男のフェロモンが減る生活習慣とはどのようなものか考察してみる

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

男のフェロモンが減る生活習慣とはどのようなものか考察してみる

現代人の生活習慣というのはフェロモンが減りがちです。昔に比べて不摂生や喫煙習慣というのが減っているのはフェロモン減少にはストップをかけているのですが、運動不足が目立ちます。男らしさというのはもちろん体だけの問題ではないのですが、体と脳というのは密接に連動します。体を鍛える習慣を持つことによって、体が強化されますが、それが脳内の神経伝達物質に影響を与えるので、前向きな思考回路になります。これはフェロモンや男らしさが出ている状況なので、体を鍛えるのが良いということになります。フェロモンというのは脇から出る汗に含まれると言われますが、体の健康状態はその匂いに密接に関係しています。要するに健康的で体が丈夫な状態の方がフェロモンが充実し、他人に好まれる匂いになるということです。女性は無意識のうちに男性のフェロモンの匂いを察知すると言われており、それは不健康な生活をしていると本能的に魅力を感じなくなるということになります。体の健康状態がフェロモンに影響を与え、それは敏感に察知されるということなので、逆に言えば体を鍛えて健康的でフェロモンが多い男らしい状態にするのが良いということになります。最近は動かないということや筋肉も鍛えない傾向にあるので、当然フェロモンが減る習慣が定着している人が多いでしょう。男らしさ女らしさということだけでなく、不健康な習慣というのは望ましいものではないでしょう。

飲酒、不摂生はフェロモンが減る習慣

タバコや飲酒というのはテストステロン値を下げ、健康状態を悪化させます。飲酒は多少であれば問題ないのですが、生活リズムが崩れることにもつながりやすいのでほどほどにしておくということになります。食事に関しては、栄養価の高いものをしっかりと食べるということが重要です。食事制限をやりすぎるというのも、食べ過ぎるというのもフェロモンが減る習慣です。要するに、筋肉質でがっしりした体格にしておけばよいのです。筋トレによって代謝や血流が高まり成長ホルモンが分泌されますが、それによって健康状態が良くなります。その逆で筋トレをしないと体がさびついていくので、フェロモンが減るということになります。脳も体も使わなければどんどんさびつきフェロモンが減るのですが、逆にしっかりと体を鍛えて脳も使っていけば、全身の機能が向上し、より男らしくかっこいいということになります。フェロモンということを意識するよりも健康な体と脳というのを意識すると良いです。酒やたばこやギャンブルや良い車に乗るのがかっこいいという時代も終わったので、そのようなフェロモンが減る習慣は辞めた方が良いでしょう。ただし自分が成功しているというようにセルフイメージを高めるということは脳からフェロモンを増やすことにつながります。前向きで積極的な状態というのはテストステロン値が高まる脳の使い方なので、そういう意味では目標を持って取り組むということが良いです。

睡眠不足もテストステロン値を下げる

健康的に脳も体も鍛えるということがテストステロン値アップには良いのですが、睡眠不足は不健康になって体の機能が下がります。仕方のない場合もあるのですが、なるべく睡眠はしっかりとった方が良いということです。睡眠も栄養もバランスが重要なので、仕事との兼ね合いなどでなかなかうまくいかない場合もあるでしょうが、なるべく整えるということになります。そして、それに合わせて運動が重要ということです。普段デスクワークの人が多いですが、その環境は体を使わない状態なので、だんだんと体がさびついて当然魅力のない状態になっていきます。脳に関しても一見仕事に対して使われているのですが、運動をした方が脳の機能も高まります。脳を直接的に使うだけというのは脳の作用としては偏っていて、運動によって脳内の神経伝達物質を増やすということが重要なのです。勉強や仕事をすればもちろん脳は使われるのですが、いわゆる精神コントロール部分があまり使われません。これは特に脳内の神経伝達物質に影響するので活性化させた方が良い部位で、それは運動によって実現可能です。感動したときに起こる脳の作用というのは、運動時の脳の作用に近いのですが、日ごろそれほど感動することもあまりないでしょう。なので運動をした方が脳にとっても手っ取り早くトレーニングになります。そして、その運動というのは有酸素運動よりも無酸素運動が効率的な運動になります。

運動不足はテストステロン値を下げる

現代人のもっとも大きな問題が運動不足でしょう。フェロモンにも直接的に関係することなのですが、健康状態が悪くなります。運動不足で体がさびつくと当然病気になったり体に不調というのは起こりやすくなるのです。なので、運動によって積極的に体を強化しておくのが良いでしょう。筋肉が単に強くなるというだけでなく、肌や内臓の機能全般が高まるので、全身に良い影響があるということになります。特に無酸素運動は普段かからないほどの負荷が体にかかり、この際には代謝や血流が活性化し、成長ホルモンの分泌量が増えます。もちろん有酸素運動にもこのような効果はあり、また脂肪燃焼や汗をかくということに関しては有酸素運動の方が良いでしょう。しかし、代謝や血流ということであれば無酸素運動の方が体の機能そのものが高まる作用があります。有酸素運動は体を活発に動かして運動不足を解消するということには良いのですが、そのレベルです。無酸素運動のように体の機能そのものを高めるというほどの効果は少ないということになります。しかし、無酸素運動と有酸素運動には相乗効果があり、特に無酸素運動の直後に有酸素運動を行うと良いです。無酸素運動によって成長ホルモンの分泌量が増えている状態で有酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果がより高まり、体の細胞分裂を活性化することができます。細胞はどんどん入れ替えていった方が良いので、このようにすると良いです。

フェロモンが減る習慣は正すべき

まず喫煙や飲酒というのはなるべくは避けた方が良いでしょう。当然これらは運動をしたら帳消しになるというものではありません。辞めるとどうしてもストレスが溜まるという場合は仕方がないのですが、なるべくなら避けた方がよりフェロモンの状態が良くなるということです。そして、基本的な生活習慣を整えたうえで運動をするということになります。運動というのは無酸素運動をメインに行い、そのあとに有酸素運動を行うと相乗効果があります。体の機能を爆発的に高めるためには筋肥大させるのが手っ取り早く、また効果も最強なので、しっかり食べて、しっかり鍛えるということです。筋トレの負荷に関してはぎりぎりで10回できるくらいの大きい負荷がベストです。徐々に負荷を高めていけば、強い筋肉が手に入り、それは肌や内臓の細胞分裂を促すので全身の機能が高まります。日本人は筋肥大を避ける傾向にあり、また有酸素運動はなぜか好むのですが、筋肉を付けるという意識を持った方が良いでしょう。脂肪の燃焼というのは筋肥大を行えば自然に燃焼するくらいのものなので、有酸素運動で脂肪の燃焼ばかりをねらうというのは効率が悪いです。たしかに脂肪は燃焼するのですが、筋肉のない細い体になるので、特殊な競技を行っている人以外にはあまりメリットのない体ということになります。マラソンランナーのような体型というのは病気にはなりやすいです。脂肪を落として筋肉をつけると良いでしょう。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング