男のフェロモンは筋トレで出るのでやっておけばお得です

投稿
COLUMN
ワキガクリームエチケットコラム

コラム

男のフェロモンは筋トレで出るのでやっておけばお得です

男性が女性を惹きつけるのにはテストステロンが関係していると言われており、これはフェロモンと言われます。放っておくとフェロモンの数値は年齢とともに下がっていくのですが、筋トレをすることでむしろテストステロン値を上げることが可能です。すなわちフェロモンの分泌量が増えるということになります。男のフェロモン分泌には筋トレで、それ以外には成功することや精神状態によってもフェロモンが出るということがあります。要するに、日常的に前向きに物事に取り組み、筋トレを行うことでフェロモンが出ます。また筋トレによって肉体を強化するということと、精神状態は関連性が高いので、物事に前向きに取り組むということと筋トレの間には相乗効果があります。筋トレと前向きな思考回路はフェロモンが出ることにつながりますが、筋トレは前向きな思考回路を作るので、結局は筋肉を鍛えるということがフェロモンが出ることに大きく結びつく連鎖を作るということになります。脳と体というのは深く関係しているので、日ごろから鍛えておくことはメリットがあります。よく無駄な筋肉ということが現代では言われますが、実際は無駄ではありません。たしかに筋力自体はそれほど必要ないのかもしれませんが、筋肉を強化することによって、フェロモン分泌が増えますし、肌や内臓の状態も良くなるので、トータルでメリットが大きいということなのです。ぜひ取り入れると良いです。

テストステロンは男性ホルモン

男性ホルモンには善玉のテストステロンと悪玉のジビドロテストステロンがあります。そしてフェロモンになるのは善玉のテストステロンの方で、これの分泌には筋肉トレーニングが良いということになります。フェロモンは特に脇汗などに含まれると言われますが、他人のものというのは無意識のうちに嗅ぎ取っています。特に女性は敏感な場合が多く、本能的にその匂いを感知しています。体の状態全体を本能的に嗅ぎ取っているようなものなので、健康的に生活するということもフェロモンの良質化に結びつきます。体型というのはわかりやすく鍛えることができるので、鍛えておいて損はありません。日本では最近は有酸素運動を行う人は多いのですが、本格的に筋肉トレーニングを行う人は少ないです。モテるモテないということも重要かもしれませんが、単純に体の機能を高めるということは年齢が上がれば上がるほど行っておいた方が良いでしょう。当然ですが、病気の状態というのはフェロモンの状態も良くないです。上述の通り匂いにはその人の健康状態などが含まれてくるので、それを高めるということになります。太っていたり痩せすぎていたりという状態はテストステロン値も下がっていて、健康にも良くないです。健康で強い体にするということはメリットがあります。最近はファッション的に細身が流行っているのですが、男でも女でもある程度筋肉を付けてしっかりした体の方が健康的でしょう。

筋トレでテストステロンを増やす

筋トレはテストステロンを増やし、病気になりにくく健康な体にします。テストステロンを増やすと皮膚や内臓や脳の働きも高まるので、非常にメリットがあります。もちろん暴力的になるというようなデメリットもないわけではないのですが、そこはうまくコントロールして、さらなるトレーニングや、他の知的な活動にエネルギーを向けるということになります。テストステロンはエネルギーの源泉と言っても過言ではないでしょう。物事に積極的に取り組む前向きな気持ちになるということです。思考を変えるという方法で、物事に前向きに取り組むこともできますが、体から変えた方が案外手っ取り早いものです。前向きに取り組むという意識はもちろん重要ですが、それと同時に体を強化することで、精神的にも肉体的にもタフで魅力的なフェロモンの多い男になるということになります。男らしさ女らしさということはあまり言わない時代ですが、単純に人間としてでも前向きでタフな人間の方がメリットが多いでしょう。仕事などの成果が出ることにつながりますし、何より自分自身も楽しいはずです。行動力や思考力がなくなると楽しさも少なくなるので、積極性というのは持ち続けた方が良いです。それは表に出るものでなくても、自分で決めた目標などをもって取り組むということになります。脳と体は密接に連動していて、もちろん体が弱くてもメンタルは強い場合もあるのですが、どちらも鍛えた方が良いです。

効率よくテストステロンを増やす

筋トレで効率よくテルとステロンを増やすためには、なるべく負荷を大きくするということになります。日本人は有酸素運動が好きでマラソンなどを行う人が多いのですが、体の機能そのものを向上するには筋トレの方が効果が圧倒的に高いですし、短時間で済んで効率が良いです。有酸素運動というのは悪く言うと弱い負荷をだらだらと掛けているという状態で、効率が悪いです。体は普段かからない負荷に対抗することで成長ホルモンが分泌されるのですが、有酸素運動の場合は地味にだらだらと体を疲れさせるだけなので、成長ホルモンが出るほどの負荷が掛らないということです。もちろん汗をかくということや、脂肪の燃焼というのが可能ですが、体の機能そのものは筋肉トレーニングの方が効率的に高めることができるということになります。無酸素運動と有酸素運動は体の代謝や血流の改善に相乗効果があるので両方行った方が良いのですが、どちらかを選択するのであれば無酸素運動の方が効果的ということになります。日本人が筋トレではなく有酸素運動ばかりするというのはかなり謎な状況で、不思議な状況です。最近はある程度運動を科学的に考えるという傾向にあるので、筋トレを行う人も多いのですが、いまだに有酸素運動しか行わないという人も多いです。脂肪を燃焼させると同時に筋肥大も行った方が体にはメリットがあるのですが、筋肥大はしたくないというファッション性も関係しているかもしれません。

フェロモンと体の機能

体からフェロモンを出すということでいろいろ考える人がいます。モテたいというようなことがあるのかもしれませんが、要するにモテるモテないということだけでなく、体の機能を高めれば結果的にフェロモンの分泌も増えるということになります。人間は脳も体も使わなければ進化できないので、体も脳も積極的に鍛えていくということで、さらにこの二つは連動します。体を鍛えれば脳も前向きで集中力の高い状態になるので、勉強や何かに積極的に取り組めるようになります。そして、脳が積極的になればより運動にも積極的になります。このようにプラスのループになっていくので、脳も体もどんどん鍛えていくのが良いということになります。また筋肥大して脂肪も燃焼していけば、見た目にも結果が分かりやすいでしょう。それと同時に脳がクリアになるような感覚があるでしょう。体を強化すれば脳が活性化するということを感じます。これは意識していればより明確に感じるはずですが、何も意識していなくても脳が活性化しています。そして筋肉トレーニングをする場合はより負荷を大きくした方がお得ということで、まず負荷の大きい筋トレというのは必須種目です。有酸素運動は余裕があればついでに行えば良いでしょう。無酸素運動との相乗効果で体の機能が高まります。しかし、有酸素運動しか行わないというのは時間のわりに体の機能向上が少ないということで、効率は悪いです。

RECOMEND ITEM

おすすめアイテム

TOP

運営者情報

商品ランキング