一時的なものです。ミョウバン水だけに頼らず、普段の食事の内容や生活習慣の見直しも行なうようにしましょう。肉や刺激物の食べ過ぎや運動をせず汗をかかない生活もまた臭いの原因となっているのです。
自然界にもミョウバンの薬湯があるからとお風呂に溶かして自分でミョウバン湯を作るのも危険です。

ミョウバン入りデオドラントアイテム

安くて手軽に作れるとはいえ、作るのは面倒だという方もいるでしょう。そんな方は市販品でミョウバンの入ったものを購入するのもいいでしょう。自分で作るよりもテレビCMなどでも知られているような有名なものの方が安心して使うことができるかもしれません。それに香りがよかったり更によい成分が入っていたり、パッケージがおしゃれだったりといったメリットもあったりします。数滴しか使わないようなエッセンシャルオイルをさまざまな香りが楽しみたいからといっぱい購入していたら手作りする方が高くついたりする場合もあります。どちらものメリットデメリットをよく知った上で選び出すようにしましょう。

市販品は万人向けのもの。もう少しお値段が高くてもいいからよい成分で、無添加無着色の国産にこだわった安全性も高いもの、デオドラント力が強いものを求めるのであれば通販サイトからの購入と言う方法もあります。返金保証もあったりするため、実際にデオドラントに効くかどうか試してから購入することもできます。
臭いに敏感な日本人だけに、デオドラントアイテムは幅広くあるのです。その中で自分に合うものを選ぶようにしましょう。口コミなども参考にしてもいいでしょう。漢方薬や薬もあり、体質から改善したい場合にはおすすめです。すぐには変化は起こりませんが、続ける中で根本的な臭いの軽減につながっていきます。
デオドラントアイテムと併用してもよいでしょう。

消臭対策以外にも使い道が

消臭剤としてだけでなく、ミョウバンの使い道はさまざまあります。
殺菌作用からアクネ菌の増殖も抑えてくれ、お肌の引き締め機能もあるためにきび対策にもなります。アトピーのお肌にも最適ですが、特にお肌が弱っている状態のため必ずパッチテストはしてから利用しましょう。水虫対策にもおすすめです。臭いや菌が気になるところであれば、靴や靴箱・生ゴミの入れ物・ふきん・まな板などさまざまなところにふりかけてやるといいのです。お風呂のカビ防止や鍋の焦げとり・コーヒーメーカーの洗浄などもできます。洗濯物の生乾きの臭い防止にも役立ちます。入れてからお洗濯をすると、汗をかいても衣類が臭わなくなります。スーツなど簡単に洗えないようなものには直接スプレーしてやるのもいいでしょう。安くてさまざまな場面で使用できる魔法の水ですから、市販品もいいですが、ぜひ一度使ってみることをおすすめします。インターネットで調べればさまざまな活用法が見つかるはずです。ただ、使いすぎも危険なので信頼できるサイトの信頼できる情報を選んで活用しましょう。

現代人にワキガなどに悩まされる方が多くなったのは、食生活の欧米化や仕事の内容の変化・女性の社会進出などの時代背景があります。日々の生活を見直して根本的な解決をしなければならないことも知っておきましょう。どんなに表面の菌をやっつけても、菌が発生するような生活を続けていては意味がないのです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング