ちちがに蒸れは悪影響。ワキガの正しい知識を学ぼう!

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

蒸れるタイプにブラジャーはちちがの臭いの原因になってしまう

手をつなぐ女性

ちちがに悩んでいる人にとって臭いが少しでもきつくなると気になって仕方ないのではないでしょうか。胸が汗を大量にかく理由としては2つのことが考えられます。1つはちちがの症状としてアポクリン腺の影響を受けて汗をかき、臭いが出てしまうという場合、そしてもう1つがちちがだけではなく、ブラジャーの締め付けや寄せるという効果のある場合に胸同士・肌同士が触れることで蒸れることが原因となっています。最近は美意識の高い女性が多く、ブラジャーも寄せて上げてといった効果があるものを使っている人も多いのでそういう状態になっていることも少なくありません。蒸れるような状態を作り出してしまうブラジャーを使うのはそういう意味ではちちがの体質を持っている人にとっては悪影響であるといえます。ちちがの臭いが気になっている場合でもその場ですぐに臭いをどうにかできるのは難しいですし、胸に汗をかく汗腺があるだけに汗の臭いをどうにかできるものでもありません。そのため、ちちがの臭いが気になる場合はブラジャーなどの下着で工夫をしておくほうが良いといえるでしょう。蒸れる状態を作らなければ少しでもちちがの臭いを抑制するためには効果的です。そしてブラジャーの素材の選択にも気をつけておくと良いです。もちろん可能であればこまめに胸の汗をふきとるなどしたほうがちちがの臭いを抑制するのには良いです。ちちがの臭い抑制のためにできることを知っておきましょう。

胸が蒸れると臭いはきつくなってしまう

汗は大量にかくと汗くさくなってしまいますが、胸の場合も蒸れから汗をかいてしまった状態で放っておくとちちがのニオイがきつくなってしまうため、あまり良いことだとは言えません。ではなぜニオイがきつくなってしまうのでしょうか。それは蒸れることから肌の表面に時間がたつと共に雑菌が増えてくるからです。胸に雑菌が増えてしまうとちちがのニオイがきつくなってしまうだけではなく、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。胸にもワキガの原因となっているアポクリン腺がありますから、それがちちがの原因になっているわけです。しかし胸は女性にとってはいつか出産した時には赤ちゃんに母乳を与えてるために重要なものですから、他の体の部分と同じように外科手術をするというわけにはいきません。重度のちちがの場合でも外科手術はほとんどの場合しないのです。しかしアポクリン腺は成長期には活発になっているものですし、ニオイは軽度であってもすると考えておいたほうが良いです。ブラジャーで蒸れるのを予防するのも大事ですが、他にもちちがのニオイを抑制する方法を実践しておくほうがニオイを気にしなくていいのでオススメです。特に男性とのデートの予定がある時にはしっかりと対策をしておかないと、せっかくの楽しい時間もストレスいっぱいで過ごさなければいけなくなってしまいます。デート以外でもイベントや皆で集まるような機会があった場合にニオイが気にならないようにしておくと心から楽しめます。

胸の蒸れを少なくするためには?

ちちがの人は特に胸の蒸れを防ぐためにブラジャーの素材にこだわったほうが良いでしょう。まず基本的なこととして通気性の良く、締め付けないものを身につけるということです。最近のブラジャーは見た目も重視しているのですが、使い心地にもこだわったものがいろいろと出ています。寄せて上げるタイプのものでも通気性が良い素材でできているものはありますので、そういうタイプを探してみるのがオススメです。また内側の素材が綿100%のものもありますので、ちちがのニオイのもとである汗を吸収してくれる綿素材を使っているブラを使うのも良いです。そして胸を大きく見せたいからという気持ちから寄せて上げるタイプのブラでもあまりにきつく胸を締め付けるようなものは避けたほうが無難です。きつい締め付けは逆に胸の形を悪くしてしまいますし、蒸れる原因になってしまうからです。そしてさらにちちが対策として胸の谷間の汗を吸い取ることができる谷間専用のハンカチを使ってみるのも良いです。これは谷間にはさんでおくことで汗をしっかりと吸収してくれ、しかも目立たないようになっています。また速乾性の高いインナーを利用するのも一つの方法です。汗をかいても張り付いてしまいにくいですし、快適な着心地がうれしいところです。ブラだけではなく、こういったインナー類もいろいろと活用してみると、さらに気軽にちちが対策をすることができるようになります。

デオドラントスプレーやクリームを使う

簡単にできる方法としてデオドラントスプレーやクリームを使うという方法があります。シャワーやお風呂に入って清潔にした胸に使います。例えばリーズナブルにできる方法としてはミョウバンスプレーがあります。スーパーやドラッグストアなどに焼きミョウバンという名で販売されていることが多いのですが、100gで200円ほどなので水道水と混ぜ合わせたものを一晩置いておくだけで作れるので簡単です。しかも効果も重度の人が使って6時間はニオイがしなかったという口コミもあります。ミョウバンスプレーを使った後は肌をそのまま乾燥させてからインナーなどを着るようにしたほうが良いです。もし肌が弱くなければニオイが強く感じる日は胸にミョウバンスプレーのパックをしてみるのも効果的です。デオドラントスプレーやクリームはワキガ専用に作られたものやデリケートゾーン専用に作られたものなどがありますので、そういったタイプのものを使うのが良いでしょう。お風呂の時にデリケートゾーン専用石けんで胸をしっかり洗っておくという方法もあります。また市販のものでは1000円以下でデオドラントクリームが販売されていますので試してみても良いです。ネットでは汗を抑制し、殺菌・消毒作用がありながらも肌に負担をかけないといった専用のクリームも多いので、それらを継続的に購入して使うのもありです。定期コースですと都度買いするよりもお得に購入できます。

ちちが対策には食事の改善も必要

もともと和食など味が薄めなので栄養バランスがとれている食事をしている場合は別ですが、現代の食事はどちらかといえば洋食寄りで味も濃い目に作られていることが多いです。特に外食をしてる方は濃い目の味付けの食事をとっていることも多いので、食事内容から見直す必要があるでしょう。ちちがの原因にはストレス、味の濃いもの脂っこいもの、刺激のある味のものをたくさん食べているといったことがあります。これらはちちがのニオイが強くなってしまうのだと理解し、なるべく減らすようにするのがベストです。そして清潔な体でいることを心がけておきましょう。人前ではさすがに汗をふくことはできませんが、もし近くにトイレがあるようであればマメに胸の汗をふき取って雑菌が増えてしまうのを防止しておくほうが良いです。ワキガもそうですが、ちちがの場合もアポクリン腺から出た汗が雑菌や皮脂と混ざりあうことでにおってしまうものなので、そもそもの原因である雑菌が増えないようにしておくとニオイがほとんどしない状態へと導くことができます。ちなみに気をつけたほうが良いのはちちがのニオイが気になるからといって香りの強い香水などを使わないほうが良いです。理由としてはちちがのニオイと香水のきつい香りが混ざり合ってしまうと逆にもっときついニオイになってしまうからです。そして香水だけではなく、きつい香りのものをつけるのはやめておいたほうが良いでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング