男の人が女性から感じる魅力としてのフェロモン。本当のところは?

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

男の人が女性から感じる魅力としてのフェロモン。本当のところは?

女性の首筋にキスする男性

男の人は女性に惹きつけられます。ビジュアルが自分の好みだから、自分に対する態度が優しいから、性格が合うからなど理由は人それぞれです。ただ、言葉ではうまく説明しがたい魅力に惹きつけられることもあります。その正体は一体何なのでしょう。異性を否応無く惹きつける、いわゆる、フェロモンと呼ばれるものを女性から感じているのかもしれません。
自分の好みの性格や、見た目ではないのに何故か気になる、目が離せない、という女性に出会った事は無いでしょうか。多くの人が似たような経験をしているはずです。男としての本能が、この女性と近づくべきだと訴えているような感覚です。あえて言葉にするならば、それはフェロモンと言う以外にないと結論づけられるような本当に不思議な感覚です。
周りの人と比べて、飛び抜けて美人というわけでもない、驚くほど性格が良かったり、明るく目立つ感じもないのに、とても男の人にモテる、という女性がいます。こういった類の人は、フェロモンを大量に分泌し、男を惹きつけている可能性があります。男性側はそのフェロモンを嗅ぎ取り、まるで光に群がる虫のようにフラフラとその女性の周りに集まってしまっているようです。
その女性の人間力が、内側からにじみ出ていると言うだけでは、説明のしようがないほど本当にモテる女性がいたら、その正体はその人から発散されているフェロモンなのかもしれません。男はそのフェロモンに抗うことができません。

女性から感じる良い香りがフェロモン?

女の人から感じる魅力の一つとして、香りがあります。女性が放つなんとも言えない良いにおいは、本当に男性を惹きつけて止みません。視覚や聴覚以外で感じ取る魅力がフェロモンだとしたら、その正体は嗅覚、つまりにおいから感じ取っている可能性があります。
動物や昆虫には、フェロモンを出し、またそれを感じ取る器官が存在することがわかっています。それは、味覚と嗅覚の間にある、第3の器官と言われる受容体です。これを利用することで、オスとメスが惹かれあい子孫を残すことに役立てたり、自分の縄張りを主張したり、言葉を持たない昆虫や動物同士で、意思の疎通や自己主張をすることを可能にしています。それぞれ生き物によりフェロモンの出し方や感じ方、量、それによって行動に及ぼす影響力は違うことが研究により分かっていますが、存在そのものは本当です。
フェロモンを感じ取るのが味覚と嗅覚との間ということであれば、やはり女性が放つ良い香りを感じとり、それに直接惹きつけられていると考えるのも、あながち間違いではないのかもしれません。主に嗅覚で感じ取っている情報が脳に届くことで、その女性を魅力的と判断しているとしても不思議はありません。少なくとも良いにおいで、オスを惹きつけているメスがいることは、人間界でも間違いなくあります。では、具体的にはメスのどんなにおいがオスを惹き付けているのでしょう。その正体は一体なんなのでしょう。

女性が放つ魅力的なにおいの正体とは

女性が通り過ぎた時に、良いにおいだなと感じることがあります。つい惹きつけられるにおいとは、一体どんなものでしょう。自分から放たれるにおいに敏感な女性は、自分の好きな香りや、異性に魅力的と受け取られるであろう香りを身にまとうことを心がけます。それには沢山の方法があります。
ありがちなものとしては、シャンプーや石鹸の香りがあります。使うシャンプーによって、また石鹸によって、ほのかに香る良いにおいは、とても魅力的です。女性としての魅力を感じさせるとともに、清潔感や透明感すら感じるから本当に不思議です。
香水をつけることで、もっと積極的に香りを放とうとするする女性もいます。手首や首筋に少しつけることで、自分の好みのにおいを常に周りに感じさせることができます。ただし、香水には賛否あり、あまり好きではないと言う男性が多いことも事実です。また、日常的に香水をつけることで、自らの鼻がその香りに慣れてしまい、どんどんつける量が多くなってしまうというデメリットもあります。香水をつけすぎている女性は敬遠されがちです。あくまでも、ほのかに香るというレベルを保つことが大切です。
最近では、衣服を洗濯する時に香り豊かな柔軟剤等を使うことで良いにおいをさせるのがポピュラーです。衣服に動きがあるたびに良い香りがするので、魅力的と感じる人も多いです。
においに対する意識が高い人は、良い香りをさせることと同時に、自らが良くない臭いを放つことに注意をすることにも敏感です。

魅力を感じるにおいとはどんなものか

女性が放つにおいに魅力を感じることは多いですが、どんな香りがフェロモンと感じられるほど魅力的なのでしょうか。
多くの男性が思う事は、きつい香水のにおいは苦手、ということです。ある程度距離が離れていてもプンプンにおってくる強烈な香水の付け方をしている女性がいますが、フェロモンと感じられるどころか、多くの場合逆効果です。男性はきつい香りではなく、ほのかに香る優しい匂いが好きです。シャンプーや石鹸、ふわっと香る柔軟剤の匂いや、ボディークリームの匂いは好意的に受け止められます。
におい関して言えば、いわゆる体臭にも気をつけたいです。ベタつく汗が乾いたにおいや、もともと体臭が強い人は、自分の体のにおいケアも大切です。自らの体臭には気がつきにくいことも多く、よほど気を付けていないと見過ごしがちです。特に脇の下など汗をかきやすくにおいがしやすい箇所のケアは本当に大事です。臭いの元になる雑菌を繁殖させないためにこまめに汗を拭き取ったり、専門のケア商品であるスプレーやクリームを使うことも有効です。わずかな体臭はフェロモンと受け取られることもありますが、キツイにおいはやはり男性は苦手です。ワキガのにおいなどはその人の特徴としてなんら悪いことはありませんが、男性を惹きつけるにおいという観点からすると少し離れてしまいます。やはり、ケアはした方が良いでしょう。ただにおいを抑えるだけではなく、原因菌を発生しないように抑える効果があるものを選ぶと良いです。

においに対するケアでフェロモン女性に

良いにおいを放つことと、良くないにおいを抑えることは同じくらい大事です。まず知るべきは、今自分が放っているにおいを知ることです。ただ、においに関する悩みというのはデリケートな問題なので、誰にでも気軽に相談できるわけではありません。そのためには家族や近しい人に話を聞いてもらうのが1番です。もし体臭が強い場合には、それに対するケアをすることが先決です。周りが気を遣うようなにおいはしないに越した事はありません。ワキガに対する専用クリームによるケアなどできることはきっとあります。
その上で、男性が好む、魅力的と感じるようなほのかな香りをさせるような努力をします。石鹸やシャンプー、トリートメントを香り重視で選んだり、さっぱりした気持ちの良い香りがするボディークリームを露出している肌を中心に塗ってみたりと、取るべき選択肢は多いです。
近年の柔軟剤は、においを念頭に置いた商品開発が一般化しています。それを使用することで魅力的だと感じさせるにおいを衣服から漂わせる事は割と簡単です。分量などに気をつけながら、ほのかに香る、という丁度良いラインを見極めたいです。
魅力溢れる女性になるためには、自分自身の女子力や人間力を磨くことと共に、嗅覚をほどよく刺激するフェロモンを出していくことも大切です。においがもたらす様々な効果を正しく理解し、自らの武器にすることで、男性が放っておけないフェロモン女性に近づきます。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング